<< 【劇場道案内】喫茶茶会記への行き方・道案内 − びょうびょうほえる〜西村俊彦のblog | main | うたのとぐち瓦版 from 山村暮鳥のうた >>
2020/6/4(thu)【遊読夜会】ねずみ女房を読む 18:30〜21:30 2000円(1ドリンク+お菓子付き)


【遊読夜会】ねずみ女房を読む

「けれども、あるところに、1ぴきの小さな女房ねずみがいて
 そのねずみは、ほかのねずみとちがいました。」

 どこが?なぜ?なにがあって?
 それに答えたのがこの物語です。

はるかなものへの憧れ... 『ゲド戦記』シリーズの翻訳をされた清水眞砂子さんはご自身の著作「そしてねずみ女房は星を見た」この物語をとりあげています。

子年にちなんで、大人が読みたい子どもの本を共読する試み...ルーマー・ゴッデン作・石井桃子訳の本書を、清水眞砂子さん、河合隼雄さんの紹介とあわせて味読いたしたく。

テキストは用意しますので、手ぶらでご参集ください。

 ■ナヴィゲーター:赤羽卓美
 ■日時:6/4(木)18:30〜21:30
 ■会費:2000円(1ドリンク+お菓子付き)
 ■会場:喫茶茶会記
コメント
コメントする