MENU
喜多尾浩代「そこふく風」2020/8/12 ツタ繁る 盛夏の宵、にわか雨の後に...



2020/8/12の 身体事@喫茶茶会記『そこふく風』vol.10 (20)
は、音を奏でる方とのコラボレーションとして10回目、朝の特別編などを含めると... 通算20回目の開催となりました。共演してくださった
みわはるきさんとは、4回目のコラボレーション。茶会記の構造を生かして、音と身体の在り様がお客様に響きやすいようにと考えついた、裏の音人システムを採用して2回目の開催でした。コロナ禍の中で、観客数と室内での互いの存在とを意識して催した訳ですが、内容的にも空間的にも、夜の
身体事@茶会記 シリーズの中では、一番 そこふく風 を感じれる回だったかもしれません。
『そこふく風』@綜合藝術茶房 喫茶茶会記 は、店主 福地さんにお声掛けいただいて、2014年2月に
夜の『そこふく風』からスタートいたしました。初夏に開催しています
朝の『そこふく風』〜特越編〜では、お客様の人数を10名に限定して、席(観る位置)を定めずに、自由に居場所を選択してもらう形式で、茶会記の全室と路地を活かして、風の通りを味わえるように
窓とドアを開けて開催してきました。夜の『そこふく風』では、さすがに
窓とドアを開けて...とはいきませんが、微音生演奏にもかかわらず、換気扇を回したままにしたり、奥の部屋との間のドアを開けたままにしたり、奥の部屋の窓を少しだけ開けておくなどの工夫をしてきました。今回の
夜の『そこふく風』は、人と人の間への配慮意識が良い具合に作用して、奥の部屋から そして 人の隙間を 流れ始めた 「風の存在」が
見えだすかのように、感覚できる時間だったように思っています。お客様からは見えない位置で演奏された みわはるきさん (裏の音人) による
ポシェット・ヴァイオリンの響きと 付かず離れずの関係性で存在する「身体事」は、これまでより勇気ある選択の中で進んでいったように思います。
5月の朝の『そこふく風』では、これまで通りに実施して、それぞれに感覚する時間を楽しんでいただき、気づきの多いヒトトキに...という、意志が伝わったような気がしています。8月の夜の『そこふく風』は、同じような意志があるものの、気持ちは『そこふく風』を感覚して、放たれるように楽しんでいただくことにありました。この3ヶ月間の大学でのオンラインによる遠隔授業で、相手の顔が見えない状況下でどうやって互いを意識していけるか...
かなりの工夫を凝らしました。想像するのではなく、思う心と信じる心が
新しい次元を引き寄せたように感じています。毎朝の写真と感覚メモによって、小さな小さな「身体事」に取り組むことで、様々な気づきや発見もありました。それらの日々のプロセスに支えられたカラダ全体で、いま感じとり解き放つ...
一方で、瞬間瞬間に猛スピードで観察し直す作業を怠らないし、カラダの間を大切にする。そして、響く間を大切にする。しかし... そのことを
自分にも観る方々にも説明しないで、思う心と信じる心を大切にして選んでいく。今回は、そのようにして進められていった、空間を共にした皆さんとの50分間でした。感覚する時間を味わっていただくには、他にも方法があるかもしれませんが、同じ時間と空間を共有しなが
違う感覚に浸れることを、『そこふく風』では重要視しています。「先日の公演 とても静かに心に残ります!」と、観ていただいた方から 改めて 今朝
(9日経って) メールが届いたことも... なんだか とっても 嬉しいです。4回目の共演となった
みわはるきさんのサウンドは、ある時は遠目からある時は耳元で ある時は空間全体として 響き、今までの中で一番
自然で不思議な存在だったように感じました。更に深める機会を持つことが叶いましたら 幸いです。
茶会記店主 福地さんの御協力の下で、開催してまいりました。『そこふく風』@綜合藝術茶房 喫茶茶会記
は、いろいろな社会情勢や周辺環境が変わりましても、(音の隠れ家) 茶会記 で是非、継続していきたいと思います。これからも、どうぞ
宜しくお願いいたします。




photo by Nami Hirao
2020/8/12 (wed) Hiroyo Kitao's 身体事 @ 茶会記 collaboration series 『そこふく風』open 19:00 start 19:30 2500yen 1drink in (adv)
『そこふく風』 vol.10 (20)
そこにある身体 そして 響く...ということ に 興味が向く中で、
改めて、そして 再び取り組む コラボレーション
身体事 by 喜多尾 浩代
裏の音人: みわ はるき

身体事 を通して、そこふく風 に出会える 時間と空間の共有を 目指します。拡がりあるヒトトキに お立会いいただけましたら 幸いです。

ツタ繁る 盛夏の宵に...
喫茶茶会記で お待ちしています。

2020年 8月 12日 (水) 開演 / 19:30
at 綜合藝術茶房 喫茶茶会記 (四谷三丁目)
予約: 2500円 (当日: 2800円)1ドリンク付き
是非、ご予約の上 お出掛けください。

予約と問い合わせ
h_kitao@hotmail.com または sakaiki@modalbeats.com

新型コロナウイルス対策の1つとしまして、今回は お客様定員 10名で開催いたします。当日、体調がすぐれない場合には、ご遠慮くださいますよう、宜しくお願い致します。



photo by Nami Hirao




『そこふく風』〜特別編〜  立夏残春の朝に… 喜多尾 浩代


5/16、朝 藝術茶房 喫茶茶会記にて...
蔦が育っておりました。このドアから どうぞお入りください。

10名様限定の『そこふく風』〜特別編〜  立夏残春の朝に…
今年は、5名以下の風通る環境にて実施いたしました。
特に固定の席を設けず am 9:10 より スタートし、屋内(S-room, L-room, cafe)や 屋外を、自由に 移動して ご覧いただく企画です。もちろん、移動せずに… でも大丈夫な内容です。 感覚し、判断し、選択して、行動し、また 感覚して 全身で味わってみている。色々な「感覚の種」に出会える 特別な時間の茶会記で、終演後に、お気に入りの場所や気になる場所にてユックリと、マスクを付けたり外したりしながら(笑)お飲物やお喋りも お楽しみいただきました! 雨の降り始めの若葉の音は素敵でした。色んな音はあるのですが、とっても静か...

昨日より5℃以上低い気温の曇り空の朝、新型コロナのことを忘れて「身体事」に集中する時間がありました。これまでの中で、一番コントラストは弱い光の空間でしたが、いつもより、環境の変化を多く感じながら、屋内から屋外へ移動することになりました。観る人の感覚に、ふと触れているように思えた瞬間に、感謝です。


2020/5/16 (sat) 喜多尾 浩代 『そこふく風』〜特別編〜 #7


photo: Nami Hirao

喜多尾 浩代 『そこふく風』 〜特別編〜  #7

2020年 5月 16日(土) am 9:10 start (am 9:00 open)

互いの存在や行動が影響し合ったり解け合ったりする中で、
感覚して選んで味わう事 に加えて、ふと、色々な 感覚の種 に出会える...
そんな、特別な時間と空間での「身体事」となります。
多重化する身体感覚によって 共振し移行する “ひととき” に お立ち会い下さい。
新緑の季節、風薫る朝に…
窓と全ての部屋のドアを開けてお待ちしています。

2000円(1ドリンク付き) 限定10名様 要予約!
予約・問い合わせ: sakaiki@modalbeats.com 又は h_kitao@hotmail.com
予約/筺 03-3351-7904 (喫茶茶会記 / pm 3:00以降)
http://www.nsknet.or.jp/~kitao(喜多尾 浩代)
http://facebook.com/hiroyo.kitao
2020/5/16 (sat) 喜多尾 浩代 『そこふく風』〜特別編〜 #7

photo: Nami Hirao

喜多尾 浩代 『そこふく風』 〜特別編〜  #7

2020年 5月 16日(土) am 9:10 start (am 9:00 open)

互いの存在や行動が影響し合ったり解け合ったりする中で、
感覚して選んで味わう事 に加えて、ふと、色々な 感覚の種 に出会える...
そんな、特別な時間と空間での「身体事」となります。
多重化する身体感覚によって 共振し移行する “ひととき” に お立ち会い下さい。
新緑の季節、風薫る朝に…
窓と全ての部屋のドアを開けてお待ちしています。

2000円(1ドリンク付き) 限定10名様 要予約!
予約・問い合わせ: sakaiki@modalbeats.com 又は h_kitao@hotmail.com
予約/筺 03-3351-7904 (喫茶茶会記 / pm 3:00以降)
http://www.nsknet.or.jp/~kitao(喜多尾 浩代)
http://facebook.com/hiroyo.kitao
2019/8/5 (mon) Hiroyo Kitao's 身体事 @ 茶会記 collaboration series 『そこふく風』 開演 / 19:30 予約: 2500円 (当日: 2800円)1ドリンク付き

photo by Nami Hirao

2019/8/5 (mon) Hiroyo Kitao's 身体事 @ 茶会記 collaboration series 『そこふく風』
『そこふく風』 vol.9 (18)
そこにある身体への興味が深まる中で
改めて取り組む コラボレーション
身体事 by 喜多尾 浩代
裏の音人: みわ はるき

身体事 を通して、そこふく風 に出会える 時間と空間の共有を 目指します。
お立会いいただけましたら 幸いです。

ツタ繁る 盛夏の宵に...
喫茶茶会記で お待ちしています!
どうぞヨロシクお願い致します。
2019年 8月 5日 (月) 開演 / 19:30
at 綜合藝術茶房 喫茶茶会記 (四谷三丁目)
予約: 2500円 (当日: 2800円)1ドリンク付き


予約と問い合わせ
h_kitao@hotmail.com または sakaiki@modalbeats.com
2019/5/18 (sat) 喜多尾 浩代 『そこふく風』 〜特別編〜  #6   am 9:10 start (am 9:00 open)
2019/5/18 (sat) 喜多尾 浩代 『そこふく風』 〜特別編〜  #6  
am 9:10 start (am 9:00 open)


photo by Nami Hirao

喜多尾 浩代 『そこふく風』 〜特別編〜  #6

2019年 5月 18日(土) am 9:10 start (am 9:00 open)

互いの存在や行動が影響し合ったり解け合ったりする中で、感覚して選んで味わう事 に加えて、
ふと、色々な 感覚の種 に出会える... そんな、特別な時間と空間での「身体事」となります。
多重化する身体感覚によって 共振し移行する “ひととき” に お立ち会い下さい。
新緑の季節、風薫る朝に…
窓と全ての部屋のドアを開けてお待ちしています。

2000円(1ドリンク付き) 限定10名様 要予約!
予約・問い合わせ: sakaiki@modalbeats.com または h_kitao@hotmail.com
予約/筺 03-3351-7904 (喫茶茶会記 / pm 3:00以降)
http://www.nsknet.or.jp/~kitao(喜多尾 浩代)
http://facebook.com/hiroyo.kitao
2018/12/ 2 (sun) Hiroyo Kitao's 身体事 @ 茶会記 collaboration series 『そこふく風』~番外編~

そこにある身体への興味が深まり 向き合う中で...
番外編 opus 3 (16) も、ソロでのパフォーマンスとなります。
身体事 を通して、そこふく風 に出会える 時間と空間の共有を 目指します。
お立会いいただけましたら 幸いです。

初冬の時、質感にこだわって「そこふく風」
12/2、日曜の昼間に 茶会記で お待ちしています。
どうぞヨロシクお願い致します。



2018年 12月 2日 (日) 開演 / 15:00
at 綜合藝術茶房 喫茶茶会記 (四谷三丁目)
予約: 2000円 (当日: 2500円)1ドリンク付き

予約と問い合わせ
h_kitao@hotmail.com sakaiki@modalbeats.com



photo by Nami Hirao
身体事・喜多尾浩代より 〜 御報告: 『そこふく風』~こぼれるひかり編~


綜合藝術茶房 喫茶茶会記における「身体事」企画は、2014年 2月から、輪郭が曖昧なモノゴトと向き合う… 音 (オト) と 身体 (カラダ) のコラボレーション・シリーズ『そこふく風』として スタートしました。そして、今年 2018年 は、『そこふく風』~番外編~ として、無音によるソロでの「身体事」に 取り組んでいます。また、2014年 から、年に1度のペースで『そこふく風』~特別編~ を 初夏に用意し、夜の気配が残る「朝の茶会記」という 特別な時間と空間で、「身体事」を味わって頂いています。
まずは感じてみるコトから… そして、ゆっくりと 光の観察をしたり、色んな感覚の中に浸ったり、少し姿勢を変えてみたり、感覚して移ったり、身体で見つめたり、気配を感じたり、カラダのある空間を眺めてみたり、離れたり… と、心むくままに居場所を選んで『そこふく風』に 出会っていくコトで、貴重な時間となり、その後の時間へと繋がって行くようです。
このように、喫茶茶会記での『そこふく風』~特別編~ では、観る人が自由に場を移動しながら、または 定点でじっくりと...「身体事」を味わう『感覚する時間』を提案してきました。そして、この秋
2018年10月21日(日)に、『そこふく風』は、茶会記 店主の 福地さんが見守る中で、茶会記から 屋外に滑り出て、路地を渡る風となり、木場にある EARTH+GALLERYへと流れ込みました。

『そこふく風』~こぼれるひかり編~ @ EARTH+GALLERY は、場を設定してのパフォーマンス時間 (朝、昼、夕、晩) と 散策的時間 と 自由な寛ぎ時間 を交互に組む形式での 1日まるまる「身体事」として、様々な発見と感覚が拡がる時間になりました。
参加してくださった皆様、ご協力いただきました皆様に、心から感謝しております。
どうも、ありがとうございました。

詳細は、こちらをご覧くださいませ。
https://www.facebook.com/events/232599574098149/



flier photo : kenji hashimoto
身体事・喜多尾浩代より 〜 御報告: 嬉しいパッケージでの仕事 in Germany, 2018
......................................................................


御報告: 嬉しいパッケージでの仕事 in Germany, 2018

バイエルン地方で、『身体事』プロジェクトとして場所を違えての 3つの パフォーマンス ・ 2種類の 3日間づつの ワークショップ (Body Conditioning WorkshopとCreation Workshop) ・ 場所を違えての 2つの miniワークショップを、OMNA INSTITUTE に パッケージ企画してもらい、充実の時間を過ごすことができました。

詳細はコチラをご覧ください!
ありがとう〜
http://www.omna-institut.de/de/gastseminare/hiroyo-kitao


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

performance and workshops at OMNA
https://www.omna-institut.de/kitao/


workshop 1. / BIODYNAMIKS & SELF-BODY-TREATMENT:
5-7, September, 16:00-19:00

workshop 2. / CREATIVE CREATION:
8-10, September, 11:00-18:00 (the last day, 10:00-17:00)

performance / Edge of Nougat 2018:
12, September, 19:30-

OMNA: Lehmke Vogging 1, 84326 Rimbach
https://www.omna-institut.de


mini-workshop on September 13. 19:00-21:00 at The Loft,
Loft: Prehof 1, 84371 Triftern
https://www.renate-fischer-muselmann.de/das-loft/


the performance in Theater on September 15. 20:00- at Meta Theater,
Meta Theater: Osterager 8, 85665 Moosach bei Grafing
http://www.meta-theater.com


the performance in culture center on September 17. 19:30- at NEA ZOI,
NEA ZOI: Sickenbachstrasse 6, 84503 Altötting
http://www.neazoi.de/


mini-workshop (once and again) on September 18. 15:00-18:00 at OMNA
OMNA: Lehmke Vogging 1, 84326 Rimbach
https://www.omna-institut.de




photo: Susanne Kaiser
in Rimbach, Sep. 2018
| 1/4PAGES | >>