2018/6/24(sun)第七回 片岡一郎の活動写真勉強会 ゲスト 川上史津子 3000yen 1drink in


【お店のご案内】
喫茶室は通常営業しております
年中無休
こじんまりとした文化サロンです
月曜日〜日曜日(基本無休) 午後三時より営業
(カウンター)
第一土曜日 本田万里子
第三月曜日 由良隴砂
不定期 西川祥子,大森彩子,Morry、藤善真由帆
火曜日〜金曜日、日曜日 不定期休 店主福地
イベントルーム 副店主上田

朗読や即興パフォーマンス他
文化イベント等が日曜日やその他にございます
スケジュールでのご確認を。
備えの上履きで入るお店です。お忘れ物が多い店です。
一ヶ月間のみ保管いたします。 ご留意の程を。

〒160-0015 新宿区大京町2-4 1F
お電話 03-3351-7904
(営業時間のみ応対可)
開場時間中では電話応対が難しいので事前の
ご連絡を)
メール sakaiki @ modalbeats.com

how to come to sakaiki (by english)


 how to come to sakaiki(by VTR navi) 



photo by鈴木さや香
喫茶茶会記 - Profile 1 -
ディスクユニオンお茶の水店
渋谷・フライングブックス
新宿紀伊国屋書店、三省堂、池袋ジュンク堂、吉祥寺ジュンク堂、
で発売
弊店でも販売しております。
(cafe room)
ortofon spu gt ,garrad 401
shure m44g ,thorens td124
mcintosh c27 ,mcintosh mc2505

grundig 3 7052-001,siemens 6Ruf lsp 28a
(2way)


photo by masao harada

(l room) ortofon classic spu (stereo)
ortofon spu mono A (mono)

ortofon st-5
garrad 401
mcintosh ma7900

axiom dlm2
altec 811b
altec 4168c
(3way)


(at another space "@groove" 2002)
we want "chiaki iwasaki's mood" every time
2018 ・ピープルシアターM2公演

イベントスケジュール・レギュラー一覧
(定例イベント)

(月二回)順不同
・茶会記書道サロン 白石雪妃(毎月 第一、第四木曜日 15:00-22:00 S room)

(月一回)順不同
上原英里演奏会 (毎月 第四木曜日 20:00 L room)
路地裏de狂言〜大蔵彌太郎一門    (毎月 第二木曜日 19:30 L,S room)
・大蔵彌太郎の会(毎月 第四水曜日 19:30 L,S room)
・茶会記クロッキー会(毎月第三木曜日 19:00-21:00 L,S room)
・遊読夜会     (毎月 第一木曜日 19:30-22:00 L room)
・下田敦ギターの音色 (毎月 第一木曜日 20:00-21:00 cafe 投げ銭不要)
・JAMの会     (毎月 第二日曜日 10:00-13:00 S room)
・Audiosharing例会 (毎月第一水曜日 19:00-22:00 S room)
・KJFC例会     (毎月第二金曜日 19:00-22:00 L room)
・瀧口譲司プレゼンツ (毎月第四土曜日 14:00-17:00 L room)
・core talk cafe  (毎月 第一土曜日 14:00-17:00 L room)
・哲学の薔薇園(毎月第三月曜日)15:00-23:00 ※お昼からチャージ500円つきます
・Carutural English (毎月第四土曜日 10:00-11:30 cafe) 2500yen 1drink in


(二月毎)順不同
・MAHA(偶数月 第二火曜日 19:30 L,S room)
・TOKYO JAZZ ACTION(偶数月 第四火曜日 19:30 Lroom)
・西川祥子(偶数月第三水曜日 19:30 L,S room )
・深水郁     (奇数月 第三土曜日 15:00-16:30 L,S room)
・深夜廟 カイドーユタカ(偶数月 第二金曜 23:30-24:15)
・山内菜々子(偶数月第二月曜日)
・光子(奇数月第二月曜日)
・Taiichi Kamimura(奇数月第四金曜日) ・井上弘久presents (偶数月第一月曜日 2017/4月より)
・森本由希子(vln)presents(偶数月第二水曜日)
・富樫勝彦(vo)(偶数月第四月曜日(10月を除く))
・新井麻木(g)(奇数月第四月曜日)


(三月毎)順不同
・バービーマコ(2,5,8,11第一月曜日) ・tactile sounds (2,5,8,11 第四土曜日 19:00 L,S room)
・益子博之/多田雅範 (4,7,10,1 第四日曜日 18:30 Lroom)
・平家琵琶 新井泰子(3,6,9,12 第一火曜日 19:30 L,S room)
・坂田明サロン(sax)不定期
・天空茶会(3,6,9,12 第一土曜日 11:00 cafe room)


(四月毎)順不同
・茶会記畜音機サロン (1,5,9の第三火曜日 19:30-21:00 L room )
・ヒグチケイコ nothing is real (3,7,11の第三火曜日)
・春柳会(3,7,11第一土曜日 1:00pm-4:30pm)
・渋谷毅 (2,6,10 第三火曜日)
・焙煎barようこ (3,7,11の第三水曜日 19:30-21:30 L room)
・深夜廟 吉本裕美子 (3,7,11 第一週金曜日 26:00-28:00)
・能見誠プレゼンツ(1,5,9 第二水曜日 19:30 L,S room)
・The Side Of A Hill (2,6,10 第一日曜日 15:00 L,S room)

(半年毎)順不同
・喜多尾浩代(shintai-goto) 「そこ吹く風」(※ 2015より 6,12月第一金曜日)
・「真砂ノ触角」 吉本祐美子(g) 木村由(dance) 


(一年毎)順不同

・Hitomi Hosoya
・ryuji kawabata 2月第三週
・yamasin exhibition
・bozzo exhibition
・ryuji kawabata exhibition
・sachiko nishikawa exhibition
Headphone Ensemble Project


(不定期)順不同
・川村美紀子(dance)
・深淵図譜(DJイベント)
・MIYA new moon conversation (新月近く)
・長澤しずか  ・杵屋三七郎の会
・山田あずさ(vib) (日曜日14:30)
・あやちクローデル・イーガル
・かもめんたる(漫才)
・石井則仁(Butoh)
・木村由(dance)
・米澤一平(tap dance)
・金子雄生(tp)
・荒野愛子(p)
・木野彩子(dance)
・吉田直子(演劇)
・maezawa presents dance event
・シアターユニットサラ(演劇)
・森重靖宗(cello)
・蛯子健太郎グループ Library
・高原朝彦(g)
・Margatica(dance)
・多田広輝(演劇)
・あがさ(vo.g)
・elegant disc(event)
・春日玲(朗読)
・スズキヤスコ (黒謡 KOKUYOH)
・大原とき緒(映画)
・猪鼻秀一(舞踏)
・ギャランティーク和恵(歌謡曲)
・sound and hefb 池田千夏(p)
・林隆史(g)グループ 不定期
・池上秀夫(double bass) トリオシリーズ improvised prism 
・トマツタカヒロ・肉態表現
・音ほぐし 
・おどるなつこ(tap)
・筑前琵琶・藤高理恵子 (PM7:30 L,S room)
・空中楼閣
・八木美知衣(箏) 松浦このみ(朗読)
・蜂鳥姉妹 
・鉄芸(日本刀・道具 鑑賞会)
・Lierre 森本由希子(vln)
・おどるなつこ(tap)
・小野文子(vo,p)
・根耒裕子(dance)
・阿久津智美(dance)
・ジョー(g) サンバ
・レオナ(tap dance)
・story telling bird(無声映画)
・松本ちはや(perc)
・SKY TRIO(jazz)
・Miyama McQueen-Tokita(koto)
・山村暮鳥のうた
・caferereggio
イベントスケジュール ・公開カレンダー
文化イベントのスケジュールでございます。
イベント中でも喫茶室で御休み可能でございます。


トップページのカテゴリに記載されているメンバーはそちらに情報がございます。
googleスケジュールですべての確定イベントを閲覧できます。
アーティスト様から情報をいただいたもののみブログ上に展開しております。




(公開カレンダー)


(トピック)
※L room (中央部屋) S room(奥小部屋) caferoom(喫茶室)
 
「バイク・早乙女夏樹氏とマン島TTレース」喫茶茶会記店主筆
20180622

モナコグランプリは四輪。
上記を鑑みた場合二輪ではマン島TTレース
と個人的には相成る。
そのマン島レースのトロフィーの替わりになるものを
以前、喫茶茶会記でイベントを実施してくださった
ルッソカフェ ハラジュク
オーナーでジュエリーデザインの早乙女さんのデザインした作品になったのだ。
過去からの経緯を多少知っている私にとってはとても凄い話である。
喫茶茶会記にも来てくれた。

右より911マガジンで記事も書かれ様々な下支えをされていた大塚氏
中央が早乙女氏
左が筆者



大塚氏による記事



筆者事務局のバイク倶楽部。直接絡みはないがイタ車絡みでマン島に係れたのも涙




「Daddy's Socks VS 喫茶茶会記 ジャズ喫茶店主・友情的闘争」喫茶茶会記店主筆
20180623

近年ジャズ喫茶関連のお客様のトポスとなっている
Daddy's Socksさんに先日参る。
様々な情報交換を行いつつ、
店内にリー・モーガンの超格好良い写真があるので
いきなり場数の多い私は闘いを仕掛ける。
「リー・モーガンで好きな三枚はなんですか?」
この質問で対象者の資質を私は長年の経験で見抜くことが可能だ。
いくら博識でも感動体験とは別の領域だからである。
オーナーの小野さんは即応する。
まずこの時点で凄い。
はじめに「キャンディ入れちゃっていいですか?」と私に聴く



この質問の仕方にはジャズマニアしか知り得ない深い意味がある。
入門本に必ずあるのでとりあえずという側面と
例え耳タコ盤であっても死線を潜り抜けたジャズファンであれば
どうしても三本の指には入れるであろうという確信においての側面である。
無論、小野さんは後者である。

二枚目は「ジゴロ」。茶会記にもLPがあるにはあるのだが納戸にしまっていて反省。
正直ガッツリ聞いていないのだ。恥ずかしい。今度大音量できかないと。



三枚目はコーンブレッド。このB面はわたしもヘビーローテーションをしていた
時代があり、店の店主同志の友情感覚に増幅がかかる。



さて、私の三枚はなににするか
先手逃げ切りで小野さんの深さに正直参ってしまった。

いまさら玄人ぶってジャケがクールな「ライトハウス」「クッカー」や「インディード」
をだしたとしてタイに持ち込むのも悲しい話。

ピンチ。

そこで私は負けることにした。

負けの美学。それはジャズに相応しいのである。

ブルーノートラストセッション。これしかない。



リー・モーガンはブルーノートで育ってきたといってよい。
かつ、わたしはリー・モーガンの現在に連なる影響力に焦点をあてた。
ラストセッションのテナーはビリーハーパー。
私の好きなテナーである。
ハーパー作曲の「クロケットバレー」は
ラストセッションはもとより
ブラックセイントの一番目のアルバムにも収録されている。
私の座右の曲だ。



アジアでのコンサート盤でも然り。一貫性の極み



ビリーハーパーの男気にはリー・モーガンへの畏敬がある。
採用したトランぺッターには皆そのような面影がある。

私の三枚はこの確信的三枚だ。

反則負け。なのだが、からかいのない本気の負け。
そのことを少しの人でもわかってもらえれば幸いである。


2018/7/8(sun) 観の渦_vol.1 19:00 open 19:30 start adv 2500yen 1drink in , door 3000yen 1drink in
2018/7/14(sat)POP ROCK EN STOCKを聴き倒す ポルナレフ会(第三回)『熱狂のオランピア2016年(CD20,21)』 14:00-17:00 1500yen 1drink in


2018/7/14(sat) 喫茶茶会記 深夜廟 吉本裕美子 (guitar) ソロ 深夜(日曜朝) 26:00〜28:00 料金 2,000円 (1ドリンク付き)


喫茶茶会記 深夜廟
地下水脈をさぐる振り子のように茶会記の夜に漂う
気配を掬い取る一人即興演奏会「真夜中の振り子」第17回

吉本裕美子 (guitar) ソロ

2018年7月14日(土)
深夜(日曜朝) 26:00〜28:00

料金 2,000円 (1ドリンク付き)

吉本裕美子 YOSHIMOTO Yumiko プロフィール
東京生まれ。ロックバンドの活動を経て、2006年より越後妻有アート
トリエンナーレのヒグマ春夫パフォーマンスへの参加をきっかけに
エレクトリック・ギターの即興演奏を開始。ダンスや朗読、映像との
共演の他、喫茶茶会記の「深夜廟」やキッド・アイラック・アート・
ホールの年越しイヴェント「除夜舞」などでソロ演奏を行う。
2008年、山田勇男の8ミリ短編映画『白昼夢』の音楽を担当。
2014年、自主制作のギターソロCD-R「真夜中の振り子」発表。
2016年4月、ベルギーOff - Record labelよりギターソロアルバム
「Midnight Pendulim #0」デジタルリリース。同年6月、
Water Tower Art Fest 2016(ブルガリア)他、ヨーロッパ8ヵ国で演奏。
http://yoshimotoyumiko.blogspot.com/
| 1/285PAGES | >>