2020/2/13(thu) 第百三回 四谷三丁目の「路地裏 de 狂言」 大藏彌太郎一門
photo by 荒巻香薫
講談社webサイト「おとなスタイル」2015.09.10
facebookページ

○四谷三丁目の「路地裏 de 狂言」
大藏彌太郎
吉田信海
小梶直人


毎月第二木曜日
開場  19:00
開演  19:30
料金  2500円(全席自由、ワンドリンク付き)

尚、終演後も引き続き店内でご飲食いただけます。
みんなで一緒に飲みましょうゾ!

現在、狂言の流派には、大藏流と和泉流のニ派があります。
大藏流は、奈良で育った狂言最古の流派です。
主宰大藏彌太郎さんは次の時代を担う宗家であり
お祖父・二十四世大藏彌右衛門様及びお父様に師事されています。
(茶会記より)

http://sentarou.jp/roji.html

http://sentarou.jp/roji.html
2020/2/12(wed)「In The Zone vol.55」 『日々のくらしのしたたるる』 米澤 一平 tapdancer × 中村 理 dancer open 19:15 start 19:45 ¥1,000 1drink付 投げ銭


" 観客に向けた表現でない。

じぶん自身に、集中するじかん。

聴こえない音に、まだ誰のものでもない身体に、いまの空気に、感覚をぐっと、傾ける。

じぶんの知らない感情が、こぼれていく。

この場に居るヒトたちとのあいだで、生まれる新たなコトバで、対話ヲ、いますごく楽しむ。

みんなで、いまこの瞬間を、共有しよう。"

米澤一平

----------------------------

「In The Zone vol.55」

『日々のくらしのしたたるる』

米澤 一平tapdancer × 中村 理dancer

2020.02.12.wed

open 19:15 start 19:45

¥1,000 1drink付 投げ銭
「DAC - Meridian 218運用状況 2020/2」喫茶茶会記店主筆
20200212



Audiosharingの力でMeridian 218は下記の状況で運営されている
自分の私見にすぎないが特性もコメントした

1.Mcintosh MCD350単体 (SACD,CDは録音機材がハイレゾでないもの)
2.Mcintosh MCD350-Meridian218同軸接続 (MQAディスク、CDは録音機材がハイレゾのもの〜アップサンプリング恩恵)
※FLACデータ(MQA含)をCD-Rに落として聴くのも可能
3.PC(foobar2000)DDC(USB-OPT)Meridian218光接続(PCM-FLAC、MQA-FLAC)
4.iphone-lightning USBカメラアダプタ-DDC(USB-OPT)-Meridian218

※筆者はMinixやPenpointOS等オペレーティングシステムに関わっていたことが
ありパソコンベースの音源展開に照れがある。
Meridian218の光接続ではサンプリングレートが96Khzまでなので同軸に手動で切り替える必要があるが
運営上DDCを経由する場合は光のままにしている。無論Audiosharing例会の場合は同軸にしている
デジタルロジックはブラックボックスな点が多い。故に96Khzに纏められても音に工夫がなされていることも
期待している。
Audiosharing例会が恰好良いのはボリューム調整をMcintosh MA7900ではなく
Meridian218をwifiでコントロールするIPcontrolで調整していることにある。
筆者は別部屋にいるのだがwifiで同じく繋がっているので設定状況と変遷。音圧レベルやサンプリングレートのモニタリングが可能になる。
ビットレートはモニタリングしない
画像は動画再生時に画像と音の同期を合わせるもの
Lipsyncとは粋な呼称
茶会記では218を経由させずに再生する。


上原英里/シャンソン・アルゼンチンタンゴ の弾き語り手 2020/2月度スケジュール


◆2月4日(火)・14日(金)・ 23日(日) 19時半〜、藤沢バー「スケアクロウ」にて「ほろ酔いライブ」

◆2月8日(土) 19時〜(15分前開場)、「浅草リトルシアター」(03-6801-7120)にて「六区deパリ祭」
 ☆出演 上原英里とボヘミアンズ ※木戸銭 2千円

◆2月21日(金)17時開場、18時開演〜獨協大学前ティールームJuneにてシャンソンライブ ※2千円1ドリンク&軽食付き

◆2月27日(木) 20時〜、四谷三丁目ジャズ喫茶「茶会記」(03-3351-7904)にて「茶論ライブ」※2千円 1ドリンク付
2020/2/10(mon)「第20回サイレント映画の夜」18:30開場/19:00開演 料金:1800円(ワンドリンクつき)出演:山内菜々子(活動写真弁士)上屋安由美(ピアノ) “阪東妻三郎特集!”『雄呂血』(1925年二川文太郎監督)『小雀峠』(1923年沼田紅緑監督)


「第20回サイレント映画の夜」
2月10日(月)
18:30開場/19:00開演
料金:1800円(ワンドリンクつき)
出演:山内菜々子(活動写真弁士)
   上屋安由美(ピアノ)
作品:“阪東妻三郎特集!”
   『雄呂血』(1925年二川文太郎監督)
   『小雀峠』(1923年沼田紅緑監督)

申し込み・問い合わせ:nanakoyamauchi@gmail.com
協力:株式会社マツダ映画社



「中村哲の言葉をよむ」〜言の葉パーティー 〜 古川 柳子(おりゅう)
「言の葉パーティー」という小さな集いを、一季節に一回ぐらいの頻度で仲間たちと催しています。
毎回テーマを決めて、集まれる人が言葉を持ち寄り、声にして共有する・・・そんな形の一座建立。

昨日のテーマは「中村哲の言葉をよむ」でした。

米軍の空爆の下で飢餓・干ばつから人々を救うために水路を掘り続け、砂漠を緑の大地に変えながら、道半ばで昨年末銃弾に倒れた中村哲医師。
彼はその活動や生き様もさることながら、大変な名文家で、アフガンの土地を踏みしめるように書き綴った心動かす多くの言葉を残しています。

昨日の集いでは、まず改めて中村医師がアフガンの人々と共にした苦しみや喜びをドキュメンタリー影像でたどり、 長年活動によりそい、その苦楽を撮り続けてきた谷津カメラマンが、「生身の人間」としての哲先生の凄さと可愛らしさを語ってくれました。
参加者それぞれが自分で選んだ中村哲医師の言葉を音読し、追悼しました。静かにして強烈な中村医師の想いが、人の声で立ち上がり、文字とはまた別のかたちで体に浸みてきます。
その中に、2008年にスタッフの伊藤和也さんを亡くした時に、中村哲医師が弔辞として送った言葉がありました。
改めてその音読を聞いて皆が気づきました。
「ああ、これは哲さん自身の遺言だ・・・」と。
ペシャワール会のサイトから、以下にその言葉を引用させていただきます。

中村医師の言葉を「金の鉱脈のような文章」と表現された方がいましたが、私たちは今後何度も、この鉱脈から学び直さなくてはならないことがあるだろうと、改めて思います。

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
ペシャワール会現地代表 中村哲弔辞

まず、ダラエヌール、シェイワ、シギの全ての人々が伊藤くんの捜索活動や遺体搬送に協力し、そして今日、こうして多くの方々が哀悼の意を表して下さる ことに、心からの感謝を申し上げます。
 伊藤くんの遺徳については、多くの方々が様々に生前のことを述べられたので、私がくどくどと申すことは無用かと存じます。ダラエヌールの小さな子供や ご婦人方に至るまで、悲しみを表し、私たちPMSへの同情と感謝を改めていただいたことは、悲しみの中にあっても、光栄という他、ありません。

 伊藤くんを殺したのはアフガン人ではありません。人間ではありません。今やアフガニスタンを蝕む暴力であります。政治的なものであれ、物取り強盗であれ、心ない暴力によって彼は殺されました。

 不幸にして世の中には、伊藤くんの死を政治目的に利用しようとする者もいます。また、アフガニスタンという国の文化を知らず、PMSと皆さんとの交誼を知らず、様々な噂や論評が横行いたします。その中には聞くに堪えない無理解、戦争肯定が少なからずあります。そうして生まれる武力干渉が、現在のアフ ガニスタンの混乱を招いてきました。このことを否定する者は、今日集まられた方々の中には居ないと思います。私たちはもう、戦争に疲れました。
 私たちPMSは、極力アフガンの文化を尊重し、アフガン人がアフガンのふるさとで、アフガンのやり方で生活ができるように、平和なやり方で、事業を進めてきました。繰り返しますが、「平和に」です。戦争と暴力主義は、無知と臆病から生まれ、解決にはなりません。

いったい、イスラム教徒であることが罪悪でしょうか。アフガン人が自らの掟に従って生きることが悪いことでしょうか。私はキリスト教徒であります。しかし、だからとて、ただの一度としてアフガン人から偏見を持たれたことはありません。良い事は誰にとっても良いことで、悪い事は誰にとっても悪い事であります。現に、このようにして全てのクズクナールの人々が集い、異教徒である伊藤くんの死を悼んでいるではありませんか。心ない者はどこにも居ます。今回の事件でアフガン人と日本人との間に亀裂があってはなりません。

 アフガン人も日本人も、親として、人としての悲しみに、国境はありません。命の尊さに国境はありません。「困ったときの友こそ、真の友だ」といいます。今アフガニスタンは史上最悪のときを経ようとしつつあります。500万人以上の人々が飢餓に直面し、無用な戦争で多くの罪のない人々が命を落としています。

 かつて60年前、日本もまた、戦争で、国土が廃墟となりました。200万の兵士と、100万人の市民が死に、アジアの近隣諸国にはそれ以上の惨禍をもたらしました。私も、生まれた直後の様子を良く覚えております。外国人はいつでも逃げることができます。
しかし、この廃墟と化した土地にしがみついて生きなければならぬアフガン人は、どこにも逃げ場所がありません。であればこそ、私たちPMSは、変わらずに事業を継続して、皆さんと苦楽を共に致したいと思います。それがまた、伊藤くんへの追悼であり、過去の戦争で死んだ人々の鎮魂であります。

皆さんの協力と要望がある限り、PMSの活動を止むことなく継続することを誓い、弔辞と致します。

2008年09月09日
アフガニスタン・シェイワにて
ペシャワール会現地代表 中村哲










おりゅうさん photo by 喫茶茶会記店主

2020/2/20(thu)" 夜のギターサロン Vol.32 " 開場21:45〜/開演22:00〜23:00 ¥1000 (1ドリンク付)
" 夜のギターサロン Vol.32 "
- 夜の質感、静寂と生音の響き -
2/20(木) @四谷 喫茶茶会記
開場21:45〜/開演22:00〜23:00
¥1000 (1ドリンク付)
※毎月第3木曜開催
【出演】
・梅津 聡 (クラシックソロギター)

・DAISUKE HAYASHI (ギタレレ弾き語り)
https://m.soundcloud.com/daisuke-hayashi/

※開演前後には、通常営業のカフェスペースも料金そのままで、ご利用頂けます。
平日の遅い時間ではございますが、
どなた様も、ごゆるりとお楽しみ下さい。





2020/2/21(fri)幽態のクオリア 出演者 関口大(harmonica) 成田護(dance) 19:30開場 20:00開演 前売り,予約2200円 当日2500円




出演者
関口大(harmonica)
成田護(dance)

19:30開場 20:00開演
前売り,予約2200円 当日2500円
共に1ドリンク込み
予約問い合わせ 
contact@10holes-harpist.com


2020/2/22(sat)Groovy's Jazz Street 14:00-17:00 1500yen 1drink in 瀧口譲司 (Groovy)

ジャズのご友人の皆様へ (ご友人も!!)

 

グラミー賞ジャズヴォーカル部門 エスペンサ綺麗です!!

 

寒い日もありますが、暖かくなってきました。

コロナが猛威を振るっています。

私は、盛り場への出入り、大人数での集会は一か月半ほど控えています。

近くの空港直結のリムジンバスが付く駅へも寄りません。

とは言っても、中国の方が多い新宿へ週三日仕事で行っているので怖いのですが。

マスコミは報道しませんが、日本以外は3.11並みのシフトで防疫を進めていますね。IT企業では出勤しないで、仕事を進めている大手も存在します。皆様もお気をつけ下さい。

 

WHOへの報道を見ても、TV,新聞はほとんど報道管制下にあると思っていいです。ほかの情報を収集したほうがいいかも。

 

と、そんな中、比較的人口密度が低い四谷三丁目で例会を開催します。よかった。

今回は久しぶりに「私の好きなピアニスト、このプレイヤーの!この演奏!がいいんです!」で行きます。管が好きな方、バックに管が入っていてもOKですが、ピアニストに焦点を当てた

「選曲!!」選盤にあらず!

でおねがいします。御一人様10分見当でお話ししながら掛けてください!!

 

素晴らしい演奏には時間延長や追加をお願いすることがあります!よろしくお願いします。

皆さんの熱血選曲まってます!!!

 

 

OFFICE GROOVY  

瀧口譲司 (Groovy)

[E-Mail Adress] [mailto:groovymusic@msn.com]
[Mobile Mail] : [mailto:studiogroovymusic@gmail.com]

2020/2/23(tue) engram 邂逅ドド (1)open 14:45 start 15:00 / (2)open 18:15 start 18:30 3500yen 1drink in



engram
「邂逅ドド。」

企画、構成、演出、パフォーマンス:
伊藤満彦
身体パフォーマンス:穴山香菜
音楽(ギター、尺八、サウンドインスタレーション):
アンドレ・ヴァン・レンズバーグ
書:白石雪妃
フライヤー、写真:加賀美順一

協力:Washi+、大島諒子(Weekender's Closet)

場所:綜合藝術茶房 喫茶茶会記(〒160-0015 新宿区大京町2-4 1F)
日程:2020年2月23日(日)
昼/開場14:45 開演15:00
夜/開場18:15 開演18:30

料金:3,500円(1ドリンク付き)
席数:限定20席
問い合わせ:
engram.organ@gmail.com


カイコーソーグー。
ヘースイソーホー。
こうして片仮名にしてみただけで、まるで喜んでいる様な言葉だ。
邂逅So Good!!萍水So Hooo!!
みんな大喜びだったろうか。
邂逅遭遇、萍水相逢。この場所にはどれほどの人が訪れただろうか?
この場所はどれほどの人と出会ったろうか?
どれほどの足音が鳴り、どれほどの足跡がついてきただろうか?
「初めてここに来た時はどう思いましたか?何を感じましたか?」
「ここは、今はあなたにとってどんな場所ですか?」
蚕の繭の如きこの場所はどれほどの人を育み包んだろうか?
出会い、鼓動が高鳴る。心音が加速する。心音が安定する。足音が聞こえる。足跡が残る。
百では足らず、二百でもたらず、百々云々かんぬん、、、百々の音が、百々の跡が、百々の軌跡が、百々の出会いが、百々の始まりがあったのでしょう。
それこそ、ドドドドドと怒涛の勢いで。
ドドドドドと産まれて、ドドドドドと育って。
毎日新しい出会いを繰り返しながらドドドドドと。
今日も新しい私、今日も新しいあなたと百々々々々。

邂逅遭遇(かいこうそうぐう)
【意味】思いがけない偶然の出会い。

萍水相逢(へいすいそうほう)
【意味】旅に出ている者同士が偶然に知り合うこと。

百々(どど)
【意味】ドドドドド。














special staff 百々(どど)ちひろ
<< | 2/350PAGES | >>