<< 「大森彩子 ソロ・パフォーマンス 幻影にも似た」(福地筆) | main | 北里義之-11/8 トマツタカヒロ - 玉川麻衣 - 森重靖宗:迷宮のエルドラド@千駄木STOODIO >>
Hiroyo Kitao's 身体事 @ 茶会記 collaboration series 『そこふく風』 〜身体感覚の記録〜


本年度の『そこふく風』は、11/7 に無事終了いたしました。
どうもありがとうございました。引き続きまして、
「喜多尾 浩代 の身体事 と 美術作家 平尾 菜美 の写真による コラボレーション」を基にした 写真展 を、下記の通り開催いたします。
御高覧いただければ幸いです。どうぞ宜しくお願いいたします。kitao


Hiroyo Kitao's 身体事 @ 茶会記 collaboration series
『そこふく風』 〜身体感覚の記録〜

「撮る側」「撮られる側」の関係性が薄れ、視覚を重視せず、全身の感覚器官を解放して働かせ、パフォーマンスをしているようにシャッターを押す… そのような 「身体感覚を通した写真的行為」と「身体事」とのコラボレーション である『そこふく風』〜特別編〜が、2014年7月19日の朝に、開け放たれた茶会記の全室と路地を使って 実施されました。
少人数に限定したお客さまには、自由に場所を移動してもらい、観ると同時に その様子を全身で感じ取っていただけたと思っています。その時に展開されていた『そこふく風』には、日常では気づきにくい「感覚の種」が沢山あり、静けさの中で時間と空間が膨張していました。身体事により炙り出される感覚 と 平尾さん自らの身体感覚 や、様々な感覚の出会いを通して行われていた「写真的行為」が、意識の隙間を広げるようにして像を結び 多くの方々の感覚の庭に届くことを希望して…、平尾菜美さんの写真展を開催させていただきます。喫茶茶会記という場所に再帰する身体感覚の記録を 是非ご体感ください。

2014 年 12 月 1 日 (月) 〜 12 月 7 日 (日)
開催場所: 喫茶茶会記 cafe room (15:00より営業)
一律 500 ~ 600 円 (20:30 以降滞在は bar チャージ 500 円)

平尾 菜美(美術作家)
2007年 女子美術大学大学院ファッション造形研究領域終了
2011年 東京写真学園卒業 日常の中での非日常に気づくための視覚を超えた身体感覚を伴うインスタレーションを主に制 作。近年では、鏡を使った「Uncertain Surface」シリーズを発表。身体とそれを取り巻く空 間の在り方、目に見えぬものの価値や存在を探っている。

http://namihirao.com (平尾)
http://www.nsknet.or.jp/~kitao (喜多尾)

綜合藝術茶房 喫茶茶会記(cafe room)
東京都新宿区大京町2−4 1F
丸ノ内線 四ッ谷三丁目駅から徒歩2分
Tel 03-3351-7904 (15:00〜)
Mail sakaiki@modalbeats.com
Web http://sakaiki.modalbeats.com/


コメント
コメントする