<< ベネズエラ音楽 Café negro 通信 2015/9/20(アルピスタ・川嶋菜穂子筆) | main | 「小野文子の唄」(喫茶茶会記 店主) >>
大河原義道 文筆作品 2015/9/22 更新


「ちゃっとだけ」

君が淋しいときは睨めっこしよう

どうしても笑ってくれないのなら

くすぐりっこでも良いかな

それでも駄目なら諦めずに僕の頭の中で作戦会議

僕が少しテンパってでも君には笑っていて欲しいから

そんな優しさに巡り合えたお礼に

僕の時間をあげたんだ

チョットだけ 今を好きになりたいなら

お互い笑い合える楽しみをさがす

君がご機嫌斜めのときにも一緒にいたいのです

僕のワガママを教えたら笑ってくれた

君が淋しいときも僕の時間の説明なんて押し付けがましかったかな?




「思いやり」

でこぼこ道に見える未来に誰が登場するのだろう

誰かが道をつくる

途中でコーヒーなんか飲んでひとり笑いを楽しんじゃったりして

流れるミュージックに身体を揺らしたり

お腹が空いたら家に帰ったりして

時間が流れてゆく


パノラマ展望台から見えない家の中覗いたり

楽しそうじゃない

手の平を丸めてズームのない双眼鏡

何か楽しみが見える気がして


泣いてる娘がいれば慰めてあげたい

心の双眼鏡

僕で駄目ならぬいぐるみを贈るよ

家の中でひとり泣いている君に

ぬいぐるみを抱っこして頬を当て涙をふくんだよ

それ位しか できないけれど

晴れのパノラマ展望台で虫たちも一緒に踊っているんだ

早く笑顔になりなよ



9/22火曜16:01まで 高峰高原の展望台みたいな駐車場にて


コメント
コメントする