<< 「Keiko Shiga 志娥慶香 〜 from 熊本の涼風」(喫茶茶会記店主筆) | main | 2016/5/31(Tue)JAZZ LIVE 小林淑郎 TRIO >>
言葉と音楽のコンサート2016春(5月31日・なお子)
IMG_0319.JPG
今年で3回目となる、鎌倉文学館バラ祭りでの、言葉と音楽のコンサートが、5/29日曜日、晴天の中で無事に終わりました。

今回は、萩原朔太郎展を開催中の文学館とコラボして、彼の詩集「月に吠える」「青猫」から11遍の詩を読みました。

私ひとりでは、大変な内容だったので、役者仲間の吉田侑生さんに急遽ゲスト出演してもらい、朔太郎を彷彿とさせる佇まいで、数篇の彼にぴったりの詩を詠んでいただきました。

鳥の声と涼しい風を感じながら、サティやプーランク、シベリウスなどの名曲に詩をのせるのは気持ちよかったです。

冒頭とエンディングに使ったピアソラの「オブリビオン」と、「蛙の死」「遺伝」にあわせたサティの「グノシエンヌ」がお気に入り&#11088;&#65039;

萩原朔太郎の詩の奥深さを知りましたので、もっと勉強したいと思いました。また上演する機会があればいいな。



IMG_0304.JPG
右から、共演の吉田侑生さん、バイオリンの西本徳子さん、私。

他に、チェロの轟秋彦さん、ピアノの岡田阿佐美さん、サクソフォンの北沢寛さんと今回ご一緒しました。



FullSizeRender.jpg
私たちの朗読コンサートは、1日限りで終わってしまいましたが、萩原朔太郎展は7/10まで開催されていますので、ご興味のある方は、鎌倉文学館まで是非!

http://www.kamakurabungaku.com
コメント
コメントする