【お店のご案内】
喫茶室は通常営業しております
年中無休
こじんまりとした文化サロンです

 月曜日〜日曜日 午後三時より営業

朗読や即興パフォーマンス他
文化イベント等が日曜日やその他にございます
スケジュールでのご確認を。
備えの上履きで入るお店です。お忘れ物が多い店です。一ヶ月間のみ保管いたします。 ご留意の程を。

〒160-0015 新宿区大京町2-4 1F
お電話 03-3351-7904
(営業時間のみ応対可)
開場時間中では電話応対が難しいので事前の
ご連絡を)
メール sakaiki@modalbeats.com

how to come to sakaiki (by english)


how to come to sakaiki(by VTR navi)



photo by鈴木さや香
(cafe room)
ortofon spu gt ,garrad 401
shure m44g ,thorens td124
mcintosh c27 ,mcintosh mc2505

grundig 3 7052-001,siemens 6Ruf lsp 28a
(2way)


photo by masao harada

(l room) ortofon classic spu (stereo)
ortofon spu mono A (mono)

ortofon st-5
garrad 401
mcintosh ma2275

axiom dlm2
altec 811b
altec 4168c
(3way)


(at another space "@groove" 2002)
we want "chiaki iwasaki's mood" every time
イベントスケジュール ・公開カレンダー
文化イベントのスケジュールでございます。
イベント中でも喫茶室で御休み可能でございます。


トップページのカテゴリに記載されているメンバーはそちらに情報がございます。
googleスケジュールですべての確定イベントを閲覧できます。
アーティスト様から情報をいただいたもののみブログ上に展開しております。




(公開カレンダー)


(トピック)
※L room (中央部屋) S room(奥小部屋) caferoom(喫茶室)
 
2017/1/16(mon)《哲学者の薔薇園》vol.1  主宰 由良 瓏砂,神崎 悠雅 open15:00〜23:00(22:00 l/o) 料金:500円(charge)+order


《哲学者の薔薇園》

♦♦幻のシベットコーヒー『コピ・ルアクを飲む』♦♦

at 四谷三丁目「喫茶茶会記」

2017.1.16(mon.)
open15:00〜23:00(22:00 l/o)
料金:500円(charge)+order


青いハーブティーや趣向を凝らした料理などに加え、幻のシベットコーヒー『コピ・ルアク』をご提供いたします。

♦♦イベントスペースにて♦♦

朗読ライブ「常川博行MONO語り」

〜江戸川乱歩を読む〜

時間:20:00〜22:00
料金:1000円+order

江戸川乱歩の短編「芋虫」「D坂殺人事件」 etc…


〒160-0015 新宿区大京町2-4 1F
総合芸術茶房 喫茶茶会記
お電話 03-3351-7904
http://gekkasha.modalbeats.com/

※地下鉄丸の内線「四谷三丁目」駅『1番』出口を出て右に向かい
ドトール、サンドラック、スーパーを過ぎた1つ目の路地に入る。
100mほど歩き、左側に骨組みのような4階建ての白い建物が現れたら
右路地に小さな看板「喫茶茶会記」が出ているので、その道へ入る。
つきあたりのマンション1階が入口です。

※「四谷三丁目」駅1番出口からは徒歩3分弱です。
2017/1/13(fri) - 2017/1/19(thu) Hitomi Isoya "Blessing" - Mandala Art Exhibition





『大日如来』『釈迦如来』『unloading』『無題』の四点を展示
2017/1/14(sat)「神籬遊狂譚 河原人 KAWARABITO 〜スズキ ヤスコ 新黒謡公演 第二弾〜」- 2300yen 1drink in (1)15:00 open 15:30 start (2)19:30 open 20:00 start



【演目】

「神籬遊狂譚 河原人 KAWARABITO 」
〜スズキ ヤスコ 新黒謡公演 〜
アントナン・アルトーAntonin Artaud 日本の残酷劇 第二弾

翻案・演出・黒謡・美術 ・piano スズキ ヤスコ

巫女が突然神がかりとなり、死者が語りはじめる…

今昔物語がベースの芥川作品(山中で盗人に襲われ、夫の前で手篭めにされた妻の独白)や、母子の近親相姦が潜む説経節(継母が邪恋のあげく、継子の両目をえぐり取るインドの説話)を材に取った、中世の漂泊放浪芸人をイメージした血の独白。




《 ごあいさつ 》

前回の新黒謡公演
「気狂いの彼方へ アントナン・アルトー日本の残酷劇」は、
アルトーの残酷劇と日本の神話をテーマに、
両者の本質的重なりを浮かび上がらせながら、
個々の課題に向き合うという困難な挑戦でした。
にもかかわらず、ご来場の皆様には大変ご好評を戴きました。

お陰さまで、追加公演込みで
3回目の今回に繋げることができました。
ご声援、お引き立て、誠に有り難うございました。

私は、前回の公演から、
アルトーが20世紀最大の革命的演劇理論家というだけではなく、
1960年代のカウンターカルチャーの先駆けとして、
現代にも多大な影響を与え続けていることを、
身をもって感じました。
現在、アルトー生誕120年の記念の年に、
この公演が出来たことを誇りに思っております。

この度、新黒謡公演 第2弾として
「神籬遊狂譚(ひもろぎゆうきょうたん) 『河原人(かわらびと)』」を、
新たに公演する運びとなりました。
神籬とは「ひもろぎ」、すなわち神が降臨する樹木や場を意味し、
そこで神遊びに興じる芸能者への思いを題名に込めました。

芸能の根源は、死者と生者が交わるところに始まります。
それは鎮魂の歌舞、物語でした。
古代では「遊部(あそびべ)」と云われた人々がそれを担い、
中世では、社会的最下層にあった芸能者である「河原人」が、
芸能世界を発展、深化させたのです。
今回は、その「河原人」をモチーフとして、
アルトーの思想を踏まえつつ、全体を構成しました。

この取り組みの中で感知することは、
死者の魂を呼び寄せ、物語り、舞う、
というカテーゴレイスタイ(公の場での弾劾)は、
世界共通の芸術文化の源泉であるということです。      

この「黒謡」という、連綿として精神に去来し、
無意志的回想世界への回帰を促す試みが、
皆様の心の風景に多少なりともお邪魔できれば幸いです。
ご来場を、心よりお待ち申し上げます。

2017年1月14日(土)、当日、
【昼の部】説経節 家元・若松若太夫、
【夜の部】フリンジカルチャー研究家・宇田川岳夫、
両氏のトークも合わせてお楽しみ下さい。

この度「河原人」のフライヤーイラストレーションを、
寺山修司「身毒丸 」(1978)の初演時の
ポスターを担当された彦凪ワタル氏に、
フライヤーデザインを、
JazzBarサムライのJiken氏に、ご協力戴きました。

そして、今回の創作にあたりまして、
日頃より敬愛する、
説経節 家元 ・若松若太夫先生、
元大正大学助教授・秋田光兆先生に、ご指導賜りました。
この場をもちまして厚く御礼申し上げます。

                   スズキ ヤスコ
2017謹賀新年 大藏彌太郎一門・寺井宏明・喫茶茶会記


本年も宜しくお願い申し上げます

bonus画像 2013/2
2017/1/21(Sat)19:00〜23:30 シンエンズフ no.13
シンエンズフ no.13

2017年1月21日(Sat)19:00〜23:30
Price:¥1,000 incl.1drink
@四谷三丁目 喫茶茶会記

刹那感じちゃいそうなある冬の夜に、
四ツ谷の音楽喫茶店開店。

あらゆる音源から厳選。
全ての音源、アナログで再生。

勢いよく、音のサークルへと導く。

じわっと音広がる空間、
心の深めのとこが、
知らず知らず躍りだす。


サタデーナイトにフィーバーきめこまない
皆様のお越しを心からお待ちしております。


松村壮太郎,nagaoka & special performer


上原英里/シャンソン・アルゼンチンタンゴ の弾き語り手 2017/1月度スケジュール

ライブルーム発足以前、カフェスペースで演奏する上原英里


◆1月9日(月)19時〜(15分前開場)、浅草「リトルシアター」(03-6801-7120)にて「シャンソンとタンゴの夜?」出演上原英里とボヘミアンズ※木戸銭2千円

◆1月11日(水)7時過ぎ〜、バー「スケアクロウ」にてほろ酔いライブ

◆1月14日(土)15時半〜「相模原市立 サン・エールさがみはら 土曜コンサート」にゲスト参加※入場無料

◆1月25日(水)7時過ぎ〜、バー「スケアクロウ」にてほろ酔いライブ」

◆1月26日(木)20時〜、四谷三丁目ジャズ喫茶「茶会記」(03-3351-7904)にて「茶論ライブ」※2千円1ドリンク付き
2017/1/8(sun) 「新春の風景〜インプロビゼーションと日本の懐かしい風習」 19:00 open 19:30 start 2500yen 1drink in
1月8日(日)
「新春の風景〜インプロビゼーションと日本の懐かしい風習」
照内央晴 piano
荻野やすよし guitar
白石美徳 drums
guest:星衛 獅子舞、篠笛ほか
松本ちはや チンドン
open/19:00 start/19:30

¥2500(1drink付)










「ウタのトグチ オトのマドベ」   山村暮鳥のうた大野慎矢 筆 2017/1/7

先ずウタとはオトとはから始めてみる

バンブツはフルエている
オトはソンザイそのものが発するフルエだ
ヒビキはフルエるものたちのデアイだ
オトはいつでもデキゴトである
ソンザイがどんなであるかおしえてくれる
オトはニワでありマドベに流れ来る

ウタは先ずセイカツに芽吹く
シャカイとセイカツが肥沃なツチだ
イフとヒアイとカイコンとが強靭なタネだ
ウタは繰り返されるセイカツへのイノリだ
イノチのカナシサそのものだ

平成29年1月7日
茶会記 奇数月第一金曜日「うたのとぐち」主宰
「山村暮鳥のうた」主宰 大野慎矢


| 1/229PAGES | >>