「世田谷・五本木の静謐な深夜会。マルセル・パニョル」喫茶茶会記店主筆
20190304

たった数名の非営利な深夜会
主宰のハイパー女子がつくった冊子にも質がある。
「フランスの山田洋次」という解説で和み感がわく。

17年前にわたしが主宰していたmodalbeatsという茶会を喚起して
さりげなく感慨にも耽る。




「西川祥子・ 由良瓏砂」喫茶茶会記店主筆
20190302

西川祥子 御結婚お祝い会にて 茶会記の二大幻想系主宰者




由良瓏砂


西川祥子
「スターチスからミモザへ〜藝術活動運営上における「RASIS」」喫茶茶会記店主筆
20190226


RASISとは主にコンピューター管理の尺度として
かつてシステム管理者だった私は泥臭い職務の中
呪文のように唱えていた概念だ。

Reliability 信頼性
Availability 可用性
Serviceability 保守性
Integrity 一貫性
Security 守秘性

からなる


可用性(稼働率 Availability)
= 信頼性(MTBF - Mean time between failure)
/ MTBF + 保守性(MTTR - Mean Time To Repair)


すべては横断する尺度なので概念的尺度と私はとらえる
藝術活動における表現形態のクオリティ強度は
概ねここでは「信頼性」に包含されるものと思料している。


運営体も惰性化すると上記の尺度が減退していくことになる。
店舗内の雰囲気もしかりである。
常に溌剌とした気風を意識すること。
わたし個人は保守性と一貫性に偏りがちであり、
「秘すれば花」とかいいながら鈍化している感もある。
反省する。

補完勢力として信頼性・自発性の高いスタッフが在する。

不安定要素が高いサービスの中、高品質のRASISを志向し、
信頼性のある表現形態に漸近したい。



By Hikki 20190225
「yuri curry photo by tom yossi」喫茶茶会記店主筆
20190219



photo by tom yossi
「本日の最初にかける音源 Maurane - "danser..." 3.5.6.8」喫茶茶会記店主筆
20190214




3.5.6.8曲目をプリセット再生するのが通例だ。


「Load balancing 〜 Maha - Umetsu  綜合藝術」喫茶茶会記店主筆
20190213



クラシックギターの梅津さん(筆者と同年)とカウンターで出会った
ベリーダンス黎明期からの首領の一人MAHAさん。
画像は昨日MAHAさんの会に梅津さんがお越しになったときのもの。
緩やかな連関が強大なポテンシャルを持つものと日々考えている。



「ワンノブ "ジャズ喫茶の風景"」喫茶茶会記店主筆 20190205
20190205

前半一時間の登場三枚



「ワンノブ "ジャズ喫茶の風景"・女性ボーカル特集」喫茶茶会記店主筆
20190204

本日は女性ボーカル主体で。
LPはキャロルスローン他
CDでは高田馬場アルバートでお会いしたこともあるイーデンアットウッド
茶会記鉄板・函館愛溢れるアン・バートンも少々。
普段意識が高すぎて卒倒しそうなのでたまには。


「本日の最初にかける音源 Mayumi Tomokane Trio - supported by TOMMY'S BY THE PARK −ジャズ喫茶ラバーズ- 」喫茶茶会記店主筆
20190131



「"Kai Taniguchi" produced by Ippei Yonezawa, Ichimatsu」喫茶茶会記店主筆

Photo by Yossi

19.01.29.tue
「零点振動 vol.9」
"即興パフォーマンスによる空間創作trio
米澤一平 / tapdancer
谷口界 / performar
市松 / directior・performar
<< | 2/121PAGES | >>