MENU
Gimmel Garden Italian engraving 2017
2017 project mtg




from 2014 product


http://gimmelgarden.jp/


sakaiki@modalbeats.com
2017/5/16(tue)-22(mon) CHIFIRO MUSIC × 5 - chihiro yamaga exhibition

2017/5/17(wed)「In The Zone vol.2」米澤 一平 tapdancer × Aokid blue dancer open 19:00 start 19:45 ¥1,000 1drink付 投げ銭
「In The Zone vol.2」

米澤 一平tapdancer × Aokid blue dancer

open 19:00 start 19:45

¥1,000 1drink付 投げ銭

at 綜合藝術茶房喫茶茶会記
〒160-0015 東京都 新宿区大京町2-4 サウンドビル1F

(丸ノ内線 四谷三丁目駅から徒歩3分)




" 観客に向けた表現でない。

じぶん自身に、集中するじかん。

聴こえない音に、まだ誰のものでもない身体に、いまの空気に、感覚をぐっと、傾ける。

じぶんの知らない感情が、こぼれていく。

この場に居るヒトたちとのあいだで、生まれる新たなコトバで、この刹那的な対話ヲ、いますごく楽しむ。

みんなで、いまこの瞬間を、共有しよう。"

米澤一平



【 米澤 一平:タップダンサー 】

1989年東京生まれ。TAPDANCER。熊谷和徳主宰Kaz Tap Companyのメンバーとしてタップダンスの文化や音楽性を学び、活動。またTAPDANCE自体のアート性、表現性に無限の可能性を感じ、2014年より自身の感覚を合わせた独自の表現を追究する企画を立ち上げ様々なアーティストとのコラボレーション作品の発表やセッションを行う。



【 Aokid:blue dance 】

1988年東京生まれ。東京造形大学映画専攻卒業。aokid city、どうぶつえん主宰。

そういえばこないだベルリンに行ってきて、壁が崩壊したのは89年。今は2017年。

9年前訪れた時とはだいぶ変わっていたと思う。前の時の方が廃れていて建設中という雰囲気が強かった。

僕は14歳の頃の終わりにブレイクダンスを始め、20歳の頃にその第一線から外れた。それは他の部分をやりたい欲求に強く駆られてのことだった。

その頃にコンテンポラリーダンスもアートも見るように並行してなっていった。ソロの作品を作ったり、カンパニーの作品にも参加し、誰かとの共同作品も作ってきた。今、東京で面白いのはどの部分だろう。お互いのジャンルを脅かしていくような柔軟な思考と身体が、ファンタジスタのように、ゾンビ化する街に光をもたらすんじゃないかと、夢を見ている。それが街の血となり、身体を巡回し、活発なものとなっていけ!

一平くんの始めた数々の小さな試みが、少しづつ街を変えていくんじゃいかと思っているのは僕だけだろうか? いや、たぶん気づかれているはずで、僕も何かせずにはいられないんだ!

iamaokid.tumblr.com

youtube"aokid"
2017/4/26(wed) 大藏千虎の笑い伝承 19:30 start 2500yen 1drink in
大藏千虎の笑い伝承
4月26日(水)19:30〜
場所: 喫茶茶会記
丸ノ内線四谷三丁目駅より徒歩2分
http://gekkasha.modalbeats.com/
ワンドリンク付 2500円
出演: 藤高理恵子/ 荒井龍鳳 / アオキカズヤ
※座席自由 ぶらりとお立寄り下さい

2017/5/19(fri)Naoki Nishimura Unit 「音楽食道楽」 19:00 open 19:30 start 2500yen + drink order
イベントスケジュール・レギュラー一覧
(定例イベント)

(月二回)順不同
・茶会記書道サロン 白石雪妃(毎月 第一、第四木曜日 15:00-22:00 S room)

(月一回)順不同
上原英里演奏会 (毎月 第四木曜日 20:00 L room)
路地裏de狂言〜大蔵彌太郎一門    (毎月 第二木曜日 19:30 L,S room)
・大蔵彌太郎の会(毎月 第四水曜日 19:30 L,S room)
・茶会記クロッキー会(毎月第三木曜日 19:00-21:00 L,S room)
・遊読夜会     (毎月 第一木曜日 19:30-22:00 L room)
・下田敦ギターの音色 (毎月 第一木曜日 20:00-21:00 cafe 投げ銭不要)
・JAMの会     (毎月 第二日曜日 10:00-13:00 S room)
・Audiosharing例会 (毎月第一水曜日 19:00-22:00 S room)
・KJFC例会     (毎月第二金曜日 19:00-22:00 L room)
・瀧口譲司プレゼンツ (毎月第四土曜日 14:00-17:00 L room)
・core talk cafe  (毎月 第一土曜日 14:00-17:00 L room)
・哲学の薔薇園(毎月第三月曜日)15:00-23:00 ※お昼からチャージ500円つきます


(二月毎)順不同
・バービーマコ(偶数月 第二火曜日 19:30 L,S room)
・TOKYO JAZZ ACTION(偶数月 第四火曜日 19:30 Lroom)
・西川祥子(偶数月第三水曜日 19:30 L,S room )
・深水郁     (奇数月 第三土曜日 15:00-16:30 L,S room)
・深夜廟 カイドーユタカ(偶数月 第二金曜 23:30-24:15)
・山内菜々子(偶数月第二月曜日)
・光子(奇数月第二月曜日)
・深淵図譜(DJイベント)


(三月毎)順不同
・tactile sounds (2,5,8,11 第四土曜日 19:00 L,S room)
・益子博之/多田雅範 (4,7,10,1 第四日曜日 18:30 Lroom)
・TEN NO KIFUHOU(1,4,7,10 第四土曜日 19:00 L,S room)(2017年度より)
・平家琵琶 新井泰子(3,6,9,12 第一火曜日 19:30 L,S room)
・坂田明サロン(sax)不定期
・天空茶会(3,6,9,12 第一土曜日 11:00 cafe room)


(四月毎)順不同
・茶会記畜音機サロン (1,5,9の第三火曜日 19:30-21:00 L room )
・ヒグチケイコ nothing is real (3,7,11の第三火曜日)
・春柳会(3,7,11第一土曜日 1:00pm-4:30pm)
・渋谷毅 (2,6,10 第三火曜日)
・焙煎barようこ (3,7,11の第三水曜日 19:30-21:30 L room)
・深夜廟 吉本裕美子 (3,7,11 第一週金曜日 26:00-28:00)
・能見誠プレゼンツ(1,5,9 第二水曜日 19:30 L,S room)
・The Side Of A Hill (2,6,10 第一日曜日 15:00 L,S room)

(半年毎)順不同
・喜多尾浩代(shintai-goto) 「そこ吹く風」(※ 2015より 6,12月第一金曜日)
・筑前琵琶・藤高理恵子 (PM7:30 L,S room)
・「真砂ノ触角」 吉本祐美子(g) 木村由(dance) 
・セロの会


(一年毎)順不同
・長澤しずか 
・yamasin exhibition
・bozzo exhibition
・ryuji kawabata exhibition
・mimi wada exhibition
・sachiko nishikawa exhibition
Headphone Ensemble Project


(不定期)順不同
・MIYA new moon conversation (新月近く)
・杵屋三七郎の会
・山田あずさ(vib) (日曜日14:30)
・あやちクローデル・イーガル
・八巻昭吾(裸術家)
・かもめんたる(漫才)
・石井則仁(Butoh)
・木村由(dance)
・米澤一平(tap dance)
・金子雄生(tp)
・荒野愛子(p)
・木野彩子(dance)
・吉田直子(演劇)
・maezawa presents dance event
・シアターユニットサラ(演劇)
・森重靖宗(cello)
・蛯子健太郎グループ Library
・高原朝彦(g)
・Margatica(dance)
・あがさ(vo.g)
・elegant disc(event)
・春日玲(朗読)
・スズキヤスコ (黒謡 KOKUYOH)
・大原とき緒(映画)
・猪鼻秀一(舞踏)
・ギャランティーク和恵(歌謡曲)
・sound and hefb 池田千夏(p)
・林隆史(g)グループ 不定期
・池上秀夫(double bass) トリオシリーズ improvised prism 
・トマツタカヒロ・肉態表現
・音ほぐし 
・おどるなつこ(tap)
・空中楼閣
・八木美知衣(箏) 松浦このみ(朗読)
・蜂鳥姉妹 
・鉄芸(日本刀・道具 鑑賞会)
・Lierre 森本由希子(vln)
・おどるなつこ(tap)
・小野文子(vo,p)
・根耒裕子(dance)
・阿久津智美(dance)
・ジョー(g) サンバ
・レオナ(tap dance)
・story telling bird(無声映画)
・松本ちはや(perc)
・SKY TRIO(jazz)
・Miyama McQueen-Tokita(koto)
・山村暮鳥のうた
・caferereggio
・カロムの会 (滋賀おはじき)
2017/5/21(sun)『螺旋境にて』ー稲垣足穂ー 有村肯弥(朗読)+津田貴司(音) (映像協力:須佐岳彦)open 19:30 start 20:00 2500yen + 1drink order

『螺旋境にて』 ー稲垣足穂ー
有村肯弥(朗読)+津田貴司(音)
(映像協力:須佐岳彦)

日時:2017年5月21日(日)開場19:30/開演20:00
料金:2500円+1drink

有村肯弥
パフォーマンス・アーティスト、役者。Et in terra pax(エト・イン・テラ・パックス)主宰。代表作『Out of sight, out of mind.』『SEA HORSE』『evil』。近年は、怪談『耳なし芳一』、三木成夫の学術論文を読む『Plant – Animal』など、朗読を主軸とした「メタ朗読」作品の発表を続けており、詩、小説などのテキストを、独自の感性で舞台化している。


津田貴司
サウンドアーティスト。ソロ名義hofliとしてフィールドレコーディングに基づいた音楽活動を展開。津田貴司としてサウンド・インスタレーションを発表するほか、ワークショップ「みみをすます」シリーズを継続。主なCD作品は『湿度計』『雑木林と流星群』『十二ヶ月のフラジャイル』など。2016年リリースした最新作『木漏れ日の消息』を発展させた音の展示を、この春、淡路島からスタートさせる。




会場:綜合藝術茶房 喫茶茶会記
〒160-0015 新宿区大京町2-4 1F
http://gekkasha.modalbeats.com/

電話 03-3351-7904
メール sakaiki@modalbeats.com



企画:PNdB-atelier
「system」(喫茶茶会記福地筆)
20170426

筆者はかつてシステムエンジニアだった。
システムエンジニアとはコンピュータ関連といったイメージもあるが
それだけでなく
人員のデプロイメントやモチベーションコントロール等も包含される。
その美しく配置された普遍的状況は極めて芸術的である。
そのようなことを具現化してきた諸先輩をわたしは数少ないが実際的に知っている。
喫茶茶会記も10年を迎える。様々な方が参画している。
その蓄積でえられたシステム(体系)は強固であるともいえる
筆者の個人的嗜好や痛烈な悩みなぞ粉砕される状況になっている

そのことはよいことである。







2017/4/16(sun) ayane matsumine








masuko x tada = yotsuya tea party vol.25: track listing
new from New York Downtown scene in first quarter of 2017


1. Theo Bleckmann
track 4: The Mission (Theo Bleckmann) 7:44
Theo Bleckmann - voice, live electronic processing; Shai Maestro - piano, keyboards; Ben Monder - electric guitar; Chris Tordini - double bass; John Hollenbeck - drums, percussion.
recorded by James A. Farber at Avatar Studios, NYC in January 2016.
album "Elegy" (ECM Records ECM 2512)

2. Craig Taborn
track 2: Abandoned Reminder (Craig Taborn) 7:46
Chris Speed - tenor saxophone, clarinet; Craig Taborn - piano, Farfisa Compact organ, Sequential Circuits Prophet 6 synthesizer, electronics; Chris Lightcap - double bass, electric bass; Dave King - drums, percussion, electronic percussion.
recorded by James A. Farber at Avatar Studios, NYC in May 2016.
album "Daylight Ghosts" (ECM Records ECM 2527)

3. Jim Black
track 1: Almost Awake (Jim Black) 3:56
track 7: Just Turned Two (Jim Black) 5:27
Óskar Guðjónsson - tenor saxophone; Elias Stemeseder - keyboards, laptop; Chris Tordini - electric bass; Jim Black - drums, sampler.
recorded by Amandine Pras at Water Music, NJ on March 25-26, 2016 and August 20-21, 2016.
album "Malamute" (Intakt Records Intakt CD 283)

4. Eivind Opsvik
track 3: Extraterrestrial Tantrum (Eivind Opsvik) 4:34
track 7: Shoppers and Pickpockets (Eivind Opsvik) 5:23
Tony Malaby - tenor saxophone; Jacob Sacks - piano, RMI rock-si-chord organ; Brandon Seabrook - electric guitar; Eivind Opsvik - double bass, analog bass synthesizer, Oberheim drum machine, hand claps; Kenny Wollesen - drums, percussion, Rhythm Ace drums machine, hand claps.
recorded by Tom Schick at Sear Sound, Studio A, NYC on June 20, 2016.
album "Overseas V" (Loyal Label LLCD 020)

5. Matthew Stevens
track 4: Cocoon (Matthew Stevens) 7:56
Matthew Stevens - electric & acoustic guitars, sampling, synthesizer, electric bass (2); Vicente Archer - electric bass; Eric Doob - drums, sampling, synthesizer, programming; Esperanza Spalding - vocals (8).
recorded by Kyle Hoffmann at Revolution Recording, Toronto. ©2017
album "Preverbal" (Ropeadope Records RAD-339)

6. Vitor Gonçalves Quartet
track 2: Cortelyou Road (Vitor Gonçalves) 8:53
Vitor Gonçalves - piano; Todd Neufeld - electric guitar; Thomas Morgan - double bass; Dan Weiss - drums.
recorded by Ryan Streber at Oktaven Audio, Mount Vernon, NY on June 5, 2015.
album "Vitor Gonçalves Quartet" (Sunnyside Records SSC 1462)

7. Rema Hasumi
track 1: Vers Libre I (Rema Hasumi) 3:54
track 2: Still or Again (Rema Hasumi) 7:04
Rema Hasumi - piano, voice; Masa Yamaguchi - double bass; Randy Peterson - drums.
recorded by Ryan Streber at Oktaven Audio, Mount Vernon, NY on June 16, 2016.
album "Billows of Blue" (Ruweh Records 004)

8. Sylvie Courvoisier/Mary Halvorson
track 4: Absent Across Skies (Mary Halvorson) 7:08
Sylvie Courvoisier - piano; Mary Halvorson - electric guitar.
recorded by Joseph Branciforte at Studio LULU, Brooklyn on August 21, 2016.
album "Crop Circles" (Relative Pitch Records RPR 1045)

9. Stephan Crump/Ingrid Laubrock/Cory Smythe
track 1: With Eyes Peeled (Crump/Laubrock/Smythe) 5:49
Ingrid Laubrock - tenor & soprano saxophones; Cory Smythe - piano; Stephan Crump - double bass.
recorded by Ryan Streber at Oktaven Audio, Yonkers, NY on August 13, 2015.
album " Planktonic Finales" (Intakt Records Intakt CD 285)

10. Matt Mitchell
track 2: TRĀÇĘŚ (Tim Berne) 9:56
Matt Mitchell - piano.
recorded by Daniel Goodwin at Systems Two, Brooklyn. ©2017
album "Førage" (Screwgun Records)
<< | 2/239PAGES | >>