MENU
<< 森本由希子(vln) 作品展示 | main | 2013/11/19筆「トリミング感覚の私的始原 磯田長秋・小林古径」(福地筆) >>
2016/9/11筆「奇遇美(きぐうび)について」喫茶茶会記店主筆
20160911

芸術の表現そのもののみをプロットするのみだけでなく
様々な受容の有り様全体を捉えることにより、より深い感得が得られるし、
供給者側もそれを意識すべきと思料する。
筆者自体はもはやそのような考えで日々を生活しているのだが
さらに予想を越える出来事の可能性として
「奇遇美」を挙げる。
「奇遇美」とは秘かな心持が瞬間的に具現化することであり
芸術的直観や努力の畜層のみでは測れない
甘美で官能的な体験である。
そのような実例を考えていると個人的私見にすぎないが
幸せ気分になる。

コメント
コメントする