<< 「2018/10/13ヘルベルト・ブロムシュテット」喫茶茶会記店主筆 | main | 2018/11/12(mon)朗読と語りのライブ 光子/アンプラグド 〜四谷で文学に浸る夜〜第11夜 >>
身体事・喜多尾浩代より 〜 御報告: 『そこふく風』~こぼれるひかり編~


綜合藝術茶房 喫茶茶会記における「身体事」企画は、2014年 2月から、輪郭が曖昧なモノゴトと向き合う… 音 (オト) と 身体 (カラダ) のコラボレーション・シリーズ『そこふく風』として スタートしました。そして、今年 2018年 は、『そこふく風』~番外編~ として、無音によるソロでの「身体事」に 取り組んでいます。また、2014年 から、年に1度のペースで『そこふく風』~特別編~ を 初夏に用意し、夜の気配が残る「朝の茶会記」という 特別な時間と空間で、「身体事」を味わって頂いています。
まずは感じてみるコトから… そして、ゆっくりと 光の観察をしたり、色んな感覚の中に浸ったり、少し姿勢を変えてみたり、感覚して移ったり、身体で見つめたり、気配を感じたり、カラダのある空間を眺めてみたり、離れたり… と、心むくままに居場所を選んで『そこふく風』に 出会っていくコトで、貴重な時間となり、その後の時間へと繋がって行くようです。
このように、喫茶茶会記での『そこふく風』~特別編~ では、観る人が自由に場を移動しながら、または 定点でじっくりと...「身体事」を味わう『感覚する時間』を提案してきました。そして、この秋
2018年10月21日(日)に、『そこふく風』は、茶会記 店主の 福地さんが見守る中で、茶会記から 屋外に滑り出て、路地を渡る風となり、木場にある EARTH+GALLERYへと流れ込みました。

『そこふく風』~こぼれるひかり編~ @ EARTH+GALLERY は、場を設定してのパフォーマンス時間 (朝、昼、夕、晩) と 散策的時間 と 自由な寛ぎ時間 を交互に組む形式での 1日まるまる「身体事」として、様々な発見と感覚が拡がる時間になりました。
参加してくださった皆様、ご協力いただきました皆様に、心から感謝しております。
どうも、ありがとうございました。

詳細は、こちらをご覧くださいませ。
https://www.facebook.com/events/232599574098149/



flier photo : kenji hashimoto
コメント
コメントする