MENU
「Leroy Walks!とジャズオーディオ」(喫茶茶会記店主筆)
20170305
Leroy Walks!(二度目の「20年」)
Audiosharing より引用
http://audiosharing.com/blog/?p=22227

締めの一曲としてかけた「Leroy Walks!」を聴いていた喫茶茶会記の店主・福地さんがいった。
「(この音なら)岩崎千明さんも喜ぶはず」と。
福地さんは私よりも若いから、岩崎先生の文章にリアルタイムで触れてきたわけではない。
喫茶茶会記をジャズ喫茶だと思っていない人の方が多くとも、
喫茶茶会記はジャズ喫茶である。
私が鳴らした「Leroy Walks!」を、どういわれるか。
わからない、というのが本音だ。
私だって、岩崎先生の文章をリアルタイムで読んだのは、わずか数ヵ月。
岩崎先生に、私は会えなかった。
岩崎先生も「Leroy Walks!」も聴かれていたであろう。
どんなふうに鳴らされただろうか。
岩崎先生はLPで聴かれていた(はず)。
私はCDで「Leroy Walks!」を聴いた。
それだけ月日が経っている。
ずいぶんと経っている。
1977年3月に亡くなられた。
昨晩から3月である。
二度目の「20年」が、ここにもある。

「暖かい旋律」(喫茶茶会記店主筆)
20170223

収録の最終日の情景、主役の方より。心に響く



「店主日記1000回記念 一番初めの内容」喫茶茶会記店主筆
20170213

モーダルビーツという概念とドメイン、お茶会(カフェで2時間談話するだけ)をはじめたのが2002年。
初のスレッドは2006/9/16。2007/5/26の喫茶茶会記発足前のものになる。
喫茶茶会記前身のビンテージオーディオサロン「音の隠れ家」に通っていたころの内容になる。
今、現在においては必定といえる偽装高等遊民のトポス(笑)を標榜する喫茶茶会記における無意識に潜む空気感を喚起する。

--------------------------


「オランダ・フィリップスムジカボックスとロベール・ドアノーと」

20060916

四谷三丁目の音の隠れ家に久々に出向く。
驚愕のオランダ・フィリップスムジカボックス(仮名)から太く甘い
ラジオの音が聴こえる。1952年作らしい。
日本では高峰秀子邸他3台しか納品されたなかったらしい。
いいものを間近で見ることができて幸せだ。
それとロベール・ドアノーの写真文庫を見せてもらった。
時空を超えた画像。フランスではポピュラーな写真家らしいが
いやはや「キス」の写真はみたことがあったのだが・・・
日々驚き、学ぶ

音の隠れ家 ムジカボックス





「アイドルおっかけの美学」喫茶茶会記店主筆
20170209

かつて喫茶茶会記にもアイドルが近所に住んでいて店を手伝ってもくれていた

2008年07月19日 19時18分の様子 茶会記1周年記念 左よりマホ、北山朝美、裕紀、森光大


裕紀ライブでは様々なオタク風の男達が来ていたのだが
皆軍隊のように周りに迷惑がかからないようにお越しになり、帰っていく。
そしてその所作の無名性の格好良さは人生のプリンシパルになることを確信している。








「Asahiko Takahara 高原朝彦」(喫茶茶会記店主筆)
20170202

寒い冬のソロ 心が温まる



1st set:即興〜グリーンスリーブス(40min くらい)
2nd set:a)サラバンド(F.プーランク作曲)
     b)即興
c)サラバンド+即興
(無伴奏ヴァイオリン パルティータ1番 J.S.バッハ)
d)調性的な即興

2nd set もトータルabout 40min.



筆者が撮影。
3シャッターのみに心を込める。



『死去各位一覧・2016年』 海外篇 by Taku Satonaka


『物故者一覧・2016年』

海外篇
L´eo Marjane
1912.8.26仏-2016.12.18仏
Hans Pischner
1914.2.20独-2016.10.15独
Irving Fields
1915.8.4-2016.8.20
Horacio Salg´an
1916.6.15爾-2016.8.19爾
Annie de Reuver
17.2.19蘭-16.1.1蘭
Mike Pedicin
17.10.24-6.26
Sir Charles Thompson
18.3.21-6.16日
Sidney Mear
18.6.23-3.13
Oscar Brand
20.2.7加-9.30
Hubert Giraud
20.2.28仏-1.16瑞
Al Caiola
20.9.7-11.9
Edmond Harnie
20.9.18白-10.14白
Moe Wechsler


20.10.15-2.18
Phil Chess
21.3.27波-10.19
Kitty Kallen
21.5.25-1.7墨
Joe Cabot
21.7.12-3.7
Hugo Strasser
22.4.7独-3.17独
Toots Thielemans
22.4.29白-8.22白
Kay Starr
22.7.21-11.3
Bryce Rohde
23.9.12豪-1.26
Alirio D´iaz
23.11.12委-7.5伊
Neville Marriner
24.4.15英-10.2英
Louise ´Etienne
24.9.3仏-3.22仏
Gogi Grant
24.9.20-3.10
Howard Koslow
24.9.21-1.25
Rudy Van Gelder
24.11.2-8.25
Jack Feierman
24.11.3-1.19
Herbert Hardesty
25.3.3-12.3
Pierre Boulez
25.3.26仏-1.5独
Patrice Munsel
25.5.14-8.4
Zena Latto
25.10.25-4.5
Sir George Martin
26.1.3英-3.8英
Aur`ele Nicolet
26.1.22瑞-1.29独
Bill Henderson
26.3.19-4.3
Bernard Zaslav
26.4.7-12.28
Delle Haensch
26.5.10独-3.1独
Tony Martel
26.6.23-11.27
Claude Williamson


26.11.18-7.16
Joe Harris
26.12.23-1.27
Al Stewart
27.2.26-10.17
Fred Hellerman
27.5.13-9.1
Remo D.Belli
27.6.22-4.25
Mose Allison
27.11.11-11.15
Bhumibol Adulyadej[King Rama ]
27.12.5-10.13泰
W.D.Amaradeva
27.12.5錫-11.3錫
Fred Tomlinson
27.12.18英-7.17英
Edgar "Dooky" Chase Jr.
28.3.23-11.22
Alfredo "Chocolate" Armenteros
28.4.4玖-1.6
Mike Daniels
28.4.23英-10.18英
Sonny James
28.5.1-2.22
Erich Traugott
28.5.18波-6.26加
Ron Kalina
28.8.4-1.13
Micki Marlo
28.8.12-9.20
Einojuhani Rautavaara
28.10.9芬-7.27芬
Ernestine Anderson
28.11.11-3.10
Yolande Fox
28.11.29-2.22
Jean-Jaques Perry
29.1.20仏-11.4瑞
Jane Little
29.2.2-5.15
Betty Loo Taylor
29.2.27布-12.21布
Buster Cooper
29.4.4-5.13
Joe Temperley
29.9.20蘇-5.11
George Reznik


29.11.25加-7.23加
Nikolaus Harnoncourt
29.12.6独-3.5墺
Julius La Rosa
30.1.2-5.12
Marni Nixon
30.2.22-7.24
Allan Williams
30.3.17英-12.30英
Claus Ogerman
30.4.29波-3.8独
Michael White
30.5.24-12.6
Pete Fountain
30.7.3-8.6
Bruce DeMoll
30.7.13-10.12
Paul Dudune
30.7.14-9.24
Joe Shepley
30.8.7-3.26
John Fischer
30.8.11白-8.17
Elsie Bianchi
30.11.5瑞-7.17
Curly Putman
30.11.30-10.30
David Meltzer
31.2.17-12.31
Jack Lidstr¨om
31.5.1典-1.16典
Louis Smith
31.5.20-8.20
Headley Bennett
31.5.29牙-8.21牙
Freddy Sunder
31.6.4白-8.5白
Paul McDowell
31.8.15英-5.2英
Derek Smith


31.8.17英-8.21
David Baker
31.12.21-3.26
Scotty Moore
31.12.27-6.28
Don Francks
32.2.28加-4.3加
Shelley Moore
32.3.10英-6.23
Debbie Reynolds
32.4.1-12.28
Joe Marillo
32.5.24-3.26
Pauline Oliveros
32.5.30-11.25
John Chilton
32.7.16英-2.25英
Paul Bley
32.11.10加-1.3
Natalie Lamb
32.11.10-10.7
Gato Barbieri
32.11.28爾-4.2
Bob Cranshaw
32.12.10-11.2
Charles Davis
33.5.20-7.15
Jean Shepard
33.11.21-9.25
Florence Henderson
34.2.14-11.24
Pierre Barouh
34.2.19仏-12.28仏
Giorgio Gomelsky
34.2.28具-1.13
Claude Vihn-San
34.4.8払-7.13払
Robert Stigwood
34.4.16豪-1.4英
Leonard Cohen
34.9.21加-11.7
Billy Paul
34.12.1-4.24
G´etatch`ew M`ekurya
35.3.14哀-4.4哀
Alan Haven
35.4.1英-1.7英
Anne Germain
35.4.15仏-9.13仏
Don Friedman


35.5.4-6.30
Jimmy Borges
35.6.1布-5.30布
Jacques Schols
35.6.21蘭-12.30蘭
Hod O'Brien


36.1.19-11.20
Bobby Wellins
36.1.24蘇-10.27英
G´erard Bourgeios
36.6.17仏-7.8仏
Joe Ligon
36.10.11-12.11
Shirley Bunnie Foy
36.10.13-11.24仏
Merle Haggard
37.4.6-4.6
Don Buchla
37.4.17-9.14
Fran Jeffries
37.5.18-12.15
Chips Moman
37.6.12-6.13
Joe Moscheo
37.8.11-1.11
Gib Gilbeau
37.9.26-4.12
Carlo Mastrangelo
37.10.5-4.4
Michael S.Harper
38.3.18-5.7
Bonnie Brown
38.7.31-7.16
Tony Conrad
40.3.7-4.9
Bob Kindred
40.5.11-8.15
Hans[Hanno] Rempel
40.10.5逸-8.22独
Dave Hubbard
40.10.15-3.17
Leon Henderson
40/41-2(75)
Jo~ao Palma
41.1.16伯-5.9伯
Bobby Hutcherson
41.1.27-8.15
Gilbet Kaplan
41.3.3-1.1
Alfons W¨urzl
41.3.9墺-4.5独
Paul Kantner
41.3.17-1.28
David Swarbrick
41.4.5英-6.3
Fredrik Nor´en
41.4.21典-5.16典
Connie Crothers
41.5.2-8.13
Paul Smoker
41.5.8-5.14
Frank Collett
41.5.31-1.25
Janusz Muniak
41.6.3波-1.31波
Chuck Berg
41.7.1-7.26
Mac Chrupcala
41.7.15-11.26
Pete Yellin
41.7.18-4.13
Lonnie Mack
41.7.18-4.21
Hans Jeffert
41.7.19独-2.21独
Pat Upton
41.8.5-7.27
El Lebrijano
41.8.8西-7.13西
Knut Keisewetter
41.9.13独-12.28独
Signe Toly Anderson
41.9.15-1.28
Guy Clark
41.11.6-5.17
Dan Hicks
41.12.9-2.6
Maurice White
41.12.19-2.3
Pinise Saul
41.12.31南-10.26英
Ren´e Ang´elil
42.1.16加-1.14
Otis Clay
42.2.11-1.8
Leon Haywood
42.2.11-4.5
Leon Russell
42.4.2-11.13
Steve Young
42.7.12-3.17
Jeremy Steig
42.9.23-4.13日
Carlton Kitto
42印-11.28印(74)
Andy Thunderclap Newman
42.11.21英-3.30英
Bobby Vee
43.4.30-10.24
Aloisio Milanez Aguiar
43.7.23伯-7.8伯
Louis Stewart
44.1.5愛-8.20愛
Frank Sinata Jr.
44.1.10-3.16
Joan Marie Johnson Faust
44.1.15-10.5
Randy Jones
44.1.23英-6.13
Nicholas Caldwell
44.4.5-1.5
Bernie Worrell
44.4.19-6.24
La Velle
44.5.22-2.4瑞
Ireng Maulana
44.6.15咬-3.6尼
Nan´a Vasconcelos
44.8.2伯-3.9伯
Jef Coolen
44.10.7白-1.29白
Keith Emerson
44.11.2英-3.10
Greg Lake
44.11.10英-12.7英
Terry Plumeri
44.11.28-3.31
Dominic Duval
45.4.27-7.22
Ken Rhodes
45.8.14-8.31
Gary Loizzo
45.8.16-1.16
O'Donel Levy
45.9.20-3.14
Allan Zavod
45.10.16豪-11.29豪
Michel Delpech
46.1.26仏-1.2仏
Bill Kyle
46.4.9蘇-10.31蘇
L´eon Francioli
46.5.22瑞-3.9瑞
Mentor Williams
46.6.11-11.16
Janusz Stefanski
46.6.14波-11.4独
Jacques Mahieux
46.6.24仏-3.10仏
Roland Prince
46.8.27提-7.16
Patty Duke
46.12.14-3.29
David Bowie
47.1.8英-1.10英
Buckwheat Zydeco[Stanley Dural Jr.]
47.11.14-9.24
Sergio Vitier
48.1.18玖-5.1玖
Keith Gemmell
48.2.15英-7.24英
Ruby Wilson
48.2.29-8.12
Rick Parfitt
48.10.12英-12.24西
Glenn Frey
48.11.6-1.18
Alphonse Mouzon
48.11.21-12.25
Gayle McCormick
48.11.26-3.1
Allan Barnes
49.9.21-7.25
Rod Temperton
49.10.9英-10.5英
Juan Gabriel
50.1.7墨-8.28
Jadranka Stojakovic
50.7.24斯-5.3斯
Hannes Beckmann
50.8.24独-3.17独
Mic Gillette
51.5.7-1.17
Dennis Davis
51.8.28-4.6
Heinrich Schiff
51.11.18墺-12.23墺
Rob Wasserman
52.4.1-6.29
Zolt´an Kocsis
52.5.30洪-11.6洪
Mark Gray
52.10.24-12.2
Preston Hubbard
53.3.15-8.17
Michael Di Pasqua
53.5.4-8.29
Brad Fuller
53.11.5-1.3
David Egan
54.3.20-3.18
Johannes[Hannes] Bauer
54.7.22逸-5.6独
Steave Grover
56.2.26-7.7
Sharon Jones
56.5.4-11.18
Nora York
56.8.13-9.3
Doug Raney
56.8.29-5.1
Marco Eneidi
56.11.1-5.24
Daniela Dess`i
57.5.14伊-8.20伊
Holly Dunn
57.8.22-11.15
Detlev Beier
57.8.30独-6.18独
January Christy
58.1.17尼-9.16尼
Prince
58.6.7-4.21
Barrelhouse Chuck
58.7.10-12.12
Vanity[Denise Katrina Matthews]
59.1.4加-2.15
Pete Burns
59.8.5英-10.23英
Victor Bailey
60.3.27-11.11
George Robert
60.9.16瑞-3.14瑞
Joe Ascione
61.3.14-3.11
Olle Ljungstr¨om
61.8.12典-5.4典
Vassil Parmakov


61.9.30勃-5.21勃
Candye Kane
61.11.13-5.6
Emilio Navaira
62.8.23-5.16
George Michael
63.6.25英-12.25英
Harald Devold
64.5.13諾-2.19諾
Nick Menza
64.7.23-5.21
Lutz B¨uchner
68.8.5独-3.11日
Danny Nettey
68.9.19-7.15
Roger Cicero
70.7.6独-3.24独
Kathrin Lemke
71.9.27独-1.22独
Joey Martin Feek
75.9.9-3.4
Christina Grimmie
94.3.12-6.11


――――――――――――――――――――――――
国名又は地域名漢字一字表記の一部註釈。
委ベネズエラ。錫セイロン/スリランカ。具グルジア/ジョージア。払フランス海外県。哀エチオピア。逸旧東ドイツ。咬旧オランダ領東インド。提アンティグア。斯ボスニア。

以上

『死去各位一覧・2016』 国内 By taku satonaka
『物故者一覧・2016年』

国内篇
Aiko Kano
1907.1.1 -2016.3.29
Tomoji Tsuruzawa
1913.12.9-2016.12.13
Toshiyuki Miyama
21.10.31-5.24
Yasuteru Miura
26-11.20(90)
Yuriko Haruno
27.3.18-10.25
Satoru Oda
27.9.27-9.5
Kosaku Toguchi
27.12.9-9.17
Ryutaro Iwabuchi
28.1.21-1.5
Osamu Uchida
29.10.5-12.11
Koho Uno
30.5.9-6.10
Kan Horiuchi
30.6.10-5.20
Tetsu Kisou
30.11.8-3.26
Masako Togawa
31.3.23-4.26
Akihiro Komori
31.4.26-6.5
Toru Sasaki
32.2.18-6.20
Isao Tomita
32.4.22-5.5
Tadatsugu Sasaki
33-4.30(83)
Rokusuke Ei
33.4.10-7.7
Kyosen Ohashi
34.3.22-7.12
Tsuyoshi Ito
35.1.2城-12.15
Hidewo Arashino
35.6.6-10.14
Hayashi-Koba
35.7.27-1.11
Touho Wakayagi
37-11.29(79)
Fujio Iwasaki
37/38-4.9(78)
Makoto Kimata
38-7.27(78)
Tetsujiro Obara
41.3.23-12.12?
Yumi Ito
41.4.1-5.18
Akihiko Takashima
43.5.24-10.16
Akiko Shimoji
43.12.5-11.17
Hiroko Nakamura


44.7.25-7.26
Keiichi Ishizaka
45.8.25-12.31
Ryo Fukui
48.6.1-3.15
Toshio Mashima
49.2.21-4.21
Lily
52.2.17-11.11
Kyoji Hoshikawa
53.4.18-5.16
Kazuhito Murata
54.1.2-2.22
Masaki Matsubara
54.6.27-2.8
Shigeru Watanabe
56.12.16-7.17
Dairo Miyamoto
57.2.10-10.11
Yoshibow
57.5.7-5.20
Mika Kurosawa
57-12.1(59)
Masayuki Tanaka
58.3.4-6.2
Masaaki Hayashi
58.8.30-5.26?
Tomohiko Kira
59.12.6-7.3
Hirofumi Asamoto
63-11.30(53)
Ken Morioka
67.3.15-6.3
Gen Ikeda
68.5.28-7.6
Kenichi Kurosawa
68.8.11-12.5
Michiyuki Kawashima
69.8.24-10.9
Eri Sugai
71.1.6-12.21
Koji Wada
74.1.29-4.3
Yasumasa Hashiguchi
80.3.14-12.8
Asahi Kato
99.10.10-5.20



Takumi Ohta
49-10.11
added by fumito fukuchi

――――――――――――――――――――――――
『物故者・追補篇』

2012年
Elliott Carter
1908.12.11 -2012.11.5
Graeme Bell
14.9.7豪-6.13豪
Jack Di´eval
20.12.21仏-10.31仏
Sune Sp゜angberg
30.5.20典-6.21典
Jimmy Bond
33.1.27-4.26
Victor Gaskin
34.11.23-7.14
Mike Melvoin
37.5.10-2.22
Jacky Samson
40.4.11仏-10.3仏

2013年
Don Nelson
27.1.20-13.9.10
Don Shirley
27.1.29-4.6
Odette ´Etienne
28.3.21仏-7.18仏

2014年
Harold Lootens


23/24-14.5.24(90)
H´elcio Milito
31.2.9伯-6.7伯
John Ore
33.12.17-8.22
Rob Langereis
39.2.7蘭-14.8.8蘭
(After Hours/Goykovich、bassist)


2015年
Ebbe Grims-land
1915.6.11典-2015.1.27典
Nat Peck
25.1.13-10.24英
Smokey Johnson
36.11.14-10.6
Joerg Reiter
58.11.22独-7.2独
Travis Hill
87.8.7-5.4日


追補
Toshio Mashima
49.2.21-4.21


2012年
Tomasz Szukalski
47.1.8波-12.8.2波


――――――――――――――――――――――――
国名又は地域名の漢字一字表記の一部註釈
城:旧京城。典:スウェーデン



「現代思想6 臨時創刊 (1985)より抜粋 『親鸞と一休』 〜寺内大吉 から得る『総合芸術』の契機・」喫茶茶会記店主筆
20170130

筆者は禅宗系統なのだけど
念仏系の凄さを知っている。

本当の「連携」とはこのようなことなのだと思う
15年前の仲間向けへの発信をここに再展開するのだけれど

このような本質的なこと(念仏系・寺内氏の凄さ)の伝達は持続されるべきだと考える。


----------------------------------------
「襟巻の暖かそうな黒坊主」愚禿親鸞


『親鸞と一休』   〜寺内大吉

親鸞の二百回忌に参じた禅僧の一休はこんな歌を詠んだという。

襟巻の暖かそうな黒坊主
此奴が法は天下一なり

臨済僧の一休が「天下一」と断じたのはいささか奇異なてざわりをうけなくもない。 しかし一休は

成仏は異国本朝もろともに
宗にはよらずこころにぞよる

と喝破しているから、親鸞思想の核心をまともに把握していたと信頼してよい。

「歎異抄」はこんな文章も綴る。
「たとい法然聖人にすかされまいらせて、念仏して地獄におちたりとも、さらに後悔すべからずさふらふ(候)。」

比叡山の堂僧だった親鸞は、東山にいる法然のもとへ走り、専修念仏へ帰入した。
以後は念仏ひとすじの信仰に徹しきるわけで、師法然へすべてをゆだねたわが身を表白した文章である。

絶対憑依を表白した文章としては修飾が誇大にすぎないであろうか。
親鸞は、よほど切迫した状況へ追い込まれていたのではあるまいか。
法然に欺かれて地獄におつるうんぬんとは何事であろうか。

ぼくらは建永2年(1207年)初頭における専修念仏弾圧の事件を想起せざるを得ないのである。
後鳥羽上皇の愛妃たちが専修念仏に魅かれて院の御所を脱走、法然の弟子だちとの密通を糾弾された事件である。
法然は四国へ親鸞も越後へ流罪となっている。

当時の歌人藤原定家の日記「明月記」によると、多数の念仏者たちが投獄され、拷問を受けた事実も明らかにしている。

逮捕、投獄、拷問・・・親鸞は獄中で数々の犯罪者を目撃し、彼らとも会話もかわしたであろう。
哀れな悪人たちの正体を知ったにちがいない。また拷問を受けながら親鸞自身迷ったであろう。国法を犯して
念仏を続けていいものかどうか。地獄へ直行するのではないだろうか。

鞭の嵐と内面に渦巻く煩悶

親鸞はこの切迫した状況のなかで、ある人物像だけを辛うじて見つめることが出来た。
師の法然の顔であった。たとえ地獄へおちてもあの師のあとをついてゆこう。

越後流刑に際し親鸞は藤井実彦などという名前をもらっている。縁もゆかりもない俗姓だった。
強い抵抗感をこめて彼は
「流罪以後、愚禿親鸞・・・・ 」と名乗ることにしたという




生涯に二度も自殺を試みたという一休宗純。彼の出自は、北朝の後小松帝が南朝の姫にうませた落胤だったと伝えられる。
激しく主権を争った南北朝。骨肉のいがみ合いが、そのまま一休の人生スタートであった。
暗い宿世の星は、親鸞の教説を一字一句に至るまで吸収しつくしたことであろう。

「襟巻の暖かそうな黒坊主」こそは一休の心の師でもあった。

四十歳ごろの一休は泉州の境にいて腰に木剣一本をぶちこんで蓬髪をふり乱して商都の街筋を徘徊してまわったという。
八十歳に近い晩年になって盲の女性森待者との愛慾に溺れていた。ようやく儲けた一子は死産だった。

-----血塊は嬰児なりき。

庭先に亡骸をうめている柴野大徳吉法主一休は、尽きることを知らない涙にむせんだ。
禅家にして禅僧に非ず。

ぼくは親鸞の正統な系譜をたどり得た僧こそ、一休宗純だったと信じている。






「おおらかな紳士性〜シンエンズフ no.13より」(喫茶茶会記店主筆)
先日実施された隔月に開催しているイベントの模様

店主不在
アウェイな状況になった店主系一人客様も長居する空間(今回は2名様)
嘘のなさがナイスだ。













シンエンズフ no.13

2017年1月21日(Sat)19:00〜23:30
Price:¥1,000 incl.1drink
@四谷三丁目 喫茶茶会記
「雅号 桃源氏の死去」(喫茶茶会記店主筆)
20170122

画・桃源さんが2017/1/17にお亡くなりになられた。
2014年の年末年始、2015年の年末年始
に個展をしてくださった。
私と同じ年で茶会記クロッキー会のお客様として茶会記にお越しになっていた。
自己の脳腫瘍をアートにして展開されていて全開に人生を燃やしていた。
孤高の風合いが忘れられない。桃源さんの死去はMUTOU SHOUHEIさんが
二日後のクロッキー会の際に伝えてくださった。
SHOUHEIさんが教えてくれてなかったらと思うと顔が蒼ざめる。
男達のメロディーが美しく小さく響いているよう。


20150102 店主撮影 於 遊就館






@sakaiki 2014


別グループ展の模様
<< | 2/102PAGES | >>