<< 「2019ジャズ喫茶での深い印象〜下北ジャズパースペクティブ」喫茶茶会記店主筆 | main | 2019/12/23(mon)早瀬マミ× SERENDiPiTY 『心温まるお話と音楽』【1st stage】19:30〜 【2nd stage】21:30〜 入場料:3000円+1drink order >>
2019/12/20.21.22日(fri.sat.sun) 3days 茶会記PLAY-ACT vol.9 「茶会記PLAY-ACT」は、上田晃之が主催する舞台芸術のオムニバス上演企画です。ここでは、演劇、ダンス、映画、音楽、文学などをボーダーレスに舞台芸術として上演します。第9回目の今回は、7作品を上演します


茶会記PLAY-ACT vol.9

「茶会記PLAY-ACT」は、上田晃之が主催する舞台芸術のオムニバス上演企画です。ここでは、演劇、ダンス、映画、音楽、文学などをボーダーレスに舞台芸術として上演します。第9回目の今回は、7作品を上演します。

2019年12月20.21.22日(金.土.日)
3日間、7回公演

◾️参加作品 A=みるみられるA  約40分
B=みるみられるB  約40分
C=立本夏山 ひとり芝居「ゲーテ」約30分
D=立本夏山 ひとり芝居「マヤコフスキー」約30分
E=木嶋美香作品 約20分
F=木下亮作品 約20分
G=Edgeofthecity作品 約25分

●A/B みるみられる

作演出:上田晃之
出演者:旛山月穂、太田翔子、小泉実樹、大間知賢哉、吉乃蕾、大谷莉々、神田智史、YASUCHIKA

  「みるみられる」は2019年にスタートした上田晃之が企画運営する舞台芸術のプロジェクトです。
この度は、8人の出演者と作った2作品を発表します。
●C/D 立本夏山 ひとり芝居 12ヶ月連続公演「Twelve」より

C/ゲーテ「若きウェルテルの悩み」

D/マヤコフスキー「私自身」
出演:立本夏山
演出:上田晃之
衣裳:富永美夏
Stage Editor:伊原雨草
制作:市川喜愛瑠
映像:Tsuguko
主催:Kazan office. https://kazan-office.jimdo.com/

●E 木嶋美香作品

「余韻」

作演出:木嶋美香
出演者:丹澤美緒、久世直樹

言いたいことなんかない、と言いながらほぼ言いたいことを全部言う事ってよくありますし、意味なんかない、と言っておきながら意味を語ってしまう事があります。


●F 木下亮作品 

短編映画

監督:木下亮


●G Edgeofthecity作品

映像作品
+パフォーマンス

Director:Tadashi Shimada
Cinematographer:Yuki Kawase

都会の片隅に生きる一人の男、一つのからだ。

アーカイブ
vimeo.com/eotc
https://www.youtube.com/channel/UCKZDBWVCRdBuvoGW-B2Avfw


◾️プログラム
1プログラムのなかで、3作品のオムニバス上演します。

12/20金 17:00 A E G
12/20金 20:00 B D F

12/21土 13:00 A C E
12/21土 17:00 B D E
12/21土 20:00 A F G

12/22日 13:00 B C E
12/22日 17:00 A B D E F G

※上演時間は、途中休憩を含めて約120分を予定
※受付開始は開演の30 分前から。
※開場は開演の15分前から。
※最終日のラストの回は、6作品を上演(途中休憩を含めて約190分を予定)

◾️チケット料金(ワンドリンク付)
一般予約 3000円
学生予約 2000円
リピート予約 2000円
当日券 +500円

◾️チケット予約
https://www.quartet-online.net/ticket/playact9
◾️会場
四谷三丁目 喫茶茶会記
新宿区大京町2-4 サウンドビル1F

宣伝美術:Tsuguko
制作補助:諌山あさみ
主催:上田晃之
協力:喫茶茶会記
コメント
コメントする