2019/9/1(sun)森川拓哉の音の世界  昼のライブ 「拾っては集めてきた美しい音たちで創った音楽」 夜のライブ 「聴いたこともないバイオリンデュオとうたのライブ」 


森川拓哉の音の世界
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
昼のライブ
「拾っては集めてきた美しい音たちで創った音楽」
open 14時start14時半
チャージ3000円

森川拓哉ーバイオリン、ピアノ他
行川さをりーうた
山田あずさービブラフォン他
トオイダイスケーピアノ、ベース他

http://namekawasawori.com

https://c-ritmo.com

https://daisuketoi.com

ーーーーーーーーーーーーーーー
夜のライブ
「聴いたこともないバイオリンデュオとうたのライブ」
open 18時半start 19時
チャージ2500円

森川拓哉バイオリン
専光秀紀バイオリン
行川さをりうた
ーーーーーーーーーーーーーーー
※昼夜通しはチャージ4500円
場所-四谷三丁目-綜合芸術茶房喫茶茶会記 http://gekkasha.modalbeats.com
2019/9/6(fri)LUNAR PHASE -Miya と 即興人- vol.4 guest 横川理彦 19:00 open 19:30 start
2019/9/8(sun)朗読の会 「言伝 kotozute」 第四回朗読会 open 14:00 start 14:30 1500yen 1drink in
2019/9/14(sat)シンエンズフ vol.23 公開 22:30〜5:00 1000yen 1drink in



2016/11
2019/9/15(sun)Sagaing tour 2019 「水の輝翳(コウエイ)」開場13:30/開演14:00 会場:喫茶茶会記 出演:SAGAING ( 山内桂 (サックス)+ 山崎昭典(ギター)) 津田貴司(ギター) + 松本一哉(パーカッション) 料金:予約 2,000円 当日2,500円


Sagaing tour 2019 「水の輝翳(コウエイ)」

日時:9月15日(日) 開場13:30/開演14:00
会場:喫茶茶会記
出演:SAGAING ( 山内桂 (サックス)+ 山崎昭典(ギター))
津田貴司(ギター) + 松本一哉(パーカッション)
料金:予約 2,000円 当日2,500円
予約:horhythm18@gmail.com / または茶会記店頭にて

FBイベントページ
https://www.facebook.com/events/417145225817961



SAGAING(サガイン)
山内桂 + 山崎昭典
サックス奏者で、水の精が山から海へ漂い歌い戯れる映像作品「水の精叙情詩3部作」などフィルムメーカーとしても活動する山内と、即興演奏や舞台音楽にも精通するギター奏者山崎のユニット。音の内側を大切に、時間や空間のパルスを往き来して遊ぶ。昨年5月山崎加入の際いきなり台湾デュオツアー挙行、各地で評価される。基本編成はサックス、ギター、ベースの大分/京都 変則編成バンド。

津田貴司
「耳の日」生まれ。ソロユニット「hofli」はじめ様々な名義やユニットでフィールドレコーディングや即興性に基づいた音楽活動を展開。サウンド・インスタレーション制作、ワークショップ「みみをすます」シリーズを継続するほか、福島恵一とともにリスニングイベント「松籟夜話」ナビゲーターを務める。

松本一哉
楽器ではなく波紋音などの造形物や非楽器を使用。
環境音との演奏・録音によるドキュメンタルな作品作りや、音を展示し続ける動態展示の開催、全都道府県101ヶ所の演奏ツアーを行うなど、まだ出会った事の無い音と閃きを探求し、音の発し方と聴き方を更新し続ける。
自身の演奏と環境音とを繋げていき、空間全体を聴く事を体験させる即興表現は、自由に空間の成り立ちを提示できる数少ないアーティストとして様々な分野から高い評価を受けている。
「なにを聴いているのかわからない」がコンセプトの1つ。
http://www.horhythm.com



店主より
以前からお世話になっている気鋭・松本一哉さんの企画です。
9/15も残暑著しいと思います。なんか巷の余計なこと取っ払って本来的な芸術の発露ともいえる
空を飛べるような自由な雰囲気を味わってもらえたらと思います。
そのような布陣であると妄想しております。

2019/8/8(thu) 第九十八回 四谷三丁目の「路地裏 de 狂言」 大藏彌太郎一門
photo by 荒巻香薫
講談社webサイト「おとなスタイル」2015.09.10
facebookページ

○四谷三丁目の「路地裏 de 狂言」
大藏彌太郎
吉田信海
小梶直人
田熊力也

毎月第二木曜日
開場  19:00
開演  19:30
料金  2500円(全席自由、ワンドリンク付き)

尚、終演後も引き続き店内でご飲食いただけます。
みんなで一緒に飲みましょうゾ!

現在、狂言の流派には、大藏流と和泉流のニ派があります。
大藏流は、奈良で育った狂言最古の流派です。
主宰大藏彌太郎さんは次の時代を担う宗家であり
お祖父・二十四世大藏彌右衛門様及びお父様に師事されています。
(茶会記より)

http://sentarou.jp/roji.html


大藏彌太郎



吉田信海


小梶直人 http://sentarou.jp/roji.html
2019/9/4(wed)Audiosharing 例会 19:00- 1000yen 1drink in






お好きなディスクをお持ちください。




http://audiosharing.com/blog/


2019/9/9(mon)光子/アンプラグド 第16夜 〜四谷で文学に浸る夜〜 19時開場 19時30分開演 浸り料…2000円(1ドリンク付き)
9月9日(月)
19時開場 19時30分開演

光子/アンプラグド 第16夜
〜四谷で文学に浸る夜〜

音響や照明を使わず、光子という俳優ひとりの声と身体を用いて、みなさまを文学の世界へご案内いたします

茶会記のアンティークで情緒ある空間の中で、美味しいお酒や珈琲を楽しみながら、ゆったりとした時間を味わいつつ、私とみなさまの想像力が、文学作品を通じて溶け合うような素敵な夜をお届けいたします…

…と、普段は文学作品の朗読をやっているのですが、今回は久しぶりに一人芝居をお届けします!

演目
一人芝居
『「男」と「女」』

「男」と「女」…それぞれの視点からみた、一つの「恋」、一つの「事件」…

さらに!新進気鋭の水墨画家・笠原嗣空さんが、この芝居のために絵を描いてくださいます!!
笠原嗣空さんの作品の展示も茶会記にて同時期に行われますので、ぜひぜひ遊びにいらしてください♪

浸り料…2000円(1ドリンク付き)

笠原嗣空プロフィール
近年、絹に描く水墨画家が減少する中、その技法の保存と可能性に期待し絹本での作品を主に描き、墨と余白の美の現代的意義を様々な世代に広めようと活動している。受賞多数。

光子プロフィール
東京乾電池、ニナガワスタジオ等で演技を学び、数々の舞台や映画に出演
朗読ライブ『光子/アンプラグド』では過去に、宮沢賢治、太宰治、高村光太郎、江戸川乱歩、川端康成、菊池寛、坂口安吾、梶井基次郎、夏目漱石、芥川龍之介、小川未明、新美南吉、与謝野晶子、等の作品を上演




2019/9/13(fri)九谷ジャズファンクラブ例会 毎月第二金曜日 午後7時〜10時迄 since 2009.5


喫茶茶会記では
毎月第二金曜日
午後7時〜10時迄

30年の歴史を持つ
九谷ジャズファンクラブの例会
を実施しております。

70年代のジャズ喫茶の熱いサウンドで
ジャズを堪能できます。

KJFCの会員様でもなくても
ご予約いただければ
会員様と同じ、会費千円持ち込み自由でご参加可能でございます。




詳細は下記リンクをご覧くださいませ

九谷ジャズファンクラブ
2019/9/18(wed)喜千也VS 廣重 江戸百今昔比較 18:30 open /19:00 live start /20:00 salon start 3500yen 1drink in お寿司in スナックin 要予約
<< | 2/3PAGES | >>