(L,S room)『みょうなトゥバみんようの会』 progressive Tuvan folklore night


「一度に二つの声を出す」驚異の歌唱法、「ホーメイ」のふるさと
シベリアはトゥバ共和国に伝わる美しい民謡の数々を
プログレッシブにアレンジしてお届けします
ほぼ全曲初演

ホーメイと、トゥバ共和国についてはこちらで詳しく


日程:
2015年12月6日(日)


時間:
開演 19:00
(喫茶営業は15時〜)


場所:
綜合藝術茶房 喫茶茶会記 (四谷三丁目)
http://gekkasha.modalbeats.com/
住所: 〒160-0015 新宿区大京町2-4 1F
電話: 03-3351-7904
メール: sakaiki@modalbeats.com


料金:
予約 2,000円(1ドリンク付き) 
当日 2,500円(1ドリンク付き)


予約先: agathabeatle@gmail.com (あがさ)
定員25名・予約優先


出演:
あがさ (ギター/歌/etc.)
...from あがさゆかりのととぅ / アガリアム合唱団 / Project Beatlish 他
http://agatha2222.exblog.jp/
http://agalliam.jimdo.com/
http://agathabeatle.wix.com/projectbeatlish




鎌田英嗣 (イギル/ホーメイ/etc.)
...from チャスチャイクスキシュ / トスデール
http://seasonsoftuva.jimdo.com/





あがさの『Project Beatlish』 あがさ・筆
もう一カ月以上経ってしまいましたが、

2015/8/15
"THEATRE BEATLISH (2015) special edition 9EPs"
compeletion anniversary party at KISSA SAKAIKI
『ビートルズのLPを聴く会』
presented by Project Beatlish (あがさ)


無事終了しました。
ご来場頂いたみなさま、ありがとうございました。



ビートルズのアナログ盤を、茶会記のリッチなオーディオ機材で聴く、という贅沢な時間


photo by bozzo


この催しは、
「ビートルズのカヴァー・ミニアルバム、4曲入り9枚制作する」
という半年を費やしたワタクシの企画が完了することを祝してのパーティーでした。


こちらが、完成したミニアルバム=EP、全9種類


photo by bozzo / all jacket photos by bozzo


そもそも、この企画は、
音楽実験室 新世界にて去年から今年にかけて二度上演した、
"THEATRE BEATLISH" (シアター・ビートリッシュ)
という公演のサントラ的な位置づけでありました。



トレーラー映像



出演は、茶会記でもお馴染のタップダンサー・米澤一平
そして、ダンサー・宝栄美希
と歌とギターetc.のワタクシ、という三名

その本番で撮影をして頂いたのが、
茶会記で開かれる恒例の個展「四谷の湿った放屁2」も記憶に新しい、
写真家のbozzoさん

初演の際にbozzoさんが撮ってくださった写真があまりにステキだったため、
CDのジャケット風に加工して遊んでいたら・・・
ちょうどよく9枚分、ジャケットが出来てしまったので、
中身も録らざるを得なくなった、というわけです。

本末転倒?
いいえ!!!
まさに写真の力に動かされ、
こさえにこさえた36曲!!!

販売中です。
http://agathabeatle.wix.com/projectbeatlish

全曲こちらからも聴けます。
http://agathabeatle.wix.com/projectbeatlish#!soundcloud/c1q5x


さて、この"THEATRE BEATLISH"の続編(新作)を現在制作中、
11/1 "CANTATA BEATLISH" として上演します。

「色々な声で歌う、実験的な合唱のカタチ」が新作のテーマ
もちろん、ビートルズの楽曲


詳しくはこちらから
http://agatha2222.exblog.jp/23590916/


ご予約受付中です。









2015/6/14(sun)あがさ presents "アガリアム合唱団 独演会" 19:00 open 19:30 start adv 2500 door 3000(1drink in)
6/14(日) アガリアム合唱団 独演会

...主にホーメイ(ホーミー)など特殊な民族発声を使う合唱団「アガリアム合唱団」初の単独ライブ...







店主日記より

「あがさのすごさ」(福地筆)
20150615

先日の茶会記での模様
徳久ウィリアムと仲間達との壮麗な色彩



あがさの多様性の一例












「あがさの弾き語りの模様」(福地筆)
20141210



じっくりと ゆっくりと 確かめるように
一曲一曲を紡ぎ唄う風合と同居している。



「あがさのフライヤーが渋い」(福地筆)
20141020





実力は細部においても散見される。
cafeでなくて喫茶でよかった。







2014/12/9(tue) あがさ(ギター弾き語り) 19:30 open 20:00start 2000yen 1drink in




あがさ
(Agatha: voice & guitar)

シンガーソングライター/ガットギター弾き語り/演出家、和歌山県出身
幼少期にピアノ・バイオリンを習い、姉の影響で90年代のUKロックに親しむ
13歳でビートルズの洗礼を受け、ギター・作詞作曲・宅録等を始める
16歳で単身渡英、帰国、演劇制作、上京、ブラジル音楽への傾倒、ダンスとの出会いなど紆余曲折から5年のブランクを経て2013年より音楽活動を再開

共演者をして「ラテンパンク」「過剰な才能」「変態的天才」といわしめる
DJ(駄洒落飛ばし屋)ネームは"吉祥寺ハリスン"
心の綺羅星はジョン・レノンとシディ・ラルビ・シェルカウイ

現在の活動内容:

*物語性に富み、多様なリズム構成が特徴のオリジナル曲を中心に演奏する、パーカッション奏者"飯島ゆかり"とのデュオ「あがさゆかりのととぅ」主宰
*特殊発声とポリフォニーがテーマの「アガリアム合唱団」をボイスパフォーマー"徳久ウィリアム"と共宰
*"歌+タップ"の可能性を追求するタップダンサー"米澤一平"とのデュオ「Tap'n'Song Heikes」主宰
*民族音楽の越境を遊ぶシンガーソングライター"チャーリー高橋"との「アガチャータカ」参加
*宴会芸的ダンスユニット「ほころび組」主宰

*"ビートルズでタンツ・テアター"を体現する「Theatre Beatlish」を2014年9月上演、2015年再演予定

http://agatha2222.exblog.jp/
agathabeatle@gmail.com
Facebook: Agatha Akiko Iwasa
Twitter: @agatha_2222



10/13(holiday,mon)-10/19(sun) transistor press 7th. anniversary "Beat meets Beet"







<< | 2/2PAGES |