<< スティーブ・ジョブズと無名の仲間達  〜回想に残る本当のヒーロー〜」(福地筆) | main | 「感動体験と恨み」(福地筆) >>
第二十二回 茶会記蓄音機サロン 「戦前の和モダン・ミュージックの世界」

今から90年ほど前の昭和の初めに作られた蓄音機で、古いレコード(SPレコードと言います)を気軽に聞いていただくイベントです。

明治以降、海外からいろいろなジャンルの音楽が流入する中で、江戸時代以前の伝統を受け継ぐ邦楽も少しずつ変化してきました。
今回は邦楽が質量ともに全盛期を迎えた昭和初期に邦楽と洋楽がコラボレーションした「和モダン・ミュージック」を聴いていただきます。
おかけするレコードは、和洋合奏(無声映画の伴奏音楽など)、ジャズ風アレンジの民謡・古典曲(軽音楽)、和楽器とオーケストラによる管弦楽などです。
昭和初期という時代だからこそ生まれた、伝統(和)とモダン(洋)の見事な調和を蓄音機の豊かな音色でお楽しみください。

5月19日(火) 午後7時30分開場(午後9時30分ごろ終了)
予約不要・2千円(1ドリンク付きです)
途中入退場、会話、飲食自由でフリーな雰囲気でやっていますのでお気軽にお立ち寄りください。

【道順】東京メトロ丸の内線「四谷三丁目」1番または2番出口より 新宿通りを四谷消防署向かいのスーパー丸正側を新宿御苑方向に進み、中華料理店「南昌飯店」手前の道を左に入ります。15mほど進み右手に店の看板のある路地の突き当たり左が入口です。
住所:新宿区大京町2-4 1F 電話:03-3351-7904

基本ご予約は不要ですが、人数把握のため参加可能の方はをお店に連絡いただけると助かります。
ご来場お待ちいたしております。

主催:成田 正延(成田屋古漫堂)
コメント
コメントする