<< 上原英里/シャンソン・アルゼンチンタンゴ の弾き語り手 2019/9月度スケジュール | main | 上原英里/シャンソン・アルゼンチンタンゴ の弾き語り手 月刊三丁目新聞100号 >>
美の次世代への根幹へ〜立体性の進化〜 『La música de las estrellas 〜アルゼンチン音楽を奏でる夕べ〜』 出演:山田あずさ(Vibraphone) 清水悠(Guitar) 大藏彌太郎 × 鉄芸 「狂言長光」(喫茶茶会記店主筆)
20190926

火曜日、水曜日と2日間で私があまり予想をしていない会があり心地よい狼狽感を喫している。 山田あずさは茶会記の要諦ともいえるマリンバアーティスト。清水悠氏はアルゼンチンギター・フォルクローレの常道の方。
二人の初演が行われた。当日はヴィブラフォンであり太いギター音との音のバランスが溶け込むようにマッチしていた。 空間を知り尽くしている山田あずさなので音の強弱は無論コントロールしているだろう。生音のディレクティブな感動を当初より確立させた。
大藏彌太郎の「笑い伝承」。ゲストは最強の美術日本刀集団の鉄芸である。鉄芸リーダー藤代氏は茶会記が開店まもないひもじい時からのお客であり仲間でもある。大蔵家次期宗家の大藏彌太郎とのガチンコ勝負であり、本物の長光を擁した鉄芸はフルスタッフ8名でありそれだけでも感動を覚える。怒涛のお客様の数には大藏家のお弟子さんに助けられた。 両陣営共に新鮮な出来事である。
ただ一番喜んでいるのは悠久の時を旅している長光の刃文だろう。



コメント
コメントする