<< パリ祭の『ボヘミア』(上原英里/シャンソン・アルゼンチンタンゴ の弾き語り手) | main | 「サーフィンについて」(福地筆) >>
「Mont ★Sucht - cafe Panta rhei vol13」 (福地筆)


由良瓏砂の渾身

エリザベスはルノワールのオダリスクを感じさせる。




コメント
コメントする