<< 「プルースト・「失われた時を求めて」オマージュとシナスタジア」喫茶茶会記店主筆 | main | 2019/9/14(sat)シンエンズフ vol.23 公開 22:30〜5:00 1000yen 1drink in >>
「ステレオプレスの原初的妙味 something for both ears! $2.98」喫茶茶会記店主筆
20190910

DJイベントで久しぶりに私も参画するので店の納戸でいろいろ探していたら
よせばいいのにこのようなアルバムを見つけてしまう。
昨今はあたりまえのようにステレオにミックスダウンすることが常態化していて
なんの新鮮味も感じない。
なのでむしろ録音も出力もモノラルで統一した方がとも思ってしまうこともある。

下記のアルバムはワールドパシフィックの1958ステレオ・デモンストレーション盤。
ステレオ黎明期のワクワク感がでていて清々しい。






コメント
コメントする