<< 2015/3/9 キャッチャーはピッチャーにバッターの悪態を仮にグルーブしたサウンドで話すことができたらそれは三塁のそばにある泉の頂点から三振を奪還したスターみたいなもんさ | main | 「旦那さまはハンター!」(3月7日・なお子) >>
tactile sounds vol. 21
2016年 3月 6日 open 19:00/start 19:30 

橋爪亮督 - tenor & soprano saxophones
加藤一平 - electric guitar
坪井 洋 - drums

tactile sounds vol. 21

■会場
綜合藝術茶房 喫茶茶会記
東京都新宿区大京町2-4 1F 〒160-0015

■料金  ¥2,800(1ドリンク付き)

■ご予約・お問い合わせ
綜合藝術茶房 喫茶茶会記
tel03-3351-790415002300
sakaiki@modalbeats.com(標題をtactile sounds vol. 21としてください)

最新の情報は下記をご覧ください。


<出演者のご紹介>

加藤一平(かとう・いっぺい)

加藤一平

ギター奏者 

1982年東京生まれ。20歳のときにギターを始める。独学。都内各所のセッションで腕を磨く。23歳の時、NYに半年滞在。ジャムセッション、ライブにて腕を磨く。

帰国後、鈴木勲(b)、日野皓正(tp)、Han Bennink(ds)、中牟礼貞則(g)、不破大輔(b、ダンドリスト)、坂田明(as)、梅津和時(as、cl)、加藤崇之(g)、dj honda(DJ)、coba(accordion)、是安則克(b)、Keiko Lee (vo)、のなか悟空(ds)、川嶋哲郎(ts)、音川英二(ts)、松本健一 (sax、尺八) 、臼井康浩(g)、本田珠也(ds)、Grace Mahya(vo)、KILLER-BONG (DJ、rap、MPC)、タブゾンビ(tp)、丈青(p)、元晴(sax)、秋田”ゴールドマン”紀彰(b)、市原ひかり(tp)、大西由希子(as)、etcと共演。

現在の参加バンドは、『鈴木勲 OMA SOUND』『日野皓正 h FACTOR』『日野皓正 quintet』『渋さ知らズ』『Fuwa works (from 渋さ知らズ)』『谷保典 Tabletop Guitars』『のなか悟空 人間国宝』『のなか悟空 騒乱武士』『金剛 督 2重奏』『音川英二 KOA5』『津上研太 元太平洋』『紺野智之 SQUID SQUAD』『THE NUKAPONS』


  


 坪井 洋(つぼい・ひろし)

坪井 洋

ドラム奏者/作曲家 

大分県別府市生まれ。千葉大学入学後、モダンジャズ研究会に所属しドラムをはじめる。原 大力氏に弟子入りし、在学中より関東のレストラン・ライブハウス等でジャンルを問わずプロ活動を始める。

2007年より通信制サポート校に音楽講師として在籍し、児童相談所の勤務経験も活かし、様々な悩みを持つ生徒・家族に音楽を通して関わっていく。 

2010年、海外修行を決意し、まずカナダのトロントに渡り、地元のミュージシャンと交流を重ねる。2012年にスウェーデンのヨーテボリに渡り、Ljunskile folkhögskolaのJazz科に首席で合格し在籍。 各地のライブハウス・レストランで演奏はもちろん、ラジオで生演奏を行ったりと地元の様々なプロミュージシャンと交流する。Terje Sundby氏に師事。

2013年にTerje氏の勧めによりドイツのベルリンに渡る。様々な国籍のミュージシャンと演奏を重ね交流していく。また美術家・ダンサーなどいろいろなジャンルのアーティストと関わり、社会とアートについての考えを深めていく。

2014年、今まで培ったものを腰を据えて実践して行くために帰国し、拠点を東京に置く。 Kenneth Knundsen,Ramiro Oraciregui,Thomas Daborowskiとの日本ツアーも終え、世界と交流しながら、あらゆるボーダーレスで活動中。 

現在、レギュラーとして3人リーダー「Tre farger」、南博 「Europhobian 4」、津上研太 「元太平洋」、自己リーダー「まゆたま」、津上研太 「Q」、瑞季 「OCHOSHi」(敬称略、発足順)で活躍中。


 
コメント
コメントする