「""口承音楽"という新しい考え方" 〜山村暮鳥のうた・ディスクリリース」喫茶茶会記店主筆
20190318



大野 慎矢率いる「山村暮鳥のうた」。
隔月茶会記開催の「うたのとぐち其の二十」 先日終了した。
「山村暮鳥のうた」の特質は明瞭な言葉で暮鳥の意志をトランスデュースしていること。
よくある言葉をシャウト的にデフォルメしすぎて何を言っているかわからないことはない。
音を何度もきけば読まずとも言葉が血肉に食い込んでくる。腑に落ちる。
藝術鑑賞者によくある衒学的に頭でプロット・蒐集する違う次元で入ってくる。
そのことは一貫した長き演奏活動で実証・担保している。
上記音楽的アプローチによるアクテビティは意外に他にはない。

「古典の再生産」についての難解な命題は茶会記のコアテーマの一つ。
それに対する明確な新進の試みを実践しているのが「山村暮鳥のうた」。
俯瞰的にとらえれば
演劇でいえばスタニスラフスキーシステムを喚起する。
しっかり原典をトレースすることと己の人生を折衷させること。
そのことの緊迫感がこのCDにて確認可能になる。
新しい息吹の嚆矢。長きの試みが音源として樹立した。

顕在化している「口承文学」という荘厳。
そしてその発展形といえる"口承音楽"という普通名詞をこのディスクから想起している。


天上の暮鳥さんもとても嬉しく思っていると考えている。その確信的妄想に尽きる。


2019年2月15日発売
定価 2000円+税


<参加>

植村昌之:ウクレレ

菅原雄大:チェロ

宮坂洋生:コントラバス

ロケットマツ:アコーディオン、ピアニカ、マンドリン
松井亜由美:ヴァイオリン

川松桐子:トロンボーン
​野津山智一:クラリネット


<意匠>
​小倉紘(GRAFFIC FACTOR)

https://otonomadobe.wixsite.com/bocho/discography
「 Non celebritasという基本的所作 〜 OTOITU IN FLOOD-VARIOUS ARTISTS 4CD」喫茶茶会記店主筆
2010314

概ね有名人がどうしたとか業界っぽい風合いのトークBGMな界隈では新進のムーブメントが出づらいのが経験的事例。



OTOITU IN FLOOD-VARIOUS ARTISTS 4CD  from NZ
「世田谷・五本木の静謐な深夜会。マルセル・パニョル」喫茶茶会記店主筆
20190304

たった数名の非営利な深夜会
主宰のハイパー女子がつくった冊子にも質がある。
「フランスの山田洋次」という解説で和み感がわく。

17年前にわたしが主宰していたmodalbeatsという茶会を喚起して
さりげなく感慨にも耽る。




「西川祥子・ 由良瓏砂」喫茶茶会記店主筆
20190302

西川祥子 御結婚お祝い会にて 茶会記の二大幻想系主宰者




由良瓏砂


西川祥子
「スターチスからミモザへ〜藝術活動運営上における「RASIS」」喫茶茶会記店主筆
20190226


RASISとは主にコンピューター管理の尺度として
かつてシステム管理者だった私は泥臭い職務の中
呪文のように唱えていた概念だ。

Reliability 信頼性
Availability 可用性
Serviceability 保守性
Integrity 一貫性
Security 守秘性

からなる


可用性(稼働率 Availability)
= 信頼性(MTBF - Mean time between failure)
/ MTBF + 保守性(MTTR - Mean Time To Repair)


すべては横断する尺度なので概念的尺度と私はとらえる
藝術活動における表現形態のクオリティ強度は
概ねここでは「信頼性」に包含されるものと思料している。


運営体も惰性化すると上記の尺度が減退していくことになる。
店舗内の雰囲気もしかりである。
常に溌剌とした気風を意識すること。
わたし個人は保守性と一貫性に偏りがちであり、
「秘すれば花」とかいいながら鈍化している感もある。
反省する。

補完勢力として信頼性・自発性の高いスタッフが在する。

不安定要素が高いサービスの中、高品質のRASISを志向し、
信頼性のある表現形態に漸近したい。



By Hikki 20190225
「yuri curry photo by tom yossi」喫茶茶会記店主筆
20190219



photo by tom yossi
「本日の最初にかける音源 Maurane - "danser..." 3.5.6.8」喫茶茶会記店主筆
20190214




3.5.6.8曲目をプリセット再生するのが通例だ。


「Load balancing 〜 Maha - Umetsu  綜合藝術」喫茶茶会記店主筆
20190213



クラシックギターの梅津さん(筆者と同年)とカウンターで出会った
ベリーダンス黎明期からの首領の一人MAHAさん。
画像は昨日MAHAさんの会に梅津さんがお越しになったときのもの。
緩やかな連関が強大なポテンシャルを持つものと日々考えている。



「ワンノブ "ジャズ喫茶の風景"」喫茶茶会記店主筆 20190205
20190205

前半一時間の登場三枚



「ワンノブ "ジャズ喫茶の風景"・女性ボーカル特集」喫茶茶会記店主筆
20190204

本日は女性ボーカル主体で。
LPはキャロルスローン他
CDでは高田馬場アルバートでお会いしたこともあるイーデンアットウッド
茶会記鉄板・函館愛溢れるアン・バートンも少々。
普段意識が高すぎて卒倒しそうなのでたまには。


| 1/121PAGES | >>