<< 2017/5/16(tue)-22(mon) CHIFIRO MUSIC × 5 - chihiro yamaga exhibition | main | 「ロマンの共有」喫茶茶会記店主筆 >>
2017/5/17(wed)「In The Zone vol.2」米澤 一平 tapdancer × Aokid blue dancer open 19:00 start 19:45 ¥1,000 1drink付 投げ銭
「In The Zone vol.2」

米澤 一平tapdancer × Aokid blue dancer

open 19:00 start 19:45

¥1,000 1drink付 投げ銭

at 綜合藝術茶房喫茶茶会記
〒160-0015 東京都 新宿区大京町2-4 サウンドビル1F

(丸ノ内線 四谷三丁目駅から徒歩3分)




" 観客に向けた表現でない。

じぶん自身に、集中するじかん。

聴こえない音に、まだ誰のものでもない身体に、いまの空気に、感覚をぐっと、傾ける。

じぶんの知らない感情が、こぼれていく。

この場に居るヒトたちとのあいだで、生まれる新たなコトバで、この刹那的な対話ヲ、いますごく楽しむ。

みんなで、いまこの瞬間を、共有しよう。"

米澤一平



【 米澤 一平:タップダンサー 】

1989年東京生まれ。TAPDANCER。熊谷和徳主宰Kaz Tap Companyのメンバーとしてタップダンスの文化や音楽性を学び、活動。またTAPDANCE自体のアート性、表現性に無限の可能性を感じ、2014年より自身の感覚を合わせた独自の表現を追究する企画を立ち上げ様々なアーティストとのコラボレーション作品の発表やセッションを行う。



【 Aokid:blue dance 】

1988年東京生まれ。東京造形大学映画専攻卒業。aokid city、どうぶつえん主宰。

そういえばこないだベルリンに行ってきて、壁が崩壊したのは89年。今は2017年。

9年前訪れた時とはだいぶ変わっていたと思う。前の時の方が廃れていて建設中という雰囲気が強かった。

僕は14歳の頃の終わりにブレイクダンスを始め、20歳の頃にその第一線から外れた。それは他の部分をやりたい欲求に強く駆られてのことだった。

その頃にコンテンポラリーダンスもアートも見るように並行してなっていった。ソロの作品を作ったり、カンパニーの作品にも参加し、誰かとの共同作品も作ってきた。今、東京で面白いのはどの部分だろう。お互いのジャンルを脅かしていくような柔軟な思考と身体が、ファンタジスタのように、ゾンビ化する街に光をもたらすんじゃないかと、夢を見ている。それが街の血となり、身体を巡回し、活発なものとなっていけ!

一平くんの始めた数々の小さな試みが、少しづつ街を変えていくんじゃいかと思っているのは僕だけだろうか? いや、たぶん気づかれているはずで、僕も何かせずにはいられないんだ!

iamaokid.tumblr.com

youtube"aokid"
コメント
コメントする