MENU
<< 2017/3/5(sun)【河原人 KAWARABITO】〜スズキヤスコ 新黒謡公演 第二弾〜 追加公演 | main | 2017/3/11(sat)library 「物語自身のスピードで」 - kentaro ebiko presents >>
「偶(たま)さか」Margatica 喫茶茶会記店主筆
TAMASAKA PROJECT vol.5 Approach the true principle of the true art 19:30- start 1500yen+1drink order



主宰のMargaticaさんは詩の碧川さんとお越しになりお話をしている。
「プルプル」と「ブルンブルン」の違いについて深く語りあっている
その様子から私は最も質の高いリハーサルをしているのだと考える。
時間軸に即したフォルムの同期をとるための話では全然なく
感触的な話から根源的ともいえる神話的な話まで遡る。
そのギリギリの水位で朧気ながら一定の価値概念を共感を意図することも重要になる、
ただし後者は今日(こんにち)おろそかにされがちである。
それを覆すようなたわいない会話に私は響く。
Margaさんはそういえば小林秀雄を若い頃から読んでいる方でもあった。



コメント
コメントする