<< "CANTATA BEATLISH -re(in)carnation-" 終演しました (あがさ・筆) | main | 2015/12/12(sat) Ayako Ishigaki presents 「言葉と音楽」 >>
大河原義道詩集 2015/12/12更新分
 「絆」

大切に思えば思う程

瞳の奥に必ず表れる

不安な愛情は

別れたくないから

つまり一緒にいたいから

最後に相手を愛しければそれで良いなんて

嘘に決まっている

別れを意識したら

悲しくて泣くなんて

映画の中だけだと思っていたんだ

だって男だもん

顔も真っ赤に酸素する

冬のクリスマス

何度でも出会いたい

運命の人と

別れる時の泪だけが運命の人を教えてくれるなんて

瞳の奥には

もう描かれていたのかな

強い絆が  全てを物語るんだ



Yoshimichi Ohgawara

大河原義道   1971  69
 
20代前半  21-23才の間でイベント主催者として若者数万人の動員を仕掛けた人物
自分のあだ名おがちゃんからOGAナイトと言うイベントを3回主催し開催。
オガナイトとはイベントサークル チーマー  暴走族等がスタッフに名をつなれたイベントで未だに伝説である。
六本木マハラジャの金曜日  ギグの木曜日ドクトルナイトや芝浦 オーバー金&土曜日  芝浦ゴールドの金曜日 土曜日  横浜のディスコ   グラムスラム金曜日&土曜日の動員を協力。
一般営業の売上のマージン契約で日銭を稼いでいた。
当時としては珍しい100100のコンパも居酒屋ゴールドにて開催する。
その他顔パスの店舗多数あった有名人。
 
その後1999&2000&2001の3回ミスオールキャンパスと言うミスコンテストを主催する。
局アナを多数輩出したイベント。
女子大生を中心にマネージメント業務もおこなう。
TBSラジオで半年間 月曜日から金曜日までの帯で24:00-24:30まで生放送のキャンパスネット24という番組のMCを日替わりで5人のマネージメントを行った。その中にはフジテレビのアナウンサーになった戸部洋子アナもいた。
 
現在は軽井沢に在住しながら詩人となる。
作詞家としても始動し始め 作曲を大西進氏と組みCD制作中。
コメント
コメントする