<< 2019/7/23(tue)dux ゲスト:奈良ゆみ ヴァイオリン、尺八:亀井庸州 ピアノ:松岡杏奈 パーカッション:小野雅司  ヴァイオリン:迫田圭 チェロ:川上統 チェロ:北嶋愛李 OPEN 19:00 START 19:30〜 ¥3000(1drink in) | main | 上原英里/シャンソン・アルゼンチンタンゴ の弾き語り手 2019/7月度スケジュール >>
「コンピューティング・旧態依然の進化」喫茶茶会記店主筆
20190724

巷では華々しくAIの時代だとかという報道がなされているが
それは集積回路の精細化と高速化の進化によって
疑似的にAI風に演出させているだけであって真の人工知能ではない。
私的には巷のAI報道を信用してはいない。
とはいえ悪のお金持ちがプログラミングで生態センサーを駆使して
何千のドローンに毒を入れて毒ガスを噴霧するテロが可能な時代だ。
そのような恐怖に備える必要がある。
それはAIっぽいがAIではない。
AIとは自発的に考えるコンピュータのことであり
人間がせっせとデータベースや毒の補充を面倒をみることではない。
戦後フォン・ノイマンがコンピューティングの基礎を確立した。
それからノイマン型が現在に渡り君臨している。
ノイマンの偉業を凌駕した時点でそれは人口知能といえるだろうけども
まったくそこには至っていない。
おそらく後50年以上かかることだろう。
集積技術や高速化の進化は更にすすむことだろうが
ただ私には旧態以前の進化にしかみえない


photo by Akihiko Matsui
コメント
コメントする