<< 2015 織原良次・透明な家具 喫茶茶会記深夜廟 | main | 「横濱中華街・久しぶりの硬派ジャズ喫茶 出港」(福地筆) >>
大蔵千太郎一門 路地裏通信 2015/5



終わりましたねぇ、黄金週間。あっという間でしたねぇ^^;
皆様、気合を入れて社会復帰を致しましょう!五月病になどなりませんように…

さて、陽気もすっかり良くなった5月にお届けする「路地裏de狂言」、演目は…

まずは「二人大名(ふたりだいみょう)」をご覧いただきます。
天気が良いので、連れ立って、家来も連れずハイキングに出かけた仲良しの大名二人組。
ちなみに、狂言に出てくる大名は時代劇に出てくる大名ほど偉くは無く、地元の陳情や訴訟事を片付けるために都に単身赴任している「地方公務員代表」みたいな人なので、フラッと出かけるなんて事もあるのです。ただ、実際のところ偉くないわけでもないので(ややこしくてスンマセン)、道中「幾ら何でも太刀持ちぐらいは連れていた方が良いだろう。」という話になり、偶然出会った通りがかりの男に太刀持ち役を頼んだのが運の尽き。はじめのうちは楽しく「太刀持ちごっこ」に付き合っていた男ですが次第にバカバカしくなり、預けられた太刀を振り回して大名たちをからかいはじめます。太刀を抜かれたら従うしかない大名二人。言われるままにいじり倒される二人の大名の姿がおかしい人気曲です。どういういじられ方をするかは…ま、見てのお楽しみって事で^^;

そして、普段でしたらもう一番狂言をご覧いただくところですが、今回は趣向を変えまして、以前ご覧いただいて好評だった「小舞特集」を再び。
狂言の所作を、謡と共に「舞」に集約して表現する「小舞」を解説も交えてじっくりご覧いただきます。短いものだと1分もかからない小舞もありますが、実はその中にたくさんの要素が含まれているのです。そこのところは正直、見ているだけではわからないもの。この機会に、ディープな小舞の世界に触れて頂ければ幸いです。


そして終演後はいつものように座談会へ。
もちろん今月も、春さんチョイスの美味しい日本酒をご用意しております。
お時間の許す限りご参加いただければ幸いです。


さらに、毎回ご好評いただいております、写真家・荒巻薫里氏によります狂言写真展もございます。
そちらも是非、お楽しみに。

それでは…

今月も四谷三丁目の路地裏でお待ちしております。

失礼いたしますm(_ _)m

こかG


~~~~~~~~~~~

「路地裏 de 狂言」in 茶会記 vol,47

5月14日(木)
開場 19:00
開演 19:30


出演
大藏千太郎
吉田信海
小梶直人
田熊力也


於:喫茶茶会記
新宿区大京町2-4
0333517904
http://gekkasha.modalbeats.com
料金:2500円(お飲物付)
コメント
コメントする