MENU
<< 2020/2/10(mon)「第20回サイレント映画の夜」18:30開場/19:00開演 料金:1800円(ワンドリンクつき)出演:山内菜々子(活動写真弁士)上屋安由美(ピアノ) “阪東妻三郎特集!”『雄呂血』(1925年二川文太郎監督)『小雀峠』(1923年沼田紅緑監督) | main | 2020/2/12(wed)「In The Zone vol.55」 『日々のくらしのしたたるる』 米澤 一平 tapdancer × 中村 理 dancer open 19:15 start 19:45 ¥1,000 1drink付 投げ銭 >>
「DAC - Meridian 218運用状況 2020/2」喫茶茶会記店主筆
20200212



Audiosharingの力でMeridian 218は下記の状況で運営されている
自分の私見にすぎないが特性もコメントした

1.Mcintosh MCD350単体 (SACD,CDは録音機材がハイレゾでないもの)
2.Mcintosh MCD350-Meridian218同軸接続 (MQAディスク、CDは録音機材がハイレゾのもの〜アップサンプリング恩恵)
※FLACデータ(MQA含)をCD-Rに落として聴くのも可能
3.PC(foobar2000)DDC(USB-OPT)Meridian218光接続(PCM-FLAC、MQA-FLAC)
4.iphone-lightning USBカメラアダプタ-DDC(USB-OPT)-Meridian218

※筆者はMinixやPenpointOS等オペレーティングシステムに関わっていたことが
ありパソコンベースの音源展開に照れがある。
Meridian218の光接続ではサンプリングレートが96Khzまでなので同軸に手動で切り替える必要があるが
運営上DDCを経由する場合は光のままにしている。無論Audiosharing例会の場合は同軸にしている
デジタルロジックはブラックボックスな点が多い。故に96Khzに纏められても音に工夫がなされていることも
期待している。
Audiosharing例会が恰好良いのはボリューム調整をMcintosh MA7900ではなく
Meridian218をwifiでコントロールするIPcontrolで調整していることにある。
筆者は別部屋にいるのだがwifiで同じく繋がっているので設定状況と変遷。音圧レベルやサンプリングレートのモニタリングが可能になる。
ビットレートはモニタリングしない
画像は動画再生時に画像と音の同期を合わせるもの
Lipsyncとは粋な呼称
茶会記では218を経由させずに再生する。


コメント
コメントする