<< Photo by Yukio Uemura "2019/11/12 市松×安岡あこ×米澤一平 session" | main | 2020/1/4(sat)顕微鏡の会 13:00-17:00 2000yen 1drink in フード付き (奇数月第一土曜日開催) >>
2020/1/11(sat) Ko Ishikawa / Naoto Yamagishi /Andre Van Rensburg 18:30 開場 / 19:00 開演 ○料金 予約¥2,500 / 当日¥3,000


○日時
2020/1/11(土)
18:30 開場 / 19:00 開演

○料金
予約¥2,500 / 当日¥3,000

○予約
korewa@gmail.com

○出演者プロフィール:

石川 高(いしかわ こう)(笙)

1990年より笙の演奏活動をはじめ、国内、世界中の音楽祭に出演。雅楽団体「伶楽舎(れいがくしゃ)」に所属し、雅楽古典曲や現代作品を数多く演奏してきた。笙の独奏者としても、様々な音楽家、作曲家と共に活動し、即興演奏も行う。催馬楽など雅楽の歌唱でも高い評価を受けている。和光大学、学習院大学、沖縄県立芸術大学、九州大学にて講義を行い、朝日カルチャーセンター新宿にて「古代歌謡」講座を担当。2019年には、Onassis cultural centre Athens IMPROV 2; Giorgos Varoutas, Nikos Sidirokastritis and Ko Ishikawa (Athens), Thin Edge New Music Collective presents; ONGAKU (Toronto)に出演した

山㟁直人 (パーカッション)

ドラム、打楽器奏者。音楽以前の音楽を探求し、自然や日常からの音や流れから生じる“リズム・響き・間”を大きなうねりにのせ、あらゆる空間を音と共に旅をする。
1 3才の頃からドラムを始める。ドラムを阿部拓也氏に師事。国内外、ジャンルを問わず様々なアーティスト(ミュージシャン、ダンサー、詩人、写真家、書道家、華道家、画家、メディアアーティストなど)と共演し、現在はソロやグループ、またサポートドラマーとしてヨーロッパや日本で活動中。
主なグループやプロジェクトに松樹千年翠(書道家白石雪妃、華道家塚越応駿、琵琶奏者藤高理恵子とのプロジェクト)、En Route (画家上田暁子とのプロジェクト)、usva (Lauri Hyvärinen / Finland, Jone Takamäki / Finlandとのトリオ)など他にも多数。http://www.naotoyamagishi.com/

André van Rensburg (尺八)

アンドレ・ヴァン・レンズバーグは南アフリカ共和国出身の演奏家、作曲家、演出家。
様々なアバンギャルド作品を手がける多作の作家である。
90年代に南アフリカで音楽活動を始め、以来ヨーロッパ各地、台湾、日本、ニューヨークにてパフォーマンスやレコーディング、サウンドインスタレーションを行っており、実験的演劇・ダンス及び映像を数多く手掛けてきた。 南アフリカにおける実験的ダンス・音楽界へ貢献で知られ、彼個人のスタイルは不協和音、予想不可能な構造を駆使した伝統美の追求に特徴づけられる。
古い微分音楽への趣があり、そういう意味では古来より日本・欧州を問わず研究対象とされてきた尺八との出会いは必然だったかもしれない。
これまでにソロ、またはグループとして15枚のアルバムを発表。
2016年より東京に拠点を移し、舞踏家やコンテンポラリーダンサー及び即興演奏家との創作活動に注力している。
http://www.andrevanrensburg.org
コメント
コメントする