2019/7/23(tue)dux ゲスト:奈良ゆみ ヴァイオリン、尺八:亀井庸州 ピアノ:松岡杏奈 パーカッション:小野雅司  ヴァイオリン:迫田圭 チェロ:川上統 チェロ:北嶋愛李 OPEN 19:00 START 19:30〜 ¥3000(1drink in)
2019年7月23日(火)

OPEN 19:00 START 19:30〜
¥3000(1drink in)


ゲスト:奈良ゆみ


ヴァイオリン、尺八:亀井庸州


ピアノ:松岡杏奈


パーカッション:小野雅司 



チェロ:川上統

ヴァイオリン:迫田圭
チェロ:北嶋愛李






詳細を読む: https://dux9.webnode.jp/
うたのとぐち瓦版 from 山村暮鳥のうた
















【お店のご案内】
喫茶室は通常営業しております
年中無休
こじんまりとした文化サロンです
月曜日〜日曜日(基本無休) 午後三時より営業
(カウンター)
土曜日、月曜日(第三除く) 本田万里子
第三月曜日 由良隴砂
不定期 Yanagida、西川祥子,百々ちひろ,安川摩吏紗,Morry、
火曜日〜金曜日、日曜日 不定期休 店主福地
イベントルーム 副店主上田

朗読や即興パフォーマンス他
文化イベント等が日曜日やその他にございます
スケジュールでのご確認を。
備えの上履きで入るお店です。お忘れ物が多い店です。
一ヶ月間のみ保管いたします。 ご留意の程を。

〒160-0015 新宿区大京町2-4 1F
お電話 03-3351-7904
(営業時間のみ応対可)
開場時間中では電話応対が難しいので事前の
ご連絡を)
メール sakaiki @ modalbeats.com

how to come to sakaiki (by english)


 how to come to sakaiki(by VTR navi) 



photo by鈴木さや香
喫茶茶会記 - Profile 1 -
ディスクユニオンお茶の水店
渋谷・フライングブックス
新宿紀伊国屋書店、三省堂、池袋ジュンク堂、吉祥寺ジュンク堂、
で発売
弊店でも販売しております。
(cafe room)
ortofon spu gt ,garrad 401
shure m44g ,thorens td124
mcintosh c27 ,mcintosh mc2505

(1)grundig 3 7052-001,siemens 6Ruf lsp 28a(2way)

(2)GOODMANS N802,DLM2(2way)


photo by masao harada

(l room) ortofon classic spu (stereo)
ortofon spu mono A (mono)

ortofon st-5
garrad 401
mcintosh ma7900

JBL 075
altec 811b
altec 4168c
(3way)


(at another space "@groove" 2002)
we want "chiaki iwasaki's mood" every time
イベントスケジュール ・公開カレンダー
文化イベントのスケジュールでございます。
イベント中でも喫茶室で御休み可能でございます。


トップページのカテゴリに記載されているメンバーはそちらに情報がございます。
googleスケジュールですべての確定イベントを閲覧できます。
アーティスト様から情報をいただいたもののみブログ上に展開しております。




(公開カレンダー)


(トピック)
※L room (中央部屋) S room(奥小部屋) caferoom(喫茶室)
 
2019/7/20(sat)ピープルシアターM2公演 vol.10 〜言葉と音楽のセッション〜


http://peopletheater.jp/
2019/7/22(mon)立本夏山ひとり芝居 12ヶ月連続公演









人間とは

ひとり芝居とは

生きることは困難だ。人間として生きることは。かつて、われわれは、文学を通して、 人間になろうとしてきた。

ひとり芝居は、人間が人間を取り戻すためのライフワークだ。

12ヶ月の、文学が、詩が、魂が、立本夏山と暮らしていく。





毎月1作品ずつ、世界中の詩人、小説家たちの残した言葉を元に立本夏山がひとり芝居を上演します。



どの作品もとても挑みがいのある、素晴らしい作品たちです。

一年を通して世界中の巨匠たちの《言葉=魂》とともに暮らしていく、立本夏山の挑戦にぜひご注目ください。





::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::







立本夏山ひとり芝居 12ヶ月連続公演

「Twelve」



◇公演期間

2019年4月13日(土)〜2020年3月23日(月)

各回 15:00start / 19:30start (開場は開演の20分前)



◇会場:藝術喫茶茶会記

〒160-0015 新宿区大京町2-4 1F





【チケット料金】(1drink付き)

前売り:一般:3,000円 / 当日:3,500円

     学生:2,000円 / 当日:2,500円



スペシャルチケット(予約制)

Twelveチケット:12回連続観劇チケット ¥30,000-

Sixチケット:6回観劇チケット ¥17,000-




【お問い合わせ】

mail@kazan-office.com 

TEL: 080-4164-4150 (市川)





【スタッフ】

出演 : 立本 夏山

演出:上田 晃之

宣伝写真 : 小杉 朋子

題字 : 田口 博子

イラスト:Natsumi Yamase

衣裳協力:重力/Note 鹿島 将介

衣裳 : 富永 美夏

宣伝美術 : 中島 美佳

Stage Editor: 伊原 雨草

協力:藝術喫茶茶会記

協賛:株式会社ハテナバコ・一般社団法人日本ダンスサイエンスアカデミー・忠應通商・株式会社アミーゴ

制作:市川 喜愛瑠

主催:Kazan office.





立本 夏山

 1982年6月7日 静岡県清水市出身。18歳にて文学座演劇研究所に入所。その後、劇団四季研究生、流山児☆事務所、俳優座演劇研究所を経て重力/Note、新宿梁山泊、燐光群、小池博史の作品などに出演。2011年よりひとり芝居を始め、F・ペソア、A・アルトー、ニジンスキー、太宰治などの作品を舞台化している。2014年Arts Chiyoda 3331 千代田芸術祭にて伊藤千枝賞受賞。2016年7月フランス、アヴィニヨン演劇祭にてアンジェリカ・リデル演出作品「¿QUÉ HARÉ YO CON ESTA ESPADA?」に出演。その後、スペイン、ドイツ、ブラジル、イスラエルなど世界各国を巡演。2018年には高村光太郎作「智恵子抄」のひとり芝居で東京、兵庫、松山、高知と国内ツアーを実施。言葉だけに留まらずダンス的な表現にも積極的に取り組み、常に新鮮なものを追求し続けている。



上田 晃之

1980年生まれ。劇作家、演出家、役者。大学にて日本文学 を学び映画研究会に所属する。卒業後、詩歌の出版社にて 編集者、教材制作会社勤務等を経て 2012 年より戯曲執筆を 開始。以後、四谷三丁目の文化サロン喫茶茶会記を拠点に、 自身が作演出した舞台作品を次々と発表。また、演劇・パ フォーミングアーツ等への出演多数。2015年よりロラン・ バルト著「恋愛のディスクール・断章」を上演するワーク ショップを開催。2017 年、坂口安吾原作「戦争と一人の女」 の構成・演出をして3都市で主催公演。近年、立本夏山とは ジャン=ジャック・ルソー「孤独な散歩者の夢想」、ゲオルク・ トラークル「夢と錯乱」を舞台化している。脱構築的、映 像的な演出に特徴がある。





◇公演スケジュール



2019年



4月13日(土) 「地下室の手記」フョードル・ドストエフスキー



5月27日(月) 「ジプシー歌集」ガルシーア・ロルカ



6月21日(金) 「海のオード」フェルナンド・ペソア



7月22日(月) 「仰臥漫録」正岡 子規



8月18日(日) 「神の裁きと訣別するため」アントナン・アルトー



9月14日(土) 「ピキピキ夏山のドンバラ大放送♡」桑原滝弥



10月12日(土) 「若きウェルテルの悩み 」ゲーテ



11月17日(日) 「地獄の季節」アルチュール・ランボー



12月20日(金)・21日(土)・22日(日) 「私自身」ウラジミール・マヤコフスキー ※茶会記PLAY-ACT参加



2020年



1月27日(月) 「マチュピチュ山頂 」パブロ・ネルーダ



2月15日(土) 「李庚順」 寺山 修司



3月23日(月) 「ギーターンジャリ」 ラビンドラナート・タゴール





◇作品紹介

4月

「地下室の手記」フョードル・ドストエフスキー

極度の自意識から一般社会との関係を絶ち、自室の小世界に閉じこもった元小官吏の手記。意識は病気だと言い放ち、人間の本性は非合理的なものであると主張する彼の怒り、憎み、絶望の終わりなき苦悩は、人間の深淵を覗かせる。19世紀ロシア文学を代表する世界的巨匠ドストエフスキー(1821−1881)の転換点にして原点ともいえる独白小説。



5月

「ジプシー歌集」フェデリコ・ガルシーア・ロルカ

20世紀スペイン最大の詩人・劇作家フェデリコ・ガルシーア・ロルカ(1898−1936)。「Romancero gitano ロマンセーロ・ヒターノ」アンダルシアに定住したジプシーであるヒターノの神話的物語世界を、スペインの伝統的な抒情風物語詩〈ロマンセ〉の様式を用いて詠った、史上、もっともスペインの民衆の心をとらえたといわれる詩集。



6月

「海のオード」フェルナンド・ペソア

終生、リスボンの貿易会社の仕事にたずさわりながら、もっとも先鋭的な作品をのこしたポルトガルの国民詩人フェルナンド・ペソア(1888−1935)。彼は自身とは全く違う人格や作風を持つ複数の〈異名〉で創作をした。「海のオード」は異名の造船技師アルヴァロ・デ・カンポスによる、あらゆる海に共振し、たたずむ男の賛歌。



7月

「仰臥漫録」正岡子規

正岡子規(1867−1902)俳人・歌人。多方面に亘り創作活動を行い、日本の近代文学に俳句・短歌の位置を確立した。結核を患い、晩年の約7年間は寝たきりの生活であった。死の前年から死の直前まで、日々の食べたもの、服用した薬、来訪者、家のこと、心に浮んだ俳句や短歌は秘かに私的に綴られた。命の果てを意識した子規が病床から著した虚飾のない小宇宙。



8月

「神の裁きと訣別するため」アントナン・アルトー

アントナン・アルトー(1896−1948)。フランスの詩人・俳優・演劇理論家。演劇を創造の発生の場ととらえ、生の変革を求める〈残酷演劇〉を提唱した。晩年、自身の精神をも切り刻み精神病院へと監禁される。人間は、「器官なき身体」を発見し、「裏返しになって踊ること」を学ばなくてはならない。死の直前に、自ら出演し収録したラジオ放送のためのドラマ。



9月

「ピキピキ夏山のドンバラ大放送♡」桑原滝弥

《あらゆる時空を" 詩 "つづける》をモットーに、紙誌、舞台、映像等、様々な媒体で作品を発表する現代の詩人桑原滝弥(1971−)。呪いのような、祈りのような、聴く者のいのちに問答無用でぶつかってくる、たましいむき出しの“詩”。その独自の作風、パフォーマンスから、しばしば孤高の詩人と称されている。今回の詩は夏山ひとり芝居への書き下ろしである。



10月

「若きウェルテルの悩み」ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ

いいなずけのいる女性ロッテを恋したウェルテルは、遂げられぬ恋であることを知って苦悩の果てに自殺する……。ドイツを代表する文豪ゲーテ(1749‐1832) が味わった若き日の恋の体験、情感と陶酔、不安と絶望がひたむきな抒情の言葉で吐露されている。多くの人々が通過する青春の危機を心理的に深く追究し、普遍的な人間の苦悩を歌いあげた書簡体小説。



11月

「地獄の季節」アルチュール・ランボー

アルチュール・ランボー(1854‐1891)。15歳にして詩才を発揮、天才の名をほしいままにした驚くべき早熟の詩人。彼は青春期の輝きだけが照らし出すことのできる真実を燃焼させ彗星のごとく駆けぬけ、20歳すぎで詩作を捨て、26歳でアフリカへ旅立った。心理的自伝とも評される唯一自身で構成がなされた詩集。新しい言葉へと過ぎさる前人未到の詩学。



12月

「私自身」ウラジーミル・マヤコフスキー

ウラジーミル・マヤコフスキー(1893‐1930)。20世紀初頭のロシア未来派(ロシア・アヴァンギャルド)を代表する詩人。36歳で謎の死をとげる詩人が、29歳と35歳の二回にわけて書き遺した唯一の自伝。詩的なものへの反撥、三度の逮捕歴、ロシア未来派の誕生、戦争と革命、後年詩人に災いをなす「転向」のことなどが、痛快に断章形式で語られる。



1月

「マチュ・ピチュ山頂」パブロ・ネルーダ

パブロ・ネルーダ(1904‐1973) 南米チリを代表する20世紀最大の詩人。伝統詩、ヘルメス主義、シュールレアリスモ、プロパガンダなど多彩な主張とスタイルが混在する巨大な作品群を残す。アメリカ大陸の文化、地理、歴史、世界の階級闘争を内包する一大叙事詩「大いなる歌」の第二章。マチュ・ピチュは遠い昔から擬人化され、人びとは高らかに連帯する。



2月

「李庚順」寺山修司

寺山修司(1935‐1983) 歌人・劇作家・演出家・詩人。高校在学中より俳句、詩に才能を発揮し、上京後、短歌研究新人賞を受賞。以後、放送劇、映画作品、評論、写真まで、活動分野は多岐にわたる。とりわけ演劇には情熱を傾け、演劇実験室「天井棧敷」を主宰。高田馬場の汚れた小さなアパートで書かれた陰画。青森の一人息子による母殺しの長篇叙事詩。



3月

「ギーターンジャリ」ラビンドラナート・タゴール

ラビンドラナート・タゴール(1861-1941)インドを代表する教育家・思想家・詩人。「ギーター(歌)アンジャリ(合掌)」は、当初ベンガル語で書かれ、インド哲学・不二一元論に基づいた世界観を構築し、日常の中の自然美を、神々への賛歌として抒情的に詠う。また、彼自身の英訳により再創造された詩性は、インド諸国語の文学に大きな刺激を与えた。
喫茶茶会記 クロッキー会


喫茶茶会記クロッキー会のご案内・日時・毎月第三木曜日7時開始
静止ポーズメインでラスト25分ムービングです、
参加費二千円(ワンドリンク付)
主宰 浜中
hammer501@ezweb.ne.jp
2019/7/18(thu)" 夜のギターサロン Vol.25 " - 夜の質感、静寂と生音の響き - 開場21:45〜/開演22:00〜23:00 ¥1000 (1ドリンク付) ※毎月第3木曜開催
" 夜のギターサロン Vol.25 "
- 夜の質感、静寂と生音の響き -
7/18(木) @四谷 喫茶茶会記
開場21:45〜/開演22:00〜23:00
¥1000 (1ドリンク付)
※毎月第3木曜開催
【出演】
・梅津 聡 (クラシックソロギター)
・DAISUKE HAYASHI (ギタレレ弾き語り)
https://m.soundcloud.com/daisuke-hayashi/

※開演前後には、通常営業のカフェスペースも料金そのままで、ご利用頂けます。
平日の遅い時間ではございますが、
どなた様も、ごゆるりとお楽しみ下さい。



「立本夏山ひとり芝居 12ヶ月連続公演 「Twelve」」喫茶茶会記店主筆
2019/7/18

立本夏山と茶会記副店主 上田晃之の壮麗な会



-------------------------------------------------------------



立本夏山ひとり芝居 12ヶ月連続公演 「Twelve」

人間とはひとり芝居とは 生きることは困難だ。人間として生きることは。かつて、われわれは、文学を通して、 人間になろうとしてきた。ひとり芝居は、人間が人間を取り戻すためのライフワークだ。 12ヶ月の、文学が、詩が、魂が、立本夏山と暮らしていく。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

「仰臥漫録」正岡子規

正岡子規(1867−1902)俳人・歌人。多方面に亘り創作活動を行い、日本の近代文学に俳句・短歌の位置を確立した。結核を患い、晩年の約7年間は寝たきりの生活であった。死の前年から死の直前まで、日々の食べたもの、服用した薬、来訪者、家のこと、心に浮んだ俳句や短歌は秘かに私的に綴られた。命の果てを意識した子規が病床から著した虚飾のない小宇宙。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


◇公演日
2019年7月22日(月) 
15:00〜/19:30〜 (開場は開演の20分前)
 
◇会場:藝術喫茶茶会記

〒160-0015 新宿区大京町2-4 1F

【チケット料金】(1drink付き)

前売り:一般:3,000円 / 当日:3,500円

     学生:2,000円 / 当日:2,500円
 

スペシャルチケット(予約制)

Sixチケット:6回観劇チケット ¥17,000-


 
【チケットお申込み】

https://forms.gle/NuE2pqzoNg9qi82v9


 
【お問い合わせ】

mail@kazan-office.com 

TEL: 080-4164-4150 (市川)


 
【スタッフ】
 
出演 : 立本 夏山

演出:上田 晃之

宣伝写真 : 小杉 朋子

題字 : 田口 博子

イラスト:Natsumi Yamase

衣裳協力:重力/Note 鹿島 将介

衣裳 : 富永 美夏

宣伝美術 : 中島 美佳

Stage Editor: 伊原 雨草

協力:藝術喫茶茶会記

協賛:株式会社ハテナバコ・一般社団法人日本ダンスサイエンスアカデミー・忠應通商・株式会社アミーゴ

制作:市川 喜愛瑠・旛山 月穂

主催:Kazan office.


 
立本 夏山

1982年6月7日 静岡県清水市出身。18歳にて文学座演劇研究所に入所。その後、劇団四季研究生、流山児☆事務所、俳優座演劇研究所を経て重力/Note、新宿梁山泊、燐光群、小池博史の作品などに出演。2011年よりひとり芝居を始め、F・ペソア、A・アルトー、ニジンスキー、太宰治などの作品を舞台化している。2014年Arts Chiyoda 3331 千代田芸術祭にて伊藤千枝賞受賞。2016年7月フランス、アヴィニヨン演劇祭にてアンジェリカ・リデル演出作品「¿QUÉ HARÉ YO CON ESTA ESPADA?」に出演。その後、スペイン、ドイツ、ブラジル、イスラエルなど世界各国を巡演。2018年には高村光太郎作「智恵子抄」のひとり芝居で東京、兵庫、松山、高知と国内ツアーて好評を実施。言葉だけに留まらずダンス的な表現にも積極的に取り組み、常に新鮮なものを追求し続けている。
 
上田 晃之

1980年生まれ。劇作家、演出家、役者。大学にて日本文学 を学び映画研究会に所属する。卒業後、詩歌の出版社にて 編集者、教材制作会社勤務等を経て 2012 年より戯曲執筆を開始。以後、四谷三丁目の文化サロン喫茶茶会記を拠点に、自身が作演出した舞台作品を次々と発表。また、演劇・パフォーミングアーツ等への出演多数。2015年よりロラン・バルト著「恋愛のディスクール・断章」を上演するワークショップを開催。2017 年、坂口安吾原作「戦争と一人の女」の構成・演出をして3都市で主催公演。近年、立本夏山とは ジャン=ジャック・ルソー「孤独な散歩者の夢想」、ゲオルク・トラークル「夢と錯乱」を舞台化している。脱構築的、映像的な演出に特徴がある。






2019/7/16(tue)Keiko Higuchi "nothing is real vol.29" open 19:30 start 20:00 1500yen + drink


| 1/323PAGES | >>