【お店のご案内】
喫茶室は通常営業しております
年中無休
こじんまりとした文化サロンです

 月曜日〜日曜日 午後三時より営業

朗読や即興パフォーマンス他
文化イベント等が日曜日やその他にございます
スケジュールでのご確認を。

〒160-0015 新宿区大京町2-4 1F
お電話 03-3351-7904
(営業時間のみ応対可)
メール sakaiki@modalbeats.com

how to come to sakaiki (by english)


how to come to sakaiki(by VTR navi)



photo by鈴木さや香
(cafe room) ortofon spu gt ,garrad 401 shure m44g ,thorens td124 mcintosh c27 ,mcintosh mc2505 grundig 3 7052-001,siemens 6Ruf lsp 28a (2way) photo by masao harada (l room) ortofon classic spu (stereo) ortofon spu mono A (mono) ortofon st-5 garrad 401 mcintosh ma2275 axiom dlm2 altec 811b altec 4168c (3way) (at another space "@groove" 2002) we want "chiaki iwasaki's mood" every time
イベントスケジュール ・公開カレンダー
文化イベントのスケジュールでございます。
イベント中でも喫茶室で御休み可能でございます。


トップページのカテゴリに記載されているメンバーはそちらに情報がございます。
googleスケジュールですべての確定イベントを閲覧できます。
アーティスト様から情報をいただいたもののみブログ上に展開しております。




(公開カレンダー)


(トピック)
※L room (中央部屋) S room(奥小部屋) caferoom(喫茶室)

2015年 3月11日(水)20:00〜 喜多尾浩代 Daniel Hees




“drawing for soloist” で 演奏者との コラボレーションの経験も豊富な Daniel Hees氏(ケルン在住)が、
energy を重視して 喜多尾 浩代 の『身体事』と向き合って下さいます。
“ Drawing & Movement ” #1 意味を超える… 音楽の無い空間における即興セッションは、
2015年 3月11日(水)20:00〜 charge:1500en with 1drink です!



「CLUTCH Magaine 2015/4 Hiroko Otsuka」 (福地筆)
20150225

格好よいライフスタイルの一例




@sakaiki


バックからちょい見せの5Mingusに痺れる


http://djotsuka.com/






「荒野愛子の着座姿勢の美」(福地筆)
20150224




様々な着座姿勢
やはり皆、格好いいのだけど
個人的に愛子さんがベストかもしれない。
静謐的、沈潜的な演奏スタイルな印象
但し大曲にもいつでも向かう風合も兼ね備えた構え。


---------------------------------------------------------

茶会記 朗読&ピアノライブシリーズ Vol.2
「朗読―男と女について」

2015年2月20日 (金)
Open 19:00 / Start 19:30
Charge¥2,500(1ドリンク付)

茶会記 朗読&ピアノライブシリーズ Vol.2
「男と女について」

演目:蛇髪の妻―今昔物語より(田辺聖子)/パンドルフォの冒険(塩野七生)/志賀寺上人の恋(三島由紀夫)他

朗読:西尾早智子
ピアノ・作曲:荒野愛子

演出:松田建仁
「小林秀雄カフェとジャズ的素養」(福地筆)
20150224

喫茶茶会記は日本茶店のようだが
ジャズ喫茶を基点的としている。
ジャズの精神性は全方向的に勢うことと思料している。
従い現在では様々な表現形態による会が実施されているのだけど
やはりジャズの表現形態に特化されたものに安穏とするものだ。

この度の
批評の神様と形容される小林秀雄に一番近い
元担当編集の池田雅延先生による解説の会では
筆者と対談するコーナーもあり筆者はかなり委縮した。

ジャズの先生とも対談したことないのに。
池田先生は
全集を一字一句だれよりも精査されているのに
知識の披歴に全く重点を置いていない。
小林秀雄のイコンを感じる。
中身の打合せもせずアドリブで対談した結果になった。
その点ではジャズ的素養に助けられた。
会を企画したGift From the Book各位に感謝する大切な一日だった。




photo by Tomome Mizoguchi







「道南への帰省」(福地筆)
20140224


旧岡本邸を内見する。


函館バップご夫妻と筆者家人
ほぼ親戚的。


筆者のパンツを修繕する叔母
業者に頼むと5000円以上はしそうだ。
叔母、字は遠くて読みづらいのに針の穴は素早く確実に通す。



Cultural English 偶数月第四日曜日午前11:00-午後1:00 会費三千円(ドリンク付き)


Next 4/26!!
木村由無音独舞━ 闇間に揺れる蠢く ━



偶数月第一火曜日企画@茶会記

木村由無音独舞━ 闇間に揺れる蠢く ━

「ひかげぼっこ」

19:30会場 20:00開演 料金2000円(1ドリンク付)



木村由プロフィール

中條富美子に約20年モダンダンスを師事。エイコ&コマに影響を受ける。1992年
神奈川県現代舞踊協会奨励賞受賞。数々の作品に出演する傍ら、自らの踊りを求
め作品を作り始める。1995年「ダンスパフォーマンス蟲」を立ち上げ、2000年バ
ニョレ国際振付賞横浜プラットフォームに出場するも、場違いの踊りで酷評。そ
の後planB等でソロ活動を中心に淡々と踊りに邁進する。
2004年から「ちゃぶ台ダンス」を継続中。美術や音楽家とのセッションも多数展
開。最近では即興演奏家とのライブを多数こなし、即興という行為のなかで身体
を見いだしていく一方、無音独舞公演も行い、踊りの模索を行っている。

ちゃぶ台ダンスシリーズ「夏至」と「冬至」@経堂ギャラリー街路樹
長沢哲(drums)とのduo「風の行方 砂の囁き」を2013年4月から15回行う。
吉本裕美子(guitar)とのduo「真砂の触角」@茶会記(半年毎)
森重靖宗(cello)との「Cello&Dace Duo」@明大前キッド・アイラック・5Fギャ
ラリー
無音独舞公演 「ひっそりかん」@明大前キッド・アイラック・5Fギャラリー
本田ヨシ子 ( voice)イツロウ ( synth+α)太田久進 ( operation)とのコ
ラボレーション「絶好OTEMOYAN」@明大前キッド・アイラック・アートホール
ダンス白州出演等。

http://chabudaidance.com/jp/index.html
http://mushi.info/homejp.htm


お問い合わせ:yu@musi.info






「大切なこと 」(福地筆)
20150218

喫茶茶会記の初期段階からのお客様で、茶会記イベントの企画関係者でもある
野さんが老人ホームで企画されたイベントのお土産話を御持ちになられた。
「プロのクオリティを伝えたい。」
「自分が老人ホームに入るならこのクオリティを求める」
野さんの確固たる意志により
真正のアーティスト達が協力した。
このようなことがテレビ局とのタイアップとかではなく
地下水脈的に全国各地で派生すれば素晴らしい。
このような現場のお話をいただけることにかけがえのない喜びを感じる。









| 1/170PAGES | >>