北里義之 4/29 佐渡島明浩・円池志穂子「有元利夫によせて」〜バロック音楽の調べとオイリュトミー


すでに三年前になりますが、2013年12月21日(土)、佐渡島明浩さんは円池志穂子さんやピアノの照内央晴さんと、やはりこの喫茶茶会記で初めての自主公演「サティとオイリュトミーの夕べ」を開催されています。新たにフルートの奥夕美子さんを招き、夭折の画家・有元利夫[1946-1985]の生涯を、画家が愛したクープラン、パーセル、シェドヴィル、テレマン、ヘンデル、バッハなどのバロック音楽とともにたどる今回の公演も、前回と同様のスタイルをとり、バロック音楽をオイリュトミーで踊る場面と、画家が残した日記や、やはり画家/陶芸家であった妻の容子さんが書いた回想記などを朗読するだけでなく、若き画家を演じる芝居的要素を入れたり、カジュアルな服でデュエットを踊るなどして場面構成する作品になっていました。ふたりの画家の愛情と芸術が、オイリュトミー服を着たソロのダンスと日常的な服を着たデュエットの場面で踊りわけられたように思います。

オイリュトミーを踊る作品すべてがそうであるかどうかはわからないのですが、独特の振付法やシュタイナーの神秘思想を別にすると、ダンスする身体と作品の関係において、オイリュトミー公演というのは、モダンダンスの領域にあるのではないかと思いました。「オイリュトミーでなくてはできないことがある」という佐渡島さんの言葉から、たしかに本作品が通常のモダンで踊られたとしたら、画家の精神性はこのように表現できなかっただろうと思います。きっともっとベタベタとしたものになったでしょう。佐渡島さんがプログラムに書かれた言葉。「彼の日記に描かれている花びらがいつまでも落ちてこないように、彼の想いは今も宙に浮かび、漂っているようです。[有元利夫と容子]二人の想いは、同じ風に吹かれている。そしてどこか、確かに存在するけれども、感じることの出来ない場所で出会っている。」この魂のありように対する畏敬の念は、シュタイナーの神秘性に通じているはずです。それでもなお、身体以前に内容が想定され、(言語・音響の別なく)テクストがあるという点では、モダンな表現図式のなかにあると思います。

いつもはフリーインプロヴィゼーションというよりフリージャズに近い演奏をされている照内央晴さんが、エリック・サティに引き続き、バロック音楽に挑戦するのにも注目されました。前者の即興には、バロック・ヴァイオリンを演奏するバリー・ガイ夫人マヤ・ホンバーガーさんなどの例があり、伝統的な演奏と前衛との間に感性の共通基盤を想定できるように思うのですが、照内さんの場合、どのようなことが彼の内面で起こっているのでしょう。また形式性が優位に立つことはあるにしても、オイリュトミーを踊る身体が、群舞のフォーメーションを離れた個人的身体をもってどのように響きと交感していくのか、それがどのような動きとしてあらわれるのかということにも大きな関心が持たれます。形式と内容の相克ということ自体、モダンダンスの内部に深くわけいることになるのかもしれませんが、ここですべきことはまだたくさんあるように思われます






12/4 喜多尾 浩代:そこふく風 vol.6 with 森重靖宗 part 2

124日(金)には、チェロの森重靖宗さんをゲストに迎えた喜多尾浩代さんの「そこふく風」第6回がありました。前回の「そこふく風」に引きつづき、おふたりの共演は2回目。身体事による即興セッションの試みに一段落のついたこの晩は、阿久津智美さん、横滑ナナさんら「身体の知覚」の新旧メンバー、地元組の木野彩子さん、木村由さん、森下こうえんさんなど、独自に身体の探究を重ねる方たちがたくさん集う濃密な一夜となりました。薄暗い照明を会場のあちらこちらに配し、客席とステージの垣根を最大限に低くしながら、楽屋の扉も開放したまま空気を通わせる公演は、抑圧感のない、広い場所性を感じさせるものでした。喜多尾さんならではの身体事が、別の身体をもつ即興演奏家との共演で成立するかどうかの試みは、ここへきて理想的な形で実現され、サウンドがサウンドではなく、動きが動きではなく、いわばひとつのエネルギーになって身体を出入りしていく様子をまのあたりに感覚することができたように思います。動きと響きがそれぞれに即興的な展開をするのではなく、そのままでいながら場所性を深めていくようなパフォーマンス。即興演奏家の方たちにも体験してもらいたい希有な一夜でした。


 
北里義之・2015/12/1 木村 由:ひかげぼっこ[5回目]


121日(火)には、木村由さんの無音独舞「ひかげぼっこ」がありました。本年4月にスタートした喫茶茶会記の隔月シリーズで、これが通算5回目の公演。この時間帯での開催は今回が最後となり、来年度からは喫茶茶会記の深夜廟シリーズに移行します。ステージ中央と縦格子の壁にうっすらと光があたるだけの照明は極度に光量がなく、白いシーツを床に敷いて乗ったときに影が出たり、角度の加減で天井からの光が顔に入ったりするときにぼんやり表情がわかったりする程度。闇の深さはシリーズ最大のものとなりました。チラシ文にあるように、まさしく「闇間に揺れる蠢く」公演となった今回は、照明が作る影のなかで踊ったこれまでの公演とも少しありようが違い、「ひかげぼっこ」というよりは「闇ぼっこ」の印象。闇のなかで想像力が沸々とします。かたや、公演の後半、縦格子の壁に体当たりしたところからがらっと雰囲気が変わり、壁を擦ったり、下駄を履いたり、手にした枯れ枝で音を出したりという、闇のなかのポルターガイスト状態となりました。これは闇に蠢く前半に対して破壊的な作用があったと思います。環境のなかに身体を置くというシンプルさから出発した「ひかげぼっこ」にとって、踊りにこうした転調や展開が持ちこまれたのも大きな変化と思います。

 
北里義之 筆・新井陽子:焙煎bar ようこ vol.3「ショスタコーヴィチと即興」

11月18日(水)喫茶茶会記で定期公演されている新井陽子さんの「焙煎bar ようこ」、本年度最後となる第3弾『ショスタコーヴィチと即興』がおこなわれました。これまで阿佐ヶ谷ヴィオロンで開催されてきたプログラムを喫茶茶会記に移してのライヴで、前後半にわかれたセットのそれぞれで、ピアノの即興演奏とショスタコーヴィチ『24の前奏曲とフーガ』(1951年)から選曲された楽曲をあわせて演奏するというもの。この日は第13番、第14番、第15番、第16番が演奏されました。即興だけの場合、内部奏法やリコーダーなど小物の演奏で、展開にバリエーションをつけるのを常套手段にされている新井さんですが、ショスタコーヴィチの世界に相対してのクラシック演奏は、即興が身体を意識から解放させる方向に働くのと違って、もっと精神的なもの、イマジナリーな部分が触発されるらしく、意識せずに豊かな表情が出てくるようでした。身体のありようを内側からダイレクトに変えてしまう楽曲演奏は、即興演奏だけの場合よりも、場に身体のバラエティを持ちこむことになって、新井さんの音楽世界を、さらに生き生きと聴かせるものになっていたのではないでしょうか。


北里義之 筆・10/18 木野彩子:一期一会 vol.3 with 森重靖宗


今年、ダンスの木野彩子さんが、彼女自身の学びも兼ねて、喫茶茶会記で定期公演されていた「一期一会」の第3回が、10月18日(日)、チェロの森重靖宗さんをゲストに迎えて開かれました。顔見知りなのにこれまで深く話したことがない、共演したことがないという条件のもとに人選をおこない、試みのセッションに先立って共通のテーマを探すトークをおこない、セッション後にも、いま終わったばかりのセッションを前提にトークするというワークショップ形式の会ですが、観客も自由に対話に参加できるリラックスした内容のものになっています。今回は、森重さんが写真集も出版されているところから、写真と音楽というふたつの領域をまたぐ表現の共通性について一問一答の対話を重ねながらの実演となりました。おふたりのデュオは、櫻井一也さんが主催されている「酔狂即狂」(2014年6月14日)につづいて2度目になります。前回は、木野さんが注文をつけて、コンタクトぎりぎりのきわどい接近戦がおこなわれましたが、今回は、共演者との距離を意識しながらその周囲を回るようなダンス、壁への体あたりをくりかえす木野さんが場所をスプリットしてのダンス(公演後のトークで、自分の影と踊ったと話されました)と、前後半をわけるようなセッションになりました。
 
北里義之・2015/10/6 木村 由:ひかげぼっこ[4回目]



10月6日(火)、喫茶茶会記でおこなわれている木村由さんの隔月ダンス公演『ひかげぼっこ』の4回目がありました。明大前キッド5Fをシリーズ公演の会場にしている「ひっそりかん」が、自然光のなかの身体を扱う一方、この「ひかげぼっこ」は暗闇のなかの身体を扱っています。闇は光の一部であり、光は闇の一部であり、ふたつのシリーズは真逆の方向に通いあっています。「ひかげぼっこ」でもうっすらとした照明が用意されますが、踊りはほとんどがその光の外で踊られます。この晩は、縦格子になった壁を上手側から斜めに走る光が、あたりに乱反射して作る光のエコーとでもいえるような領域を、床のうえの塊のようになって光ににじり寄り、光のなかに入り、光からこぼれ落ち、ふたたび出ていくというダンスが踊られました。この過程は、反対側から見れば、暗闇の濃度の違いのなかで踊るということでもあり、その最大の効果は、視覚が闇にとらわれて、身ぶりの形が明瞭さを失うところにあるようです。あるいは形を失わせて触覚をざわつかせること。うつぶせになりながら動くダンサーが床を引っ掻く音などが、ダイレクトに触覚を刺激して原初的な感覚を蘇らせます。光のなかでは、手や足の動きにダンスの痕跡があらわれるのですが、観客は自分がすでにそれを暗闇の世界から見ていることに気づきます。


北里義之
http://news-ombaroque.blogspot.jp/






北里義之・2015/8/9 吉本裕美子 meets 木村 由「真砂の触角 其之八」


数日前におこなわれた木村由ソロ公演「ひかげぼっこ」(8月4日)から間を置かず、彼女がギターの吉本裕美子さんと共演する「真砂の触角 其之八」がおこなわれました。

2011年に即興演奏に目覚めてから、いろいろなタイプの演奏家と組んで即興ダンスしている木村由さんのセッションのなかで、半年ごとのシリーズ公演「真砂の触角」は、最初期から持続しているデュオ。衣裳、照明、家具の配置など、木村さんがもっとも演出に凝るタイプの公演で、過去に何度となく名場面を生み出してきました。

今回は、それらの名場面を引用するような形で、一種の語法化された即興ダンスがおこなわれたと思います。イディオマチックな即興は音楽で常套的なものですが、木村さんの場合は、過去におこなわれた固有の場面が「語」の役割を果たしています。頭にかぶったチュチュ地の布、机のうえに立ちあがって観客や共演者を見下ろす大女の踊り、椅子のうえからダラリと床に垂れさがる屍体、靴を脱いで放り投げる動作、演奏家の周囲を回りながらの踊りなど、木村さんの即興ダンスではお馴染みの要素や場面が、切れ目を持たない吉本さんのギターサウンドを地にして展開していくという感じ。

ときどきの突発事故もあり、今回は、ステージ奥の壁になっている縦格子の一枚が倒れてくるというハプニングが発生しました。



北里義之
http://news-ombaroque.blogspot.jp/



北里義之・2015/8/4 木村 由:ひかげぼっこ[3回目]


8月4日(火)木村由さんの隔月ダンス公演『ひかげぼっこ』の3回目がありました。長襦袢に赤い帯、長い髪をほどいて、黒いスリッパのような履物をはいた木村さんが、上手から下手へ、夕陽があたるように斜めに壁から床へと走るライトの内外を出入りして、暗闇や床や壁を感じながら、質感を重視した、ゆっくりとした動きをつなげていく独創的なダンス。鳴っているのは風鈴ではなく、カタカタという空調の機械音でしたが、そこには、じっとりと汗をかかせる蒸し暑い日本の夏と夕涼みの風情が漂っていました。さまざまな切り口からご自身の身体にダイヴしていく木村さんですが、何年も拝見していると、地下を掘り進む蟻の巣穴がふと連結するように、このダンスを掘り進んでいくとここに出るのか、という場面に出会って驚くこともよくあります。今回の『ひかげぼっこ』は、最後の場面で初めて椅子を使ったせいでしょうか、2012年のちゃぶ台ダンス『夏至』を鮮明に思い出させるものでした。あのときもやはり、夕陽を連想させる赤のイメージが空間を支配していて、ダンサーには、亭主や息子に死なれて途方にくれる戦争未亡人の風情があり、そこから敗戦記念日やヒロシマの記憶を喚起させられたのでした。今年もやってくる敗戦記念日を目前にして、ちゃぶ台なしで喚起されるちゃぶ台の記憶。
北里義之 6/27 羽太結子ソロダンス@bozzo写真展:四谷の湿った放屁2


6月21日(日)から27日(土)にかけ、喫茶茶会記の喫茶ルームで開催されたbozzo写真展『四谷の湿った放屁2』の最終日に、写真で巫女役をされたダンサー羽太結子さんのクロージングACTがおこなわれました。巨大スピーカーから流れてくる「四谷の湿った場所」で生録された環境音は、水の音と生活音が混然となった基層の響き。開け放たれた楽屋の扉の奥には薄暗い電灯がともります。環境音に重なって、男の声がいくつか身ぶりの指示を告げると、襦袢のように見える赤い衣装のうえに、白いあぶく模様のはいった茶色のワンピースを重ね着した羽太さんが登場。会場の中央に集められた光の際にそって立ち、ゆっくりとした動きで、声の呼びかけにこたえるダンスをスタートされました。太い光の柱を抱くように両手を広げる冒頭、斜めになった身体が天井を仰ぎ見る感じ(水音と感応して、身体がある情景をたずさえた秀逸な場面でした)、20回以上も連続して床に倒れこんでのたうちまわる転調のアクト、楽屋の薄暗さのなかに溶けこみ浮きあがる “異界” との往還、両手を膝の裏でクロスする不安定な姿勢を起点とする羽太さんならではのダンス、そして冒頭の指示を再現する動きから楽屋に入り扉を締める終幕と、感応的なダンスは写真展の最終日にふさわしいものでした。



写真提供:bozzo

北里義之
http://news-ombaroque.blogspot.jp/



北里義之・2015/6/21 木野彩子:一期一会 vol.2 with 川口隆夫


6月21日(日)木野彩子さんの隔月ダンス企画「一期一会」の第二回に参加しました。「他者の身体を生きてみること」をテーマに、インドから帰国直後の川口隆夫さんをゲストに迎え、生前に実際の公演を観ることができなかったという大野一雄さんの1970年代の踊りを、記録映像を駆使して完全コピーした『大野一雄について』成立の経緯や、実際にどのようにしてコピーがおこなわれるかという実演、公演の反復が当初の驚きや即興性をなくしていくことの困難さについて、さらには大野一雄さんや土方巽さんがダンスで描いた女性像についての挑発的な問題提起など、2時間におよぶトークは盛沢山の内容でした。川口さんがされている、伝統の継承でもパロディでもない、動きをただ即物的に完全コピーしていくという行為の(ダンス的な)意味づけのむずかしさを再認識させられました。第二部はおふたりの即興セッション。大野一雄さんの身体やダンスの特徴、動きの構成の仕方などに木野さんがチャレンジしてみるところから、木野さんのリードで川口さんが踊る場面となり、最後はコンタクト・インプロヴィゼーションへ、作品的な要素の加味へと発展していきました。あらためて考えると、木野さんのコンタクトは初めて拝見したかも。



北里義之
http://news-ombaroque.blogspot.jp/


<< | 2/6PAGES | >>