<< 北里義之・2015/8/4 木村 由:ひかげぼっこ[3回目] | main | 上原英里/シャンソン・アルゼンチンタンゴ の弾き語り手 2015/8月度スケジュール >>
闇夜の音楽綺譚 あやちクローデル×イーガル
【闇夜の音楽綺譚】

2015年8月7日金曜日
綜合藝術茶房 喫茶茶会記

19時open
19時30分start

3000yen【1d付き】

クルト・ヴァイル、新訳による日本語シャンソン、武満徹、林光、アストル・ピアソラなど…
1920年代からの詩と歌を、新解釈で展開します。

恒例の茶会記、
最近めきめきと新しい演目を増やしているあやちクローデル×イーガルです。
真夏の夜にお会いしましょう。




【あやちクローデル×イーガル】
渋谷青い部屋などでシャンソン中心に歌っていた歌う空間造形屋あやちクローデルと、
現代音楽作曲家でありピアニストであるイーガルが出会い、2010年2月より都内を中心にライブ活動を始める。

西麻布音楽実験室新世界でのオーガナイズイベント、大道芸、小中学校・高校など教育施設の芸術鑑賞会、仏閣でのコンサート、ディナーショー、イタリア・ドイツ・フランス公演など、路上から劇場まで音楽ジャンルや国籍・年齢の垣根を越えた活動を行っている。

2012年よりシャンソン以外の演目にも積極的に取り組み、クルト・ヴァイル、武満徹、林光等、主に1920年代からの世界中の詩と歌を独自の解釈で展開している。

あやちクローデルの力強くけれん味のあるドラマティックな歌声と風貌、イーガルの情熱的でピアニスティックな演奏によって創りだされる空間は、現代日本のキャバレーソングとして、または歌を超えた舞台芸術として、根強いファンを持っている。



2011年10月西麻布Super Deluxe 
イタリアの音楽家Gianni Gebbiaによる初の映画作品『浅草のブレヒト』公開記念イベントで演奏。

2012年4月、『仏閣コンサートツアー』の一環として和歌山県の永楽寺本堂での銀座のイタリアン『つきよみ』とのディナーショー、和歌山市の紀三井寺仏殿大観音像前広場での野外コンサートを行い好評を得る。

2012年7月、西麻布の音楽実験室新世界にてあやちクローデルデビュー10周年記念リサイタル『うたはどこでおぼえた』開催。

2013年7月、パレルモにてコンサートツアーとレコーディングを行い、現地のメディアにエキゾティックで退廃的な世界観を評価される。また1960年代にイタリアの国民的歌手パティ・プラヴォの「Bambola」を原語でレ
コーディング。

2013年9月には待望されたファーストアルバム「furuiuta」を発売。
今後の活躍が期待されるヴォーカルピアノデュオ。

D2A8B932-09E0-4E5C-9077-DE3DC3067600.JPG


C99208E5-A470-4B51-AE68-16AEE0583412.JPG

あやちクローデル



コメント
コメントする