MENU
上原英里/シャンソン・アルゼンチンタンゴ の弾き語り手 2016/8月度スケジュール
◆8月1日(月)・15日(月)・28日(日)
  7時半頃〜江の電藤沢駅前バー「スケアクロウ」にてほろ酔いライブ

◆8月6日(土)14時開演〜、「シャトー・ド・コーマル」(047-167-5886)にてシャトー・ライブ※チャージ千5百円1ドリンク付☆JR柏駅に13時集合(タクシー分乗)の方ご連絡下さい(090-6527-9239/上原)

◆8月7日(日)19時〜(15分前開場)、浅草「リトルシアター」(03-6801-7120)にて「六区deパリ祭」。出演上原英里とボヘミアンズ※木戸銭2千円

◆8月25日(木)20時〜、四谷三丁目ジャズ喫茶「茶会記」(03-3351-7904)にて「茶論ライブ」※2千円1ドリンク付き



上原英里/シャンソン・アルゼンチンタンゴ の弾き語り手 2016/7月度スケジュール


◆7月1日(金)〜31日(日)、押上カフェ・コハナ(03-3626-0221)にて「第3回ERICO展」開催。※ドリンク等のオーダーをお願いします。☆最終日31日(日)15時半より会場にてライブあり※2千円1ドリンク付。要予約:090-6527-9239(上原)

◆7月6日(水)18時半開場19時半開演〜下北沢「BIG・MOUSE」(090-9374-1123)アコーデオンライブにゲスト出演※2700円+オーダー

◆7月9日(土)6時開演〜松原団地「ティールーム・ジュン」(0489-36-4211)にて演奏※2千円1ドリンク、ミニ・サンドイッチ付
◆7月10日(日)・18日(月・祝)7時半頃〜江の電藤沢駅前バー「スケアクロウ」にてほろ酔いライブ

◆7月14日(木)18時半開場、19時半開演、雑司ヶ谷「エルチョクロ」(03-6912-5539)にて雑司ヶ谷パリ祭※チャージ3千円+ご飲食代、☆ゲスト:ギター/遠藤昭浩、アコーデオン青柳正太郎、クラウン/りりり子

◆7月16日(土)18時半開場19時開演〜蔵前カフェ「Garden」(090-3138-0980杉野)にてソロライブ※2千円1ドリンク付・予約制

◆7月17日(日)19時〜(15分前開場)、浅草「リトルシアター」(03-6801-7120)にて「六区deパリ祭」。上原英里他10名出演※木戸銭2千円

◆7月28日(木)20時〜、四谷三丁目ジャズ喫茶「茶会記」(03-3351-7904)にて「茶論ライブ」※2千円1ドリンク付き
上原英里/シャンソン・アルゼンチンタンゴ の弾き語り手 2016/6月度スケジュール




◆6月1日(水)〜14日(火)、神楽坂パルスギャラリー主催「ねこ展」に参加



※6月4日(土)予定していた柏シャトー・ライブは城主渡仏の為お休みします。



◆6月5日(日)19時〜(15分前開場)、浅草「リトルシアター」(03-6801-7120)にて「シャンソンとタンゴの夜?」。出演:上原英里とボヘミアンズ※木戸銭2千円



◆6月12日(日)18時〜石神井公園「マルシェ・ロロ」(03-6763-0909)にて演奏※ご飲食代金のみ



◆6月23日(木)20時〜、四谷三丁目ジャズ喫茶「茶会記」(03-3351-7904)にて「茶論ライブ」※2千円1ドリンク付き



◆24日(金)19時開演〜新宿三丁目ギャラリー「ポルトリブレ」にてミニライブ※投げ銭制



◆26日(日)15時頃〜たまプラザ「3丁目カフェ」ライブ会に出場※千5百円1ドリンク付








上原英里/シャンソン・アルゼンチンタンゴ の弾き語り手 2016/5月度スケジュール


◆5月8日(日)19時〜(15分前開場)、浅草「リトルシアター」(03-6801-7120)にて「シャンソンとタンゴの夜?」。出演:上原英里とボヘミアンズ※木戸銭2千円

◆5月15日(日)18時〜石神井公園「マルシェ・ロロ」(03-6763-0909)にて演奏※ご飲食代金のみ

◆5月16日(月)19時半〜江の電藤沢駅前バー「スケアクロウ」にて「ほろ酔いライブ」

◆5月17日(火)赤坂roseEにて演奏

◆5月26日(木)20時〜、四谷三丁目ジャズ喫茶「茶会記」(03-3351-7904)にて「茶論ライブ」※2千円1ドリンク付き

◆5月27日(金)〜29日(日)池袋西口駅前ギャラリー「ZO」にて「フクロウ展」開催。正午〜20時(最終日は5時迄)※入場無料。



上原英里/シャンソン・アルゼンチンタンゴ の弾き語り手 2016/4月度スケジュール
◆4月2日(土)14時〜柏「シャトー・ド・コーマル」にてお城ライブ※千5百円珈琲付 ☆JR柏駅改札13時集合ご希望の方、ご予約090-6527-9239/上原まで(SMS可)
◆4月3日(日)19時〜(15分前開場)、浅草「リトルシアター」(03-6801-7120)にて「シャンソンとタンゴの夜?」。出演:上原英里とボヘミアンズ※木戸銭2千円
◆4月4日(月)19時過ぎ〜、江ノ電藤沢駅前バー「スケアクロウ」にて「ほろ酔いライブ」
◆4月6日(水)、27日(水)20時頃〜赤坂「roseE」にて演奏
◆4月14日(木)19時開演〜、祖師ヶ谷大蔵カフェ「ムリウイ」にて演奏※Tチャージ5百円(+投げ銭)
◆4月24日(日)18時〜石神井公園「マルシェ・ロロ」(03-6763-0909)にて演奏※ご飲食代金のみ
◆4月28日(木)20時〜、四谷三丁目ジャズ喫茶「茶会記」(03-3351-7904)にて「茶論ライブ」※2千円1ドリンク付き
上原英里/シャンソン・アルゼンチンタンゴ の弾き語り手 2016/3月度スケジュール


◆3月4日(金)17時開場、18時開演〜、松原団地「ティールーム・ジュン」048-936-4211にてソロ・ライブ※1ドリンク軽食付き2千円

◆3月6日(日)19時〜(15分前開場)、浅草「リトルシアター」(03-6801-7120)にて「シャンソンとタンゴの夜?」。出演:上原英里とボヘミアンズ※木戸銭2千円

◆3月8日(火))19時過ぎ〜、江ノ電藤沢駅前バー「スケアクロウ」にて「ほろ酔いライブ」

◆3月9日(水)、30日(水)20時頃〜赤坂「roseE」にて演奏

◆3月13日(日)午後、特老ホーム「えびすの里」にて演奏

◆3月24日(木)20時〜、四谷三丁目ジャズ喫茶「茶会記」(03-3351-7904)にて「茶論ライブ」※2千円1ドリンク付き




上原英里/シャンソン・アルゼンチンタンゴ の弾き語り手 2016/2月度スケジュール
◆2月6日(土)14時〜、柏「シャトー・ド・コーマル」(047-167-5886)にてシャンソン・ライブ※千5百円1ドリンク付

◆2月7(日)・28日(日)18時〜、石神井公園「マルシェ・ロロ」(03-6763-0909)にて演奏。チャージ無料、ご飲食代のみ。

◆2月8日(日)19時過ぎ〜、江ノ電藤沢駅前バー「スケアクロウ」にて「ほろ酔いライブ」

◆2月10日(水)19時開場、19時半開演〜、赤坂ふらっとんカンティーナにて「大道芸とシャンソンのゆうべ」に出演※予約上原まで(090-6527-9239)

◆2月14日(日)19時〜(15分前開場)、浅草「リトルシアター」(03-6801-7120)にて「シャンソンとタンゴの夜?」。出演:上原英里とボヘミアンズ※木戸銭2千円

◆2月16日(火)、26日(金)20時頃〜赤坂「roseE」にて演奏

◆2月21日(日)午後、仏子「あんず歯科」にて演奏

◆2月25日(木)20時〜、四谷三丁目ジャズ喫茶「茶会記」(03-3351-7904)にて「茶論ライブ」※2千円1ドリンク付き

◆2月27日(土)19時開場、19時半開演〜西荻窪「のみ亭」(03-3332-6708)にて「ほろ酔いライブ」※チャージ千円つまみ持ち込み可

◆2月28日(日)13時半〜豊島区「長崎アトリエ村」にて演奏


上原英里/シャンソン・アルゼンチンタンゴ の弾き語り手 2016/1月度スケジュール
◆1月10日(日)豊島区保養センター「えびすの里」にて演奏
 
◆1月10日(日)・24日(日)18時〜、石神井公園「マルシェ・ロロ」(03-6763-0909)にて演奏。チャージ無料、ご飲食代のみ。
 
◆1月14日(木)、27日(水)20時頃〜赤坂「roseE」にて演奏
 
◆1月17日(日)19時開演〜ガレージ・バー「フルハウス」(03-3987-3809)にて演奏※チャージ千円+ご飲食+税(消費・サービス)
 
◆1月28日(木)20時〜、四谷三丁目ジャズ喫茶「茶会記」(03-3351-7904)にて「茶論ライブ」※2千円1ドリンク付き
 
◆1月31日(日)19時〜(15分前開場)、浅草「リトルシアター」(03-6801-7120)にて「シャンソンとタンゴの夜?」。出演:上原英里とボヘミアンズ※木戸銭2千円

【寄稿文(上原英里12/25茶会記ライブにて)】高村光太郎を想う

  先日25日、上原氏のライブに参加した。
  ライブは盛況。茶会記マスターの細やかな気遣いあり、上原氏のテンションは絶好調。ギター片手に大熱唱。
  そこでギター弾き語りで終わらないのが、やはりというか流石というか。
  上原氏は、いつものごとき鍋奉行ならぬクリスマス奉行をはじめるのである。
  待ってましたとばかりに、ヨーロッパ直輸入のケーキが運びこまれ、謎のギタリストH氏と女性陣とのプレゼント交換会、ライブ参加者各々による一芸大会。
  シャンソン一色となっていた場所に「禁じられた遊び」が奏でられ、宮沢賢治の物語が、高村光太郎の詩が響き渡る。そしてクロッキーマスターH氏による寺山修司の短歌が2首3首と、化学のオーソリティーによる歌舞伎役者と見まごうような声量で舞を踊るの大団円。
  ここはクリスマス会か忘年会か、はてまた何処ともしれぬさながら鬼ヶ島のような場所ではないかと錯覚する。ワインと共にはしゃぐ赤鬼達と、上原奉行の大立ち回り。とてもとても楽しいものであった。
 
  閑話休題。
 
  さて、高村光太郎について語りたい。
  上原氏のライブでも高村光太郎の「檸檬哀歌」を朗読する女性がいた。
 
そんなにもあなたは檸檬を待っていた
かなしく白くあかるい死の床で
わたしの手からとつた一つの檸檬を
あなたの綺麗な歯ががりりと噛んだ
(「智恵子抄」高村光太郎)
 
 
  高村光太郎は彫刻家、画家であったと同時に優れた詩人であった。
  しかし、「智恵子抄」での高村光太郎の詩は、いわゆる詩人としてのものなどではなく、ましてや彫刻家でも画家でもなく。一人の女を愛した男の、その苦しみを吐露したものであった。
  智恵子夫人への想い。
  馴れ初めから、楽しい結婚生活、そこから坂を転げ落ちるような不幸が重なり、智恵子夫人は統合失調症を発症する。そして病状悪化による死別。
「そんなにもあなたは檸檬を待っていた」
  この言葉における、高村光太郎の気持ちはいかほどのものであっただろうか。
  智恵子夫人の病状が悪化し、その動揺から、高村光太郎が草野心平に問い詰めるように語った言葉がある。
 
「ね、君、僕はどうすればいいの、智恵子が死んだらどうすればいいの?僕は生きられない。智恵子が死んだら僕はとても生きてゆけない。どうすればいいの?え?」
(「悲しみは光となす」草野心平)
 
  智恵子夫人を喪うこと、それは自分の存在を否定するようなことであったのだろう。彼の想いは、それ程までに強い言葉となって「檸檬哀歌」に刻まれているようにも感じられる。
 
  今の私たちが、かつての高村光太郎と智恵子のように人を愛することは難しいのかもしれない。
   しかしそれでも、檸檬を待つ人はきっといるのだろう。そう想いたい。
 
(某美大学生 吉崎)
上原英里/シャンソン・アルゼンチンタンゴ の弾き語り手 2015/12月度スケジュール


◆12月5日(土)14時〜柏シャトー・ド・コーマルにてクリスマス・コンサート※千5百円珈琲付き
 
◆12月6日(日)18時〜、石神井公園「マルシェ・ロロ」(03-6763-0909)にて演奏。チャージ無料、ご飲食代のみ。
 
◆12月7日(月)、23日(水・祝)、31日(木)19時頃〜江ノ電「藤沢」駅前バー「スケアクロウ」にて「ほろ酔いライブ」※31日はカウントダウン・ライブです!
 
◆12月10日(木)18時半開場、19時開演〜祖師ヶ谷大蔵カフェ「ムリウイ」にて演奏※チャージ5百円+ドリンク等オーダー(☆投げ銭制)
 
◆12月15日(火)、22日(火)20時頃〜赤坂「roseE」にて演奏
 
◆12月18日(金)19時〜(15分前開場)、浅草「リトルシアター」(03-6801-7120)にて「シャンソンとタンゴの夜?」。出演:上原英里とボヘミアンズ※木戸銭2千円
 
◆12月25日(金)20時〜、四谷三丁目ジャズ喫茶「茶会記」(03-3351-7904)にて「茶論ライブ」※2千円1ドリンク付き
 
◆12月27日(日)15時半開場、16時開演〜、押上カフェ「コハナ」(03-3626-0221)にて年忘れライブ。2千円1ドリンク付き。予約制
 
<< | 2/14PAGES | >>