MENU
2017/8/13(sun)Grave Of The Sea メル(Mer) / 舞踏 André van Rensburg / 尺八、ギター 関口大 / 10ホールズ・ハーモニカ



Grave Of The Sea

メル(Mer) / 舞踏
André van Rensburg / 尺八、ギター
関口大 / 10ホールズ・ハーモニカ

2017年8月13日 14:30 Start(14:00 Open)

2000円(1ドリンク付)に設定させて頂きたいと思います。

クラッシック・ギターと尺八の名手、アンドレ・バン・レンスバーグと関口大のエフェクターを用いたブルースハープの音の海に包まれながら、哀切で妖艶に踊るメル(Mer)。三つの点が重なり合った時、そこには激しい静寂が生まれる。
2017/8/13(sun)吉本裕美子 meets 木村由「真砂ノ触角 ―其ノ拾弐―」 20:00 start 2000yen 1drink in



吉本裕美子 meets 木村由「真砂ノ触角 ―其ノ拾弐―」

木村由 (dance) http://mushi.info/
吉本裕美子 (guitar, etc.) http://yoshimotoyumiko.blogspot.com/

2017年8月13日(日)
8:00pm 開演

料金 2,000円 (1ドリンク付き)

木村由 / KIMURA Yu (dance)
中條富美子に約20年モダンダンスを師事。エイコ&コマに影響を受ける。
1992年神奈川県現代舞踊協会奨励賞受賞。数々の作品に出演する傍ら、
自らの踊りを求め作品を作り始める。1995年「ダンスパフォーマンス蟲」
を立ち上げ、2000年バニョレ国際振付賞横浜プラットフォームに出場
するも、場違いの踊りで酷評。その後planB等でソロ活動を中心に淡々と
踊りに邁進する。2004年から「ちゃぶ台ダンス」を継続中。美術や
音楽家とのセッションも多数展開。最近では即興演奏家とのライブを
多数こなし、即興という行為のなかで身体を見いだしていく一方、
無音独舞公演も行い、踊りの模索を行っている。
http://mushi.info/

吉本裕美子 / YOSHIMOTO Yumiko (guitar, etc.)
ロックバンドの活動を経て、2006年よりエレクトリック・ギターの
即興演奏を開始。ダンスや朗読、映像との共演の他、喫茶茶会記の
「深夜廟」やキッド・アイラック・アート・ホールの「除夜舞」
などでソロ演奏を行う。2008年、山田勇男の8ミリ短編映画
『白昼夢』の音楽を担当。2009年、越後妻有アートトリエンナーレの
ヒグマ春夫パフォーマンス参加。2014年、自主制作ギターソロCD-R
「真夜中の振り子」発表。2016年6月、Water Tower Art Fest 2016
(ブルガリア)他、ヨーロッパ8ヵ国で演奏。
http://yoshimotoyumiko.blogspot.com/

「孤高の風 Lee Ga Eul solo exhibition」(喫茶茶会記店主筆)
20170812

Lee Ga Eul 李秋 日本では20歳 
韓国で新しい時代を創る一人になれば







2017/8/23(wed)大藏彌太郎の「笑い伝承」 狂言 粟田口 藤代龍哉、飯田慶雄、白石雪妃 他
In The Zone 2017 Ippei Yonezawa presents
2017/8/29(tue)早瀬マミ単独自主公演 廻流(kairyu) vol.1 2500yen 1drink in



早瀬マミ単独自主公演 廻流(kairyu) vol.1

日時:2017.8.29(火)17:00〜/20:00〜 
入場料:2,500円(1drink付)
会場・ご予約:喫茶茶会記
〒160-0015 新宿区大京町2-4 1F(四谷三丁目駅徒歩約3分)
電話:03-3351-7904(営業時間のみ応対可)開場時間中では電話応対が難しいので事前のご連絡を)
メール sakaiki @ modalbeats.com
http://gekkasha.modalbeats.com/

※各回30〜40分程度のステージです(同内容)。入替制。開場は開演の30分前から。
※20:00〜の終演後、「早瀬マミを囲んじゃおう会」開催!
食べたり飲んだり語ったり、ここからがお祭りの本番!?(自由参加)。
食べ物のお持込み大歓迎です!(※会場が喫茶&バーのため、お飲み物の持ち込みはご遠慮ください)

 芝居、朗読、パフォーマンス、唄、演奏…。これから定期的に自主公演を積み重ねて参ります。毎回1時間以内のお尻の痛くならない上演時間で、ご覧いただきながらお飲み物も召し上がっていただけますので、どうぞリラックスして“早瀬マミ ショウ”を観る感覚で愉しんでいただけたら幸いです。

 夏休み最後のお祭り気分で、ぜひ浴衣や甚平、鯉口シャツなどお祭り気分の揚がるお好きなお召し物でお越しください^^。
 また、会場は小さなスペースですが、ムードのある喫茶&バーも併設しております。当日は特製おつまみも少し作っていきますので、開演前後に美味しいお酒とお楽しみいただければと思います。記念すべき自主公演第1回目、お気軽にお立ち寄りください。心よりお待ちしております。 早瀬マミ










2017/8/11(fri)初期セシルテイラー特集 選者 Bunmei Kataoka 14.45 open 15.00 start 通常料金



茶会記常駐 Eiko Aida
2017/9/1(fri) 【うたのとぐち 其の十二】 <出演> ◆ 高田拓実 歌、ギター ◆ 山村暮鳥のうた   大野慎矢 / 歌、ピアノ、ギター   ロケットマツ / ピアノ、ピアニカ 開場 19時  開演 19時半 木戸銭 2500円(1ドリンク込み)










茶会記 奇数月第一金曜日 開催

山村暮鳥のうた 主宰



【うたのとぐち 其の十二】



2017年9月1日(金)



<出演>



◆ 高田拓実 歌、ギター



◆ 山村暮鳥のうた

  大野慎矢 / 歌、ピアノ、ギター

  ロケットマツ / ピアノ、ピアニカ



開場 19時  開演 19時半

木戸銭 2500円(1ドリンク込み)



================================



【高田拓実】



2000年〜2014年まで、東京の70'sPUNK、POWER POPシーンでTHE COKESのVo.gとして活動。

2011年からバンドと並行してソロ弾き語りを始める。2014年バンド解散後、本格的にソロ弾き語りの活動を始める。
ソロ転向後は主に日々の労働から生まれる苦渋や憤り、憂いを直情的に歌う。

 

【山村暮鳥のうた】

明治〜大正時代を宿痾と貧困のなかを駆け抜けた

詩人・山村暮鳥の作品に曲をつけ歌う、大野慎矢の主宰ユニット。

2004年以来、コンスタントにライブ活動を続けている。

最近は、主にピアノの弾き語りを軸として、

チェロ、アコーディオン、コントラバス等が加わり、

暮鳥詩の韻律/心象を奏でる。

2015年、DVD「山村暮鳥のうた 映像集」を発表。

(撮影、編集:和久井幸一)

同年より、四ツ谷三丁目・喫茶茶会記にて、

奇数月第1金曜「うたのとぐち」を主宰。

毎回、気骨ある歌い手を招いている。

山村暮鳥の、時代ごとに変遷する詩風と反対に

一貫して流れる自然への深い観入、人間存在への終わりなき問いかけ。そこから生まれ出た深い詩表現に歌、音を通して遊ぶことができたらと思っています。




「LITLLE FOLK BOY」 LIVE 清水アツシ 松井洋介 田渕徹 ひろたうた 出店: 大陸カレー (喫茶茶会記店主筆)

photo by 聖児

アチャコさん主宰の大阪の風は暑かった。
現代のフォークの潮流を体感した。
写真右わきはかつて茶会記で実演してくれたカリスマ奇妙氏もいる



2017/9/9(sat)朗読時光  江戸川乱歩「双生児」 太宰治「犯人」 語り 春日玲 2000yen + 1drink 14:30 start (14:00 open)








朗読時光 

江戸川乱歩「双生児」
 
太宰治「犯人」 



語り 春日玲

2000yen + 1drink

14:30 start (14:00 open)








<< | 2/251PAGES | >>