MENU
2017/7/7(fri)うたのとぐち 其の十一 19:00 open 19:30 start 2500yen 1 drink in 柴草玲with 多田葉子、山村暮鳥のうた(大野慎矢、管原雄大、宮坂洋生)




茶会記 奇数月第一金曜日開催
山村暮鳥のうた主宰

【うたのとぐち 其の十一】
7月7日金曜日

開場 19時 開演 19時半

木戸銭 2500円(1ドリンク付き)

<出演>

◆柴草玲 with 多田葉子
 歌、ピアノ、アコーディオン
 サックス、クラリネット、鍵盤ハーモニカ

◆山村暮鳥のうた
 歌、ピアノ:大野慎矢
 チェロ:菅原雄大
 コントラバス:宮坂洋生

================

◆柴草 玲(しばくさ れい)
作詞作曲、歌、鍵盤演奏。
1992年、女性だけによるサルサバンド「チカブーン」にキーボーディストとして参加。
1995年脱退後、しばらくはさまざまなシンガーのツアーサポートや楽曲提供などを生業としていたが
、 1999年頃突然歌い出し、今に至る。
最新作はCD+DVD二枚組『さげまんのタンゴ』。こども番組への提供曲も多数。


◆多田 葉子(ただ ようこ)

梅津和時率いるベツニ・ナンモ・クレズマーでデビュー以後、主にこまっちゃクレズマのメンバーとして活動し、現在に至る。
自身では即興ユニットのOKIDOKI、管楽器アンサンブルのプチだおんなど。ホーンセクションとしても石橋凌、三宅伸治、中村耕一などの
バック及び録音にも参加している。ほか参加バンドに、梅津和時ちびブラス、うたものシスターズ、アコアコサックス、
清水一登の先カンブリア・クラリネット四重奏団、Katsura Mazurka、Cosmopolitan Cowboys、トラペ座など。 その他、ダンスやパフォーマンスとの共演、歌ものサポートなど、ライブ演奏を主に音楽表現の場を広げている。
◆山村暮鳥のうた

大正時代を貧困と宿痾の中で疾走した詩人・山村暮鳥(やまむらぼちょう/1884−1924)の詩、童謡作品に曲をつけ歌う、大野慎矢のプロジェクト。
2005年よりライブ活動を始め、現在は主に四谷三丁目・喫茶茶会記にて奇数月第一金曜日に主宰する歌のイベント【うたのとぐち】を活動の中心としている。
2015年、ライブ映像DVD「映像集」(制作:和久井幸一)を発表。
編成は、主に大野によるピアノの弾き語りに、チェロ、コントラバス、アコーディオン、マンドリンなどが加わる。 山村暮鳥の、時代ごとに変遷する詩風と反対に、一貫して流れる自然への深い観入、人間存在への終わりなき問いかけ。そこから生まれ出た深い詩表現に歌、音を通して遊ぶことができたらと思っています。



2017/7/7(fri) 喫茶茶会記 深夜廟 「真夜中の振り子」第14回 吉本裕美子 (guitar) ソロ 深夜(土曜朝) 26:00〜28:00 料金 2,000円 (1ドリンク付き)


喫茶茶会記 深夜廟
地下水脈をさぐる振り子のように茶会記の夜に漂う
気配を掬い取る一人即興演奏会「真夜中の振り子」第14回

吉本裕美子 (guitar) ソロ

2017年7月7日(金)
深夜(土曜朝) 26:00〜28:00

料金 2,000円 (1ドリンク付き)

吉本裕美子 YOSHIMOTO Yumiko プロフィール
東京生まれ。ロックバンドの活動を経て、2006年より越後妻有アート
トリエンナーレのヒグマ春夫パフォーマンスへの参加をきっかけに
エレクトリック・ギターの即興演奏を開始。ダンスや朗読、映像との
共演の他、喫茶茶会記の「深夜廟」やキッド・アイラック・アート・
ホールの年越しイヴェント「除夜舞」などでソロ演奏を行う。
2008年、山田勇男の8ミリ短編映画『白昼夢』の音楽を担当。
2014年、自主制作のギターソロCD-R「真夜中の振り子」発表。
2016年4月、ベルギーOff - Record labelよりギターソロアルバム
「Midnight Pendulim #0」デジタルリリース。同年6月、
Water Tower Art Fest 2016(ブルガリア)他、ヨーロッパ8ヵ国で演奏。
http://yoshimotoyumiko.blogspot.com/


2017/7/9(sun) 琵琶と太鼓のゆふまぐれ 鶴山旭翔、小川真喜子 14:30 open 15:00 open 2500yen 1drink in
2017/ 6/ 17. 18(土.日) 2日間、4回公演 茶会記PLAY-ACT vol.7「文学×舞台」



茶会記PLAY-ACT vol.7「文学×舞台」


「茶会記PLAY-ACT」は、演劇、ダンス、映画、音楽など、多ジャンルの舞台芸術をオムニバス上演する企画です。 今回は「文学×舞台」というテーマで行います。


茶会記店主の福地氏は、副店主の上田との対談のなかでこのような発言をしています。

「僕は個人的に、芸術=文学だと思っている。(中略)
なぜ文学がコアになるのかなと思うと、読み聞かせとか図書館とか、本当に貧乏な人でも〈本質に近寄れる〉のが文学だから」
http://gekkasha.modalbeats.com/?cid=43803

さて今、私たちに文学は有効だろうか。
舞台は何を問えるだろうか。

茶会記という文化、芸術、人の集まる場で〈本質〉へ向かう。



■日時「2017/ 6/ 17. 18(土.日)」
2日間、4回公演

・6/17(土)
[昼] open 14:30 start 15:00【1】
[夜] open 18:30 start 19:00【2】
・6/18(日)
[昼] open 13:30 start 14:00【3】
[夜] open 17:30 start 18:00【4】

※受付開始は開演の30 分前から。
※上演時間は、途中休憩を含めて約90分を予定。


■プログラム

・トマソンのマツリ「ぶらぶらぶらんこ」

原作:岸田國士
構成/演出:渋革まろん
出演:稲垣和俊


・「文学」×「ダンス」

上田晃之がディレクションを行い「文学」×「ダンス」のセッションをします。

◇ゲストダンサー◇
6/17(土) 細川麻実子
6/18(日) 飯森沙百合


・「孤独な散歩者の夢想」

原作:ジャン=ジャック・ルソー
出演:立本夏山
映像:上田真之
協力:アベユウナ、伊原草太
構成/演出:上田晃之


■チケット

日時指定予約/自由席/2500 円(ワンドリンク付)


■場所

四谷三丁目 喫茶茶会記
新宿区大京町2-4 サウンドビル1F

お問い合わせ先:ueda03@msn.com


平成二十九年度  杵屋三七郎 「三七郎の会」 




2017/6/16(fri) 喫茶茶会記 深夜廟 齊藤功 吉島智仁、二人の打楽器奏者による静寂の対話
小さく 静かに 膜が 木が 鐘が 震えて 鳴る 打楽器は真夜中に目を覚ます 齊藤功、吉島智仁、二人の打楽器奏者による静寂の対話 23:15-> start 2000yen 1drink in
喫茶茶会記 クロッキー会


喫茶茶会記クロッキー会のご案内・日時・毎月第三木曜日7時開始
静止ポーズメインでラスト25分ムービングです、
参加費二千円(ワンドリンク付)
主宰 浜中
hammer501@ezweb.ne.jp
「matsumoto mitsuaki 氏による久々のイベント」喫茶茶会記店主筆
20170615

松本充明氏によるイベントが行われる。



松本氏は茶会記が無名時代からの仲間であり
現在は鹿児島在住なのであまり茶会記ではライブをしていないので嬉しい。
茶会記10周年ということなのでよい波がきている感じがある。

松本氏はクロワズモンという企画を茶会記で実施していた。錚々たる面々だった。


「croisements(クロワズモン)の波動」
20110223

休憩中的出来事
非同期的同期也是実存的教育也



名刺がわりになるディスクも茶会記での録音になる。


20121106

写真は弧導(KODO) 松本充明氏のアルバムである。
題字は茶会記創成期より携わっている
白石雪妃氏のもの。



Modalbeats "Solutions" http://daikyouchou.modalbeats.com/

http://daikyouchou.modalbeats.com/

 
2017/6/13(tue)AMAL Birthday Show 喫茶茶会記 19:00-> charge 2500yen

<< | 3/246PAGES | >>