2017/4/10(mon)「第4回 サイレント映画の夜」 活動写真弁士  山内 菜々子
「第4回 サイレント映画の夜」

日時 2017年4月10日(月曜日)19:00開演(18:30開場)
会場 喫茶茶会記 (〒160-0015 新宿区大京町2-4 1F)
活動写真弁士  山内 菜々子
音楽(ピアノ) 上屋 安由美
料金 1500円(ワンドリンク付き)

上映作品
『明け行く空』 1929年 日本
斎藤寅次郎 監督
川田芳子、高尾光子 出演


『子宝騒動』 1935年 日本
斎藤寅次郎 監督
小倉繁、出雲八重子 出演






協力:マツダ映画社
申込み・問い合わせ:nanakoyamauchi@gmail.com











masuko x tada yotsuya tea party vol. 25: information
益子博之×多田雅範=四谷音盤茶会 vol. 25

2017年4月23日(日) open 18:30/start 19:00/end 22:00(予定)
ホスト:益子博之・多田雅範
ゲスト:大村 亘(ドラム・タブラ奏者/作曲家)
参加費:¥1,300 (1ドリンク付き)

今回は、2017年第1 四半期(1〜3月)に入手したニューヨーク ダウンタウン〜ブルックリンのジャズを中心とした新譜CDをご紹介します。

ゲストには、ドラム・タブラ奏者/作曲家の大村 亘さんをお迎えします。ジャズの世界で幅広く活躍し、インド古典音楽にも深い造詣をお持ちの大村さんは、現在のニューヨークを中心としたシーンの動向をどのように聴くのでしょうか。お楽しみに。(益子博之)

****************************************

大村 亘(おおむら・こう)

大村 亘

ドラム・タブラ奏者/作曲家

東京都出身。
幼少の頃よりアメリカで育ち、オーストラリアでも10年以上生活する。2006年帰国後は東京を中心に数々のミュージシャンと共演。鈴木良雄(b)Generation Gapはじめ様々なプロジェクトに参加しながら、近年では中村真(p)Trio、小沼ようすけ(gt)Trio等でも活動。Mike Rivett(ts), 佐藤浩一(p)、池尻洋史(b)から成るBungalowでも精力的に活動中。元ECMのアーティストであるMike Nock(p)の来日時、氏のトリオにも参加。
2013年よりインドに出向きインド古典音楽をタブラを通じ研鑽中。
2015年には文化庁より新進芸術家海外研修員として選ばれ、日印の文化交流に貢献する。
日本国内はじめ中国、台湾、インド、ヨルダン、オーストラリア、アメリカでのツアー等も展開し、幅広く活動中。

公式サイト:大村亘 Drummer KO OMURA's Website/ドラマー大村亘ホームページ

****************************************

益子博之(ますこ・ひろゆき)
1965年、東京生まれ。ニューヨークのダウンタウン〜ブルックリンの現代ジャズを中心に、周辺ジャンルへと関心を広げる。毎年6月頃、1週間程NYに滞在してシーンを定点観測。「ジャズけものみちを往く」を『ジャズ批評』120〜125号に連載した。共著に『Jazz The New Chapter 1〜3』『ジャズ・サックス(ディスク・ガイド・シリーズ NO. 33)』『ジャズ・ピアノ(ディスク・ガイド・シリーズ NO. 38)』(シンコーミュージック)等がある。

多田雅範(ただ・まさのり)
1961年、北海道の炭鉱の町に生まれる。元ECMファンクラブ会長。音楽誌『OutThere』の編集に携わる。音楽サイト musicircus を堀内宏公と主宰。音楽日記 Niseko-RossyPi-Pikoe Review。音楽サイト JAZZ TOKYO コントリビューター。共著に『ECM catalog』(東京キララ社)がある。
2017/3/19(sun)Reconstructed Standard Trio 佐分 理恵 pf 鴻野 暁司 ba 吉島 智仁 ds


3/19 sun
Reconstructed Standard Trio
佐分 理恵 pf
鴻野 暁司 ba
吉島 智仁 ds

開場 14:00
開演 14:30
チャージ 2000円+1order

スタンダードを再構築する
ピアノ、コントラバス、ドラムスの
スタンダードトリオ。

2017/3/13-19(cafe)Togen Exhibition


桃源追悼展
一点のみの展示




photo by 喫茶茶会記店主 @靖国神社遊就館
2017/4/16(sun)「をみなごに花びらながれ」 松峰綾音 新しいシャンソンと朗読の夕べ vol. 2


 2017年4月16日(日) 14:00開場  14:30開演 於 綜合藝術茶房 茶会記
        出演  松峰綾音 (訳詞・vocal、朗読 )
             坂下文野(piano)

松峰綾音
web
http://ayane-chanter.com/
blog
http://ayane821.blog111.fc2.com/blog-entry-313.html

2017/3/18(sat)深水郁 Solo live 喫茶茶会記 vol.23


2017/3/18(sat)OUT OF ORBIT art exhibition - KODAI & FRIENDS 19:00 start 1000yen 1drink in
2017/4/16(sun)「ときとき」 Jone Takamäki + Kenny Warren + 山㟁直人


「ときとき」 Jone Takamäki + Kenny Warren + 山㟁直人 2017年4月16日日曜日 喫茶茶会記 開場 19時 開演19時30分 料金1500円 1ドリンク込み

Jone Takamäki ( wind instruments, from Finland )
Kenny Warren ( trumpet, from NY )
山㟁直人 ( percussion )




Jone Takamäki ヨネ・タカマキ from Finland

サックス/フルート/尺八
1970 年代後半より、フィンランドにおける即興音楽、フリージャズシーンに重要な役割を果たしてきた。1981 年、「Pekka Pöyry アワード」受賞、その後北欧圏で自身のバンドを結成、トリオ名義のアルバム『Jone Takamaki』をリリース。この作品により活動が広く評価されることとなった。国内、北欧圏の音楽メディアは、タカマキ、Antti Hytti(ベース)、SamppaSalmi(ドラム)のメンバー個々の楽曲制作の力量と、パフォーマンスの精度の高さを高く評価。また、次作『UniversalMind』(1982 年)では、彼らの独自の解釈によるインド音楽をモチーフとした作品を発表し、音楽的志向の多様性を証明した。1983 年から1989 年、ドラマーで作曲家 Edward Vesala が組織するワークショップ「Sound and Fury」に参加。1991 年Raoul Björkenheim により創設された、フィンランドでもっとも刺激的なャズ/ロック/即興音楽集団「Krakatau」に加わる。同グループ名義で92 年と94 年にECM より2枚のアルバムをリリース。その後97 年よりAntti Hytti、Tom Nekljudowとともに結成した「Otná Eahket」を中心に活動を展開。また近年は、尺八や尺八を簡素化し地漆などの調整を行っていない竹製の管楽器「法竹(ほっちく)」に傾倒、ソロやデュオ編成でパフォーマンスを行っている。2006 年に結成した日本の舞踊家とフィンランド人ドラマーOtzir Godot とのトリオ「KAN」などで精力的に活動を行う。フィンランド・ナショナル・シアターでの舞台出演や、アカデミーでの後進の指導のほか、映像作品、劇場音楽、ダンス公演への楽曲提供なども続けており、その活動は音楽を基点に多岐に渡る。
www.myspace.com/jonetakamaki




Kenny Warren ケニー・ウォレン from NY

トランペッター
デンバー出身。2006年頃よりニューヨークの即興音楽シーンで活躍。ジャズを基本に、アメリカや世界の伝統音楽など、幅広い音楽を取り入れた演奏を聞かせる。近年では自身のグループ、Kenny Warren Quartetを率いて New Trumpet Musicフェスティバル(2016年)に出演し、2017年の3月にはWhirlwind Recordingsからデビューアルバム「Life for Coming to Life」がリリースされた。これまで国際的にツアーを行い、2008年にはバルカン半島で伝説的なブラスバンド Slavic Soul Party に入団。2016年、SSPはDuke EllingtonのFar East Suiteのリメイクをリリース。中東のMaqam-JazzバンドNashazや、The WalkmenやSpoonのようなインディー・ロック・アイコンなどとも共演、レコーディングした。他にも、高評価を得た映画「Beasts of the Southern Wild」(邦題 ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜)のサウンドトラックに参加。また、カーネギーホールのミュージカルコネクションで教え、実験音楽シリーズA.E.ランドルフプレゼンツの共同キュレーターでもある。
http://kennywarren.tumblr.com/








Naoto Yamagishi
「木村由・深夜廟」喫茶茶会記店主筆
20170318

木村由・深夜廟終了後の一コマ
深谷正子さんから深い経験的知見を得ると同時に
美しい皮で拵えられた入れ物も。
文化の香り、深谷さんとの会話、
このような契機を生み出す木村由の動きにも感謝する。



Modalbeats "Solutions" http://daikyouchou.modalbeats.com/

http://daikyouchou.modalbeats.com/

 
<< | 3/236PAGES | >>