【お店のご案内】
喫茶室は通常営業しております
年中無休
こじんまりとした文化サロンです

 月曜日〜日曜日 午後三時より営業

朗読や即興パフォーマンス他
文化イベント等が日曜日やその他にございます
スケジュールでのご確認を。
備えの上履きで入るお店です。お忘れ物が多い店です。一ヶ月間のみ保管いたします。 ご留意の程を。

〒160-0015 新宿区大京町2-4 1F
お電話 03-3351-7904
(営業時間のみ応対可)
開場時間中では電話応対が難しいので事前の
ご連絡を)
メール sakaiki@modalbeats.com

how to come to sakaiki (by english)


how to come to sakaiki(by VTR navi)



photo by鈴木さや香
(cafe room)
ortofon spu gt ,garrad 401
shure m44g ,thorens td124
mcintosh c27 ,mcintosh mc2505

grundig 3 7052-001,siemens 6Ruf lsp 28a
(2way)


photo by masao harada

(l room) ortofon classic spu (stereo)
ortofon spu mono A (mono)

ortofon st-5
garrad 401
mcintosh ma2275

axiom dlm2
altec 811b
altec 4168c
(3way)


(at another space "@groove" 2002)
we want "chiaki iwasaki's mood" every time
イベントスケジュール ・公開カレンダー
文化イベントのスケジュールでございます。
イベント中でも喫茶室で御休み可能でございます。


トップページのカテゴリに記載されているメンバーはそちらに情報がございます。
googleスケジュールですべての確定イベントを閲覧できます。
アーティスト様から情報をいただいたもののみブログ上に展開しております。




(公開カレンダー)


(トピック)
※L room (中央部屋) S room(奥小部屋) caferoom(喫茶室)
 
2016/12/4(sun)Haruka Yamamoto solo performance 「わたしは、わたしのほねになる。」 18:30 open 19:00 start 2000yen 1drink in



photo by © GO(go-photograph.com)
大橋可也&ダンサーズ(山本晴歌、伊藤雅子)「鏡の中におぼろげに」@別府・混浴温泉世界2015
上原英里/シャンソン・アルゼンチンタンゴ の弾き語り手 2016/12月度スケジュール


◆11月30日(水)〜12月26日(月)桜木町駅(野毛町)茶処「しんり」にて第4回「ERICO展」開催。※ドリンク等のオーダーをお願いします

◆12月3日(土)14時〜柏「コーマル城」」にてX'masコンサート※3千円、ドリンク・軽食付

◆12月4日(日)19時〜(15分前開場)、浅草「リトルシアター」(03-6801-7120)にて「シャンソンとタンゴの夜?」出演上原英里とボヘミアンズ※木戸銭2千円

◆12月8日(木)・19日(月)・31日(土)7時過ぎ〜、バー「スケアクロウ」にて演奏※31日はカウントダウンライブです!

◆12月11日(日)19時〜池袋バー「フルハウス」にて演奏※チャージ千円+飲食代金+消費・サービス税

◆12月18日(日)15時半〜押上カフェ「こはな」にて「年忘れライブ」※2千円、1ドリンク付

◆12月22日(木)20時〜、四谷三丁目ジャズ喫茶「茶会記」(03-3351-7904)にて「茶論ライブ」※2千円1ドリンク付き
Hiroyo Kitao's『身体事』@喫茶茶会記 by Hiroyo Kitao

photo by Nami Hirao

Hiroyo Kitao's 身体事 @ 茶会記
collaboration series 『そこふく風』~番外編~

そこにある身体への興味が どんどん深まる中で、
これから どのように ありたいのか? そして
その瞬間、何のために身体を存在させるのか?
へと立ち返り...『そこふく風』に 向き合います。
番外編は ソロでのパフォーマンスとなります。
お立会いいただけましたら 幸いです。
どうぞヨロシクお願い致します!

2016年 12月 2日 (金) 開演 / 20:00
at 綜合藝術茶房 喫茶茶会記 (四谷三丁目)
予約: 2000円 (当日:2500円)1ドリンク付き
予約と問い合わせ sakaiki@modalbeats.com
「BLUE BEAMSの夢」喫茶茶会記店主筆
20161201

友人夫妻はかつて慎ましいアパートの一室で自分達の自宅をカフェに見立て私を招待してくれた。
それから長い年月を経て引っ越しされ再度構想されている。

たった一度のカフェ体験である。

2016/11/30(wed)Kentaro ebiko presents "Library" Jazz Unit




村上春樹との共著でも有名なアメリカ文学研究者、翻訳家の柴田元幸氏に『どの曲もひとつの強い着想(物語の萌芽のようなもの)が出発点にある』『ある特定の空気や瞬間に蛯子健太郎が強烈に反応し、そこから自分たちの世界を広げていっている』と確認された「ものがたり」を土台に据えた「図書館系ジャズユニット・ライブラリ」ベーシスト・作曲家の蛯子健太郎にとって15年間最も重要なライフワークとなっている。

メンバーは、中原中也賞、萩原朔太郎賞など多くの受賞歴を持ち自己のバンドやパフォーマンスでも知られる詩人三角みづ紀ヴォーカル、オリジナルな世界観の活動が高く評価されている橋爪亮督サックス、数多くのオリジナリティー溢れるバンドで精力的にサポートを続ける飯尾登志ピアノ、藤井郷子トリオでアメリカ、南米、ヨーロッパツアー、レコーディング参加の他、既存の領域に囚われない様々な活動でも知られる井谷享志パーカッション、という超個性的なメンバーが蛯子健太郎が強烈に反応した『ある特定の空気や瞬間』を再構築する。「物語の萌芽」を是非お聴き逃しなく!

ライブラリオフィシャルサイト:http://libraryjazz.com


予約¥2,500
当日¥2、700
19:30開場 20:00演奏
2016/11/29(tue)shogo yamaki presents "裸體劇 ラタイゲキ"


19:00 open
19:30 start
3500yen 1drink in
2016/11/28(mon)Miya - New moon improvisation vo.32 "Namkang"


店主 より
Miyaさんは2009年度よりお世話になっている茶会記黎明期からの仲間です。
今、リアルに動いている未来への開拓精神を現在から共有できたらと思います。
下記は7年前のフライヤー画像です。宮之上さんとビバップに近い表現をされていました。




2016/11/27(sun) Ippei Yonezawa presents - 朗読音楽パフォーマンス 「おしいれのぼうけん」


- 朗読音楽パフォーマンス
「おしいれのぼうけん」
作:古田足日・田畑精一 / 童心社刊
出演:蔵田みどり(ソプラノ/朗読)、大和田千弘(ピアノ)、米澤一平(タップダンス)
会場:綜合藝術茶房喫茶茶会記
http://gekkasha.modalbeats.com/
時間:14:40開場 / 15:00開演 (上演時間60分予定)
料金:予約 2,500円(一般) / 1,000円(12才以下) / 1drink付 /(当日各500円増)
ichi.yone.tap@gmail.com
件名おしいれ⑴名前⑵人数⑶連絡先
企画・チラシ:米澤一平
------------------------------------------------
「おしいれのぼうけん」は、1974年の刊行以来版を重ね、40年以上が経過し昔こどもだった世代が親となり、自分のこどもに読み聞かせたり、今尚広い世代に親しまれる日本の代表的な絵本作品です。近年住宅の洋式化も進み、ウォークインクローゼットが増えてきましたが、私自身まだ幼い頃には、「押し入れ」のある家に住んでいました。かび臭く、狭く暗い個室は、幼心に本能的な畏怖感を与え、震えさせましたが、それでもなにか奇妙な魅力を感じていました。絵本では、けんかをしたふたりのこどもが、先生に叱られ、押し入れに入れられてしまい、そこで地下に住む恐ろしいねずみばあさんに出会います。追いかけてくるねずみばあさんに負けないよう、ふたりは手をつないで、ひかりに向かって走り続けます。
会場となる茶会記の空間を、「押し入れ」に見立て、『ソプラノ歌手による朗読』、『ピアニストによる音楽』、『タップダンサーによる足音』、三つの表現がお客様を「おしいれのぼうけん」に誘います。昔こどもだった大人の方や、押し入れを知らないお子様、この絵本を愛して止まない方も、知らない方も是非、どきどきの暗闇の世界へ冒険に出ましょう。(文:米澤一平)





| 1/225PAGES | >>