<< tactile sounds vol. 30 | main |
2018/5/27(sun)Mono?drama 魔物 -MAMONO- ■ 出演 米澤一平 蔵田みどり ■ 演出・脚本 米澤一平 ■ 音楽 蔵田みどり ■ テクニカルスタッフ 市松 (砂と水玉) ■ 写真 m.yoshihisa ■ チラシデザイン yamasin(g)




【タイトル】
Mono?drama 魔物 -MAMONO-

【日にち】
2018年5月27日(日曜)

【会場】
綜合藝術茶房喫茶茶会記
〒160-0015 東京都 新宿区大京町2-4 サウンドビル1F
(丸ノ内線 四谷三丁目駅から徒歩3分)
http://gekkasha.modalbeats.com/

【開演】
・マチネ15:00
・ソワレ19:30
(開場は、開演30分前より)

【料金】
予約 2500円(1drink付)
当日 3000円(1drink付)

【予約】
ichi.yone.tap@gmail.com
マチネorソワレ、お名前、枚数

■ テキスト
精神医学・思想学・哲学・芸術等、様々な分野に多大な影響を与えたジークムントフロイトの複雑な精神分析や哲学をインスピレーションに、声楽家蔵田みどりとタップダンサー米澤一平が演じる、異色の現代創作モノ?ドラマシリーズ第1弾『魔物』。

■ 出演
米澤一平
蔵田みどり
■ 演出・脚本
米澤一平
■ 音楽
蔵田みどり
■ テクニカルスタッフ
市松 (砂と水玉)
■ 写真
m.yoshihisa
■ チラシデザイン
yamasin(g)

【プロフィール】

米澤 一平
タップダンサー 熊谷和徳にタップダンスを師事。Kaz Tap Companyに所属。東京を拠点に、アメリカ、フランス、台湾、インドネシアなど国内外で活動を展開。タップダンスの根源的なルーツをアフリカ、黒人の音楽であると捉えその文化伝統をリスペクトしながらも、現代としてのタップダンスの新しいアートへの可能性の追究として、音楽、ダンス、美術、演劇、大道芸、映像、メディアート等広く業界やアーティストと関わりながらタップダンサーとしては異例な程様々なコラボレーションによる共同作品発表、即興パフォーマンス等クリエイティブな活動をする。

蔵田 みどり
声楽家/歌 唄 声 Soprano 京都市立芸術大学声楽科卒業後、チューリッヒ音楽大学留学。歌曲デュオでの活動や様々なミュージシャン、アーティスト、ダンサーとのパフォーマンス、オリジナル曲ライブ、即興演奏も数多く、奏狂言のソロヴォーカルとしての活動等幅広く活動する他、映像作品へも歌として多く参加。平林勇監督『BABIN』(ロカルノ国際映画祭ノミネート作品),『663114』(ベルリン国際映画祭ノミネート作品)『SOLITON』(ベルリン国際映画祭ノミネート作品)はじめ、林海象監督 永瀬正敏主演 『彌勒 MIROKU』では、生演奏上映〈Film Orchestra〉ver.においてVocalを務めた。Facebook.com/kuratamidori
コメント
コメントする