<< 益子博之×多田雅範=四谷音盤茶会 vol. 31 | main | イベントスケジュール・レギュラー一覧 >>
「助成金等について」喫茶茶会記店主筆
20180904

懇意にさせてもらっているカフェのマスターからきいた楽しい話である。
山奥でアクティビスト系の一派が数日間かイベントをやっていて
そこに通りかかった樵(きこり)風の男をイベントに誘い
多いに盛り上がった。ある日礼節のあるその一派に樵風の男は
自分が山の主であることを語り、山の一部譲渡したという。

国とか助成金とかそのような「関係者」が存在しないアジール的領域での実践は
表現の強度の減退を抑止する。

とてつもない感動というものは表現のみならず、一連の所作も含まれる。
それが大きな力になるのだが稀なよい例なのかもしれない。

コメント
コメントする