「Daddy's Socks VS 喫茶茶会記 ジャズ喫茶店主・友情的闘争」喫茶茶会記店主筆
20180623

近年ジャズ喫茶関連のお客様のトポスとなっている
Daddy's Socksさんに先日参る。
様々な情報交換を行いつつ、
店内にリー・モーガンの超格好良い写真があるので
いきなり場数の多い私は闘いを仕掛ける。
「リー・モーガンで好きな三枚はなんですか?」
この質問で対象者の資質を私は長年の経験で見抜くことが可能だ。
いくら博識でも感動体験とは別の領域だからである。
オーナーの小野さんは即応する。
まずこの時点で凄い。
はじめに「キャンディ入れちゃっていいですか?」と私に聴く



この質問の仕方にはジャズマニアしか知り得ない深い意味がある。
入門本に必ずあるのでとりあえずという側面と
例え耳タコ盤であっても死線を潜り抜けたジャズファンであれば
どうしても三本の指には入れるであろうという確信においての側面である。
無論、小野さんは後者である。

二枚目は「ジゴロ」。茶会記にもLPがあるにはあるのだが納戸にしまっていて反省。
正直ガッツリ聞いていないのだ。恥ずかしい。今度大音量できかないと。



三枚目はコーンブレッド。このB面はわたしもヘビーローテーションをしていた
時代があり、店の店主同志の友情感覚に増幅がかかる。



さて、私の三枚はなににするか
先手逃げ切りで小野さんの深さに正直参ってしまった。

いまさら玄人ぶってジャケがクールな「ライトハウス」「クッカー」や「インディード」
をだしたとしてタイに持ち込むのも悲しい話。

ピンチ。

そこで私は負けることにした。

負けの美学。それはジャズに相応しいのである。

ブルーノートラストセッション。これしかない。



リー・モーガンはブルーノートで育ってきたといってよい。
かつ、わたしはリー・モーガンの現在に連なる影響力に焦点をあてた。
ラストセッションのテナーはビリーハーパー。
私の好きなテナーである。
ハーパー作曲の「クロケットバレー」は
ラストセッションはもとより
ブラックセイントの一番目のアルバムにも収録されている。
私の座右の曲だ。



アジアでのコンサート盤でも然り。一貫性の極み



ビリーハーパーの男気にはリー・モーガンへの畏敬がある。
採用したトランぺッターには皆そのような面影がある。

私の三枚はこの確信的三枚だ。

反則負け。なのだが、からかいのない本気の負け。
そのことを少しの人でもわかってもらえれば幸いである。


「ジャズオーディオ・マルチアンプとシングルと」喫茶茶会記店主筆
20180620



先日、ジャズオーディオの師匠的な方の家に久しぶり参った。
吉川さんは志木のBuncaでマルチアンプ構成を設定した始祖である。
お店でマルチというのは至難の業であり都内ではなかなか見当たらない。
吉川さんの部屋が手狭になったということでBuncaオーナー様の自宅用スピーカー
がこちらに来た。50年代の女性ボーカルであればどの茶会記のユニットをも
凌駕する文化力を発揮する。いつぞやこのGODDMANのスピーカーーを使って
オリジナル版持ち込みイベントでも久々にしようかとも考えてみる。


「From "Rikapepe" ジャズレディ」喫茶茶会記店主筆
20180619


Thanks a lot ♪







「日曜美術館・原美術館」喫茶茶会記店主筆
20180617

原美術館の佐藤さんから本日の日曜美術館の取材が行われた旨を知る。

日曜美術館「外国人を魅了する日本の美術館」


展示中の素晴らしい写真展


茶会記発足前からの顔見知り・原美・佐藤さんと前庭の壮麗・旬の泰山木と

「コンセクレーション ・路地裏de狂言7周年記念」喫茶茶会記店主筆
20180614


大倉家による月一の一貫したイベント
わたしも今回は末端の演者として参画した。
昔から支えてくれている和代さんからの贈り物
コンセクレーション 涙



「BIG HAND for HANSHIN - paint my heart red」喫茶茶会記店主筆
20180606



ふと思うとき聴く曲。
わたしは関東以北の人間であり、このアルバムを教えてくれた方も関東の方である。
茶会記は関東大震災の際はボトルが全部落ち、排気ダクトが崩壊し休業を余儀なくされた。
だけど関西と関東は繋がっている。

そのようなことを常に考えたりもする。




「Ippei Yonezawa & the Best Friends」喫茶茶会記店主筆
20180606

次世代を撃つ猛者ども達。超越的なグルーヴを感じさせた。
photo by bozzo





「フォーキーな旋律」喫茶茶会記店主







茶会記盟友のダンス・木野彩子による鳥取イベントでの
池田千夏の演奏。
そのピアノソロバージョンが先日行われた。

千夏の初夏を喚起する。
旋律とアブストラクトのブレンド。絶妙のさじ加減を感じる。
曲や状況によりたゆまなくかわる演奏。優しさ。
メロディを裏切らず抽象化される美で終わる場合もありで。

1set
ジェノベーゼ
ペチカ
こきりこ節
もみじ
めだかの学校

2set
Soil
THYME
霖雨
蛍の光


次回は10/8(祝)体育の日 14:30開始。



「恋愛について」喫茶茶会記店主筆
20180605


システム業界に15年携わり、アナログ業界に11年携わっている。
従いまだシステム的な精神が血の中にある。ある種唯物的な。
システム的に纏めようという魂胆がある。
それでもいろいろとふと気づくことがある。
茶会記を11年もやってるとふと気付くこともあるのだけども
それは空中で昇華される。

「ヒッキー作 胃腸修復キット」喫茶茶会記店主筆
20180605

胃痛で脂汗の店主への
主任スタッフヒッキー作。

ワイルドな処方だが見事復活。
本当に駄目な時はなにも接収しないことに尽きる。



<< | 2/115PAGES | >>