2018/9/16(sun)"Kaleidoscope of sound" 沖至(tp) 翠川敬基(vc) 類家心平(tp) 高橋佑成(pf) OPEN 13:30 START 14:00 Charge3,500円(1Drink付き)


Oki Itaru 2018 Japan Tour 〜Shinobu〜
2018/9/16(日) 綜合藝術茶房 喫茶茶会記
"Kaleidoscope of sound"
沖至(tp)翠川敬基(vc)類家心平(tp)高橋佑成(pf)
OPEN 13:30 START 14:00
Charge3,500円(1Drink付き)
東京都新宿区大京町2-4
03-3351-7904
http://gekkasha.modalbeats.com
「Ibuki Kuramochi vol.2 photo by david palmer -steely dan!」喫茶茶会記店主筆
201809011

世界で活躍されているIbuki Kuramochiさんが下見にきてくれた。
このフライヤーの写真はなんとスティーリー・ダンのデビッドパーマー氏によるもの。
公式HPにもIbukiさんが。
https://www.davidpalmerimages.com/

吃驚してしまう。
いろいろと仕掛けを持っているIbuki女史。同年のダンス・川村美紀子氏と位相が合いそうだ。



(本公演)
2018/10/7(sun) -黒蜥蜴- Ibuki Kuramochi(BUTOH Painting) Noki Kita(violin) Andre van Rensburg(shakuhachiGuitar) door 3500yen adv 3000yen 18:30 open 19:00 start

(リーダー初演)
2016/6/19(sun)Ibuki Kuramochi presents -九泉- Ahunrupar アフンルパル- 19:00 open 19:00 start 2500+drink
2018/9/11(tue)茶会記蓄音機サロン#32 蓄音機で戦前のハワイアンを聴く夕べ 19:30 start 2000yen 1drink i
「新しい前衛の地平への序曲」喫茶茶会記店主筆
20180911

たまにジャズフェスのチラシが送られてくる。
いまだに送る担当者の顔が見えない。
もはや否定的にも思っていない。
データベースをもとにおくっているのか。
よくわからない。


伝統的な十把一絡げ的な手法は
「ジャズフェス」に相応しく整合性がとれている。



"be back hi-school"

photo by akihiko matsuhi


2018/9/21(fri)【うたのとぐち 其の十八 〜山村暮鳥のうた】夜久 一(やくはじめ) 山村暮鳥のうた





◆9月21日(金)

【うたのとぐち 其の十八 〜山村暮鳥のうた】

明治〜大正時代にかけて宿痾と貧困のなかを駆け抜けた詩人・山村暮鳥(やまむらぼちょう/1884〜1924)の
詩、童謡に旋律をつけて歌う、大野慎矢のうたものプロジェクト「山村暮鳥のうた」が
奇数月第三金曜日に主宰する歌の一夜です。 *今回はイレギュラーで土曜日開催

今回のゲストは「夜久 一(やくはじめ)」さん。
「山村暮鳥のうた」は、ヴァイオリン/松井亜由美とコントラバス/宮坂洋生を迎えてのトリオ編成です。

情緒たっぷりの茶会記という空間で、ウタの精髄にふれる時間をどうぞ。

《会場》四谷三丁目・喫茶茶会記(さかいき) http://gekkasha.modalbeats.com/
《時間》開場 19時 開演 19時30分
《木戸銭》2500円(1ドリンク含む)
《出演》
★ 夜久 一(やくはじめ)

自作自演のシンガーソングライター。サニーサイドヴィレッジ出身。現在は、のろしレコードに所属。名付け親は鈴木常吉。
2016年AZUMI監修の元、ファーストアルバム「やく」を全国リリース。
その後、定期的にカセットテープでのレコーディングを行い、2017年はカセット計7本CDR3枚を自主で発表。
関東を拠点とし、年間130本のライブを行いながら精力的に全国へと旅を続ける流れ芸人。
https://eightgauge.exblog.jp/
 
★ 山村暮鳥のうた

● 大野慎矢(歌、ピアノ、ギター)
明治〜大正時代にかけ宿痾と貧困のなかを駆け抜けた詩人・山村暮鳥(やまむらぼちょう)の詩・童謡に曲をつけ歌う、
大野慎矢の主宰ユニット。2005年〜ライブ活動を続けている。
当初はギターの弾き語りだったが、最近ではピアノでの弾き語りを軸として、チェロ、コントラバス、アコーディオン、
バイオリン等を加え、山村暮鳥詩の韻律/心象を描いている。
2015年、DVD「山村暮鳥のうた映像集」を発表(撮影/編集:和久井幸一)。
同年より、四ツ谷三丁目・喫茶茶会記にて、奇数月第3金曜日に「うたのとぐち」を主宰。
大野慎矢の主宰/参加楽団→「トラペ座」「BALKAN」
「mamaclio」「ヨルダン・マルコフ・ブルガリア五重奏団」
「DOSAMA」「Oto-no-Puerto」「Silvan-nox」など。

● 松井亜由美(ヴァイオリン)
1955年広島生まれ ロックのバイオリン弾き 2012年まではCS放送局「朝日ニュースター」勤務のかたわらバンド活動。
主な参加グループは1981年~カトラ・トゥラーナ、1987~93年 石塚俊明、ロケット・マツと3人でシノラマ、
1995年~パスカルズ、1997年~こまっちゃクレズマ、2010年~パンチの効いたオウケストラなど。
原マスミ、友川カズキ、福島泰樹、PANTA、割礼らのライブサポートや すかんち、ソウル・フラワー・ユニオンなどのレコーディングに参加。

● 宮坂洋生(コントラバス)
バンドを始める際によくある、ベースいないからお前ね、ということからベースを手にし、入ったジャズ研ではジャズは
ウッドベースだと言われてからのウッドベース奏者。人から勧められたウッドベースで今日までも、これからも。
世界一周楽団、蜂鳥あみ太とスパンデックス、シャカリーマン、DOSAMA、sensitive brothersなどのバンドに所属しながら、
様々なミュージシャンとのセッションにも参加。
2018/9/21(sat) 打声打トリオ"深夜廟" 2000円(ドリンク付) 23:15〜0:00
9/21 金
齊藤功×行川さをり×吉島智仁
打声打トリオ"深夜廟"
2000円(ドリンク付)
23:15〜0:00

小さく 静かに
膜が 木が 鐘が 声が
震えて 鳴る
夜を弔う 打楽器と言霊の宴


2018/9/22(sat) 茶会記 Groovy's Jazz Street : WE WANT CONTEMPORARY JAZZ 10"LP 「コンポラにもっと光を!」14:00-17:00 1500yen 1drink in


9月22日(土)14:00-17:00 四谷三丁目「茶会記」にて
参集いたします。

「Contemporary Jazz Label」でお持ちの作品ありましたらお聞かせください。
ステレオ発売の傍系「STEREO Records」など大歓迎。BNやRiverside Prestige
などの比べると冷遇されている「コンポラにもっと光を!」(笑い)
欧州録音オリジナルの米国発売盤10"LPなど意外にジャケット・ハンサム!

OFFICE GROOVY
瀧口譲司 (Groovy)


---------------------------------------------------------------------------------


瀧口さんの会は2010年から続いている会になります。
http://gekkasha.jugem.jp/?eid=953838
「ジャズをかけないことがジャズかも」とかなんか言っている
私を完全スルーしてずっと続いているジャズ聴きの凄い方が集まる会です。
今回はコンテンポラリー。レア盤(しかも10)が待ってそうです
私だったら初期だと先輩格に完全に撃沈されるから後期の
ジョーヘン Relaxin at Camarillo のマイワンアンドオンリーラブ(無論12) でなんとか。
秋の季節に

実はジャズマニアの店主より 笑
2018/9/22(sat)Sen Hayashiya(林家扇) presents "Readymade 2018" act.40 2000yen 1drink in 19:00 open 19:30 start
2018/9/23(sun)Reconstructed Standard Trio 14:00 open 14:30 start 2000円+order


Rie sawake 佐分 理恵 pf
Satoshi kouno 鴻野 暁司 ba
Tomohito yoshijima 吉島 智仁 drms

パズルのピースを組み替えるように
スタンダードを再構築する
ピアノ、コントラバス、ドラムスの
スタンダードトリオ。

@四谷三丁目 喫茶 茶会記
14:00オープン
14:30スタート
2018/9/10(mon)朗読と語りのライブ 光子/アンプラグド 〜四谷で文学に浸る夜〜第10夜 「江戸川乱歩特集」19:30 start 2000yen 1drink in


9月10日(月)19時半〜

朗読と語りのライブ

光子/アンプラグド
〜四谷で文学に浸る夜〜第10夜

音響・照明の力をかりず、シンプルな舞台の上で、光子という俳優ひとりの声と身体を用いて、皆様を文学の世界へお連れします。

第10夜は「江戸川乱歩特集」

茶会記のアンティークで情緒のある素晴らしい空間で、乱歩の妖しくもエンターテイメント性溢れる世界を、心ゆくまでご堪能くださいませ…

演目
江戸川乱歩
『火星の運河』
『人間椅子』
『押絵と旅する男』

美味しいお酒や珈琲を味わいつつ、ゆったりと上質な文学に浸る夜をお届けします…

浸り料…2000円(ワンドリンク付き)

光子プロフィール
東京乾電池、ニナガワスタジオ等で演技を学び、数々の舞台や映画に出演。浅草くじら座の一員として浅草リトルシアターにて坂本真プロデュース公演にも参加。

光子ツイッター→@hikari_no_ko325

<< | 2/293PAGES | >>