<< 2019/7/8(mon)光子/アンプラグド 第15夜 〜四谷で文学に浸る夜〜 19時開場 19時30分開演 浸り料…2000円(1ドリンク付き) 演目 エドガー・アラン・ポー 『黒猫』 江戸川乱歩 『踊る一寸法師』 『人でなしの恋』 | main | 2019/7/12(fri) 深夜(土曜朝) 26:00〜28:00 喫茶茶会記 深夜廟 地下水脈をさぐる振り子のように茶会記の夜に漂う 気配を掬い取る一人即興演奏会「真夜中の振り子」第20回 吉本裕美子 (guitar) ソロ 料金 2,000円 (1ドリンク付き) >>
photo by Ryuji Atsumi "deep and sweet 甘やかな恋" ピアノ 伊藤志宏 花生け 加藤ひろえ 2019.7.5 四谷 総合芸術茶房喫茶茶会記
今回の美しさの根幹は
ひろえさんと志宏さんの連綿とした融和にある。
シナスタジア(共感覚)的に捉えると
私の親戚もいる加賀の友禅流しを喚起する。
美しく推移する生地。
音のアクセントは光漂う波模様の中で展開されていた。

立体藝術のひろえさんの作品は力強い側面もある。
ただ、実演中では静的に展開させていくひろえさん
その経緯に真摯に寄り添う、見た目ワイルドな志宏さんのダンディズム。
音の展開性に重視させない、作品愛の中に溶け込む姿勢がある。
そのようなことをRyuji Atsumiさんの写真でさらに感得できる。

カウンターでは粋な風合いな二人。記憶に残る本会だった。

店主



店主





























-RICOH IMAGING COMPANY, LTD. PENTAX KP -






コメント
コメントする