<< genkan photo - by ippei yonezawa- | main | 「プルースト・「失われた時を求めて」オマージュとシナスタジア」喫茶茶会記店主筆 >>
2019/9/9(mon)光子/アンプラグド 第16夜 〜四谷で文学に浸る夜〜 19時開場 19時30分開演 浸り料…2000円(1ドリンク付き)
9月9日(月)
19時開場 19時30分開演

光子/アンプラグド 第16夜
〜四谷で文学に浸る夜〜

音響や照明を使わず、光子という俳優ひとりの声と身体を用いて、みなさまを文学の世界へご案内いたします

茶会記のアンティークで情緒ある空間の中で、美味しいお酒や珈琲を楽しみながら、ゆったりとした時間を味わいつつ、私とみなさまの想像力が、文学作品を通じて溶け合うような素敵な夜をお届けいたします…

…と、普段は文学作品の朗読をやっているのですが、今回は久しぶりに一人芝居をお届けします!

演目
一人芝居
『「男」と「女」』

「男」と「女」…それぞれの視点からみた、一つの「恋」、一つの「事件」…

さらに!新進気鋭の水墨画家・笠原嗣空さんが、この芝居のために絵を描いてくださいます!!
笠原嗣空さんの作品の展示も茶会記にて同時期に行われますので、ぜひぜひ遊びにいらしてください♪

浸り料…2000円(1ドリンク付き)

笠原嗣空プロフィール
近年、絹に描く水墨画家が減少する中、その技法の保存と可能性に期待し絹本での作品を主に描き、墨と余白の美の現代的意義を様々な世代に広めようと活動している。受賞多数。

光子プロフィール
東京乾電池、ニナガワスタジオ等で演技を学び、数々の舞台や映画に出演
朗読ライブ『光子/アンプラグド』では過去に、宮沢賢治、太宰治、高村光太郎、江戸川乱歩、川端康成、菊池寛、坂口安吾、梶井基次郎、夏目漱石、芥川龍之介、小川未明、新美南吉、与謝野晶子、等の作品を上演




コメント
コメントする