<< 2020/4/3(fri)「塩原庭村の邦楽サロン」 open 18:00 start 18:30 2500yen 1drink in | main | 2020/4/5(sun) タカスギケイ×吉島智仁 19:00オープン 19:30スタート 2000円+order >>
#私の親愛なる知人友人たちへ向けての小さなテロ
20200405 from Hikki

2016/07/30
【これからのジャズ喫茶を考えるシンポジウム】
処、四谷 いーぐる
#photobybozzo
私が四谷三丁目にある喫茶茶会記というお店に勤め始めたのは2014年の初め。
そこが “ジャズ喫茶” と呼ばれる日本独自の文化を育む一つの店である。という事を実感させられた大きな出来事は2016年の夏に開催されたこのシンポジウムの日でした。
東京の四谷という土地で、昔から変わらずジャズ喫茶を営んでいる大先輩、後藤さんの大きな懐をお借りして。
若き、これからの “ジャズ喫茶” を創る多様な個性のある店々の店主が集まり、それぞれの想いを話し合う場。
凄まじい熱量と来場客の多さに、この会を開催する意義と言うものが、既に、何を言おうとも、この場所に確かに在ったと実感して居ります。
その場には登壇者以外にも、お客様として多くのジャズや喫茶やそれこそジャズ喫茶を営んでいる方々、その文化を愛している様々な方々がお越しになって居りました。
忘れ難い光景です。
ーーーーーーーーーーーーー
これは私個人的な思い出のひとつになりますが、このシンポジウムをいーぐるさんで開催する数日前(?)ほどに、茶会記店主の福地と私二人が茶会記カウンターに立ち、店を営んでいる最中にいーぐる店主の後藤さんが茶会記へ来て下さいました。(※後藤さんと店主福地は言うなれば遠い親戚のようでいて、言うなれば目の上のタンコブ的な情関係にあると私は見ております、拝)
そこで私は後藤さんと初めて交わり、若い時分の小娘の私に後藤さんが話してくれた事はずっと私の心の中心に残っております。
『背伸びをして、誇り高く生き、それに疲れたらまた少し休み、休んだらまた背伸びをして生きればいい』
ーーーーーーーーーーーーー
それぞれの店は一貫して同じ方向を向いてはおりません。
それぞれの店主たちがその文化に対して思う価値観も全く同じではありませんでした。
それは全く当たり前の事でありました。
同じ人生や過ごす時間は個々人それぞれの、それこそ自己を形成する文化的諸々です。
「これからの文化を考える」
これは私たち皆々、私たちが私たちで在る為に絶対的に必要な事と思います。
皆んなが全て同じではないからこその、生きている。という奇跡だと思います。
私たち(達とあえて言わせて貰いますが)はこの後、疲弊しきり、残された余力ないまま、誇りを掲げてまた背伸びを出来るのでしょうか。
不安が募ります。
どうか私の好きな人や場所や文化が、また誇りを持って生きられる事をただただ願い、伝えていく作業を避けぬ様な、寛容さを。豊かな余白がある日々であります事を想って居ります。
喫茶茶会記 本田万里子/ヒッキー

photo by baba












photo by bozzo

#iminsakaiki
#喫茶茶会記
#これからのジャズ喫茶を考えるシンポジウム
#四谷いーぐる
#ジャズ喫茶
#bozzo

コメント
コメントする