<< 「Asahiko Takahara 高原朝彦」(喫茶茶会記店主筆) | main | 2017/3/11(sat) ときとき 荻野やすよし(guitar)山㟁直人(打楽器)14:30open 15:00 start 1500yen 1drink in >>
サルトルの戯曲に挑戦しています!(2017/2/4・なお子)


IMG_0408.JPG


IMG_0409.JPG

ご予約受付中です!
なんと今回は入場無料公演です。
演劇をあまりご覧になったことのない方も、この機会に是非いかがでしょうか?

2017年  2/22(水)〜26(日)
「HUIS CLOS -出口なし-」

入場無料・全席自由(予約優先制)
会場・学習院大学 南一号館3階 特設劇場
 
作・ジャン・ポール・サルトル
演出・多和田真太良
翻訳・ドラマトゥルク・西樹里
美術・吉田健嗣
制作・関根麻理恵、岡村正太郎
出演・窪田壮史、吉田直子、平澤萌花、木場光勇
主催・学習院大学大学院人文科学研究科身体表象文化学専攻
製作・戯れの会

日程・2月22日(水)17:30
                 23日(木)13:00/17:30
                 24日(金)13:00/17:30
                 25日(土)15:00 ★
                 26日(日)15:00
受付:開場1時間前  開場:開演30分前
ご予約の方から開場時に優先的にお席にご案内致します
★・・上演後にポストショートークあり

ご予約
★Facebook「戯れの会」公式ページ
★CoRich(こりっち)専用ページ
[Huis Clos ユイ=クロー出口なしー]で検索

お問い合わせ
★戯れの会
★身体表象文化学専攻事務室
tell:03-5992-1404 (日曜休)

とあるホテルの一室、ギャルソンに案内されてやって来たのは、一人の男と二人の女。
出口のない部屋で、三つ巴の会話劇がはじまる…。
2014年より始まった作品分析の研究会とリンクした上演企画「不条理な演劇祭」(2015)、J・フェドー「旦那さまはハンター!」(2016)は、2年間で約800人の観客を動員し好評を博した。本年度は、サルトルの異色の戯曲を取り上げる。
人間の普遍的なテーマを新訳を用いてより鮮明に炙り出す。

コメント
コメントする