<< 2019/7/29(mon)新井麻木g/effect ゲスト 池田陽子ヴィオラ open 19:00 start 19:30 2000yen 1drink in | main | 2019/7/31(wed)米澤一平×茉莉花「いちじくの木の下にvol.2 時間 19:30start/19:00open 料金 ¥1,000 1drink付 投げ銭/ Ygal & Ippei Yonezawa plays 「studies+」 □出演 Ygal / piano ippei yonezawa / tapdance □時間 22:30start/22:15open □料金 ¥1,000 1drink付 投げ銭 >>
「実体に近づくシナスタジアの一例〜音のポートフォリオ from Audiosharing.com/blog 」喫茶茶会記筆
20190731

月一度開催しているAudiosharing主宰宮崎氏の文章
オーディオ的アプローチから藝術の根幹に迫る。
----------------------------------------------------------

http://audiosharing.com/blog/?p=29543

「音による自画像」(その8)
マリア・カラスによる「清らかな女神よ」(Casta Diva, カスタ・ディーヴァ)が、
マリア・カラスの自画像そのものだ、ということにはっきりと気づいたのには、
ひとつのきっかけがある。

5月のaudio wednesdayで、“Over The Rainbow”を聴いた。
ジュディ・ガーランドの“Over The Rainbow”を筆頭に、いくつかの“Over The Rainbow”を聴いた。

“JUDY AT CARNEGIE HALL”での、“Over The Rainbow”は見事だった。
この晩、何度かけたことか。
最初にかけた。
それからアンプがあたたまってきた、といって、またかけた。

音が良くなってきたな、と感じたら、かけた。
最後に、またかけた。

いくつか聴いた“Over The Rainbow”のなかに、手嶌葵が歌う“Over The Rainbow”もあった。
手嶌葵の“Over The Rainbow”を聴いて、
“JUDY AT CARNEGIE HALL”でのジュディ・ガーランドによる“Over The Rainbow”のすごみを、
いっそう感じた。

手嶌葵のCDを持ってきたHさんは、これかける、やめましょう、といわれていたのを、
少々無理矢理かけた。

Hさんが、やめましょう、といった理由も、聴けばわかる。

表現という、表現力という。
これらのことばは、安易に使われがちのようにも感じることが多くなった。

手嶌葵の“Over The Rainbow”は、
手嶌葵なりの表現である──、
手嶌葵のファンからそういわれれば、そうですね、というしかないが、
それでは手嶌葵なりの表現とは何ですか──、
もしそんなふうにいってくる人がいたら、そう聞き返したくなる。

その晩は、ジュディ・ガーランドのカーネギーホールでの“Over The Rainbow”に圧倒された。
圧倒されたから、その時には気づかなかったが、
ここでの“Over The Rainbow”も、ジュディ・ガーランドの自画像そのものである。



コメント
コメントする