<< 2016/12/20(tue)光子/Unplugged 〜四谷で文学に浸る夜〜 19:30 start 2000yen 1drink in | main | 「幸福の王子」 原作 オスカーワイルド 画 西川修 動画 西川祥子 >>
「光子と総合藝術」(喫茶茶会記店主筆)
20161221

浅草のリトルシアターで主に活躍している光子を
先日、茶会記のレギュラーメンバーでもあるアルゼンチンタンゴ
の上原英里一派と観劇し、それからのご縁で先日
光子は喫茶茶会記で初演を披露された。
喫茶茶会記の演目はどちらかというとわたしの資質もあるのだが
非商業演劇的である。それ故ににコンセプト主体に偏りがちな傾向もある。
ただし湧き出るパワーの源泉はむしろ小劇場に近辺にその発露が
あるような気もしていた。
光子はたった一人でかつ音無しで演目群を長く演じきりその敬虔性を実証する。





タイトル
光子/Unplugged
〜四谷で文学に浸る夜〜

音響・照明の力を極力かりず、シンプルな舞台の上で、光子という俳優ひとりの声と身体を用いて、みなさまを文学の世界へお連れします。

演目
宮沢賢治
「ひのきとひなげし」
「よだかの星」
高村光太郎
「智恵子抄」

コメント
コメントする