<< 上原英里/シャンソン・アルゼンチンタンゴ の弾き語り手 2017/7月度スケジュール | main | 信州へ〜無言館見学(なお子) >>
2017/7/7(fri)うたのとぐち 其の十一 19:00 open 19:30 start 2500yen 1 drink in 柴草玲with 多田葉子、山村暮鳥のうた(大野慎矢、管原雄大、宮坂洋生)




茶会記 奇数月第一金曜日開催
山村暮鳥のうた主宰

【うたのとぐち 其の十一】
7月7日金曜日

開場 19時 開演 19時半

木戸銭 2500円(1ドリンク付き)

<出演>

◆柴草玲 with 多田葉子
 歌、ピアノ、アコーディオン
 サックス、クラリネット、鍵盤ハーモニカ

◆山村暮鳥のうた
 歌、ピアノ:大野慎矢
 チェロ:菅原雄大
 コントラバス:宮坂洋生

================

◆柴草 玲(しばくさ れい)
作詞作曲、歌、鍵盤演奏。
1992年、女性だけによるサルサバンド「チカブーン」にキーボーディストとして参加。
1995年脱退後、しばらくはさまざまなシンガーのツアーサポートや楽曲提供などを生業としていたが
、 1999年頃突然歌い出し、今に至る。
最新作はCD+DVD二枚組『さげまんのタンゴ』。こども番組への提供曲も多数。


◆多田 葉子(ただ ようこ)

梅津和時率いるベツニ・ナンモ・クレズマーでデビュー以後、主にこまっちゃクレズマのメンバーとして活動し、現在に至る。
自身では即興ユニットのOKIDOKI、管楽器アンサンブルのプチだおんなど。ホーンセクションとしても石橋凌、三宅伸治、中村耕一などの
バック及び録音にも参加している。ほか参加バンドに、梅津和時ちびブラス、うたものシスターズ、アコアコサックス、
清水一登の先カンブリア・クラリネット四重奏団、Katsura Mazurka、Cosmopolitan Cowboys、トラペ座など。 その他、ダンスやパフォーマンスとの共演、歌ものサポートなど、ライブ演奏を主に音楽表現の場を広げている。
◆山村暮鳥のうた

大正時代を貧困と宿痾の中で疾走した詩人・山村暮鳥(やまむらぼちょう/1884−1924)の詩、童謡作品に曲をつけ歌う、大野慎矢のプロジェクト。
2005年よりライブ活動を始め、現在は主に四谷三丁目・喫茶茶会記にて奇数月第一金曜日に主宰する歌のイベント【うたのとぐち】を活動の中心としている。
2015年、ライブ映像DVD「映像集」(制作:和久井幸一)を発表。
編成は、主に大野によるピアノの弾き語りに、チェロ、コントラバス、アコーディオン、マンドリンなどが加わる。 山村暮鳥の、時代ごとに変遷する詩風と反対に、一貫して流れる自然への深い観入、人間存在への終わりなき問いかけ。そこから生まれ出た深い詩表現に歌、音を通して遊ぶことができたらと思っています。



コメント
コメントする