<< 「 -As a japanese- 2019/12/31 "いろ" から 2020/1/1 日本の妙な音楽」喫茶茶会記店主筆 | main | 「20180921 第二映像企画による書家・白石雪妃と茶会記店主」喫茶茶会記店主筆 >>
2020/1/5(sun)吉本裕美子 meets 木村由「真砂ノ触角 ―其ノ拾七―」 open 19:30 start 20:00 2000yen 1drink in


2020年1月5日(日)
8:00pm 開演

料金 2,000円 (1ドリンク付き)


問い合わせ
メール yumiko.yoshimoto@gmail.com
電話 03-3303-7256 (木村)

プロフィール

木村由 / KIMURA Yu (dance)
幼少の頃、団地の集会場でモダンダンスと会い、踊りの世界に足を踏み入れて以来、踊りと共に過ごしている。中條富美子に約20年モダンダンスを師事。NYで活躍しているエイコ&コマに影響を受ける。1992年神奈川県現代舞踊協会奨励賞受賞。数々のモダンダンス作品に出演する傍ら、自らの踊りを求め作品を作り始める。「ダンスパフォーマンス蟲」主宰。ちゃぶ台の上で踊る「ちゃぶ台ダンス」を毎年「夏至」と「冬至」に行っている。美術家や音楽家とのコラボレーションも多数展開。即興ダンサーとして、その場の空間を見出す試みに夢中。
http://mushi.info/

吉本裕美子 / YOSHIMOTO Yumiko (guitar, daxophone)
ロックバンドの活動を経て、2006年より越後妻有アートトリエンナーレのヒグマ春夫パフォーマンスへの参加をきっかけにエレクトリック・ギターの即興演奏を開始。Water Tower Art Fest 2016(ブルガリア)他、国内外で演奏。ダンスや映像、朗読など他ジャンルとの共演も多い。『白昼夢』(山田勇男/8ミリ/2008年)他の実験映画に音楽を提供。リトアニアのミュージシャンとのトリオによるCD「Yoshimoto/Griciute/Mikalkenas」(Sculdubuldu/2016年)、狩俣道夫とのデュオCD「bugs cry what」(jigen-020/2019年)リリース。ホイミ、冬虫夏草などのバンドに参加。 https://yoshimotoyumiko.blogspot.com/

毎年1月と8月に開催している木村由さんとのデュオ・シリーズ「真砂ノ触角」、9年目に突入しました。この企画は常に新しい挑戦を盛り込み、回を重ねても毎回その場で出会うような改まった気持ちで取り組んでいます。今回はダクソフォンの演奏に関してこれまでやっていないことを試してみようと考えています。


コメント
コメントする