<< 2016/9/4 (sun)"deiv" otsuka talk session vol.2 -guest Michio Ichihara | main | 2016/9/18(sun)オキルイノルイマイル 沖至(tp) 井野信義(b) 今井和雄(g) 3500yen 1drink in 3:00pm start 2:30pm open >>
いわき公演「走れメロス」(なお子)
IMG_0764.JPG

9月11日、福島県いわき市の草野心平記念文学館で、朗読劇「走れメロス」を上演させていただきました。

西本裕行さん達と「父と暮せば」の上演で訪れて以来、4年ぶりの文学館訪問です。その時は落ち着いた小ホールを選択したのですが、
今回は背景の美しいアトリウムロビーで上演しました。(広すぎて朗読の声が拡散しすぎてしまうのが少し難点でしたが、青い空に吸い込まれていくようなチェロの音色が素敵でした)

いわき駅から車で20分。山の上にある文学館ですが、たくさんのお客さまが近隣や少し離れた町からいらしてくださいました。

朗読は、私が後半突っ走りすぎてしまったなど反省点はありますが、
お天気にも恵まれ、素晴らしい場所でこの作品を上演できて幸せです。
一期一会の宝石のような瞬間が確かに存在したような気がします。

終演後、文学館の展示をチェロの坂本弘道さんと一緒にゆっくり見学しました。
4年前に見たときよりも、深く心に染み入りました。ちょっとは成長したのかな(笑)
草野心平さんの蛙の詩、素晴らしいですね。自然と共存して生きる小さな生命にたいする愛と、独特の視点が際立っています。幼い日の記憶が呼び起こされるような懐かしさも感じました。
この春に小さな愛犬を亡くしたばかりの私には、「青イ花」という詩が胸にズグンときました。

詩の世界に浸れる資料室の光や音もすてきなので、いわきにいらした際には、ぜひ訪れてみてください。



IMG_0796.JPG
ご来場くださったお客様、どうもありがとうございました!
また、文学館の方々にはあたたかいおもてなしを受け、大変感謝しております。
またいつか是非お会いできますように。

コメント
コメントする