MENU
益子博之のうたかたの日々:いつになったら脳と身体の熱ダレ状態から解放されるのか?
前回の更新からまるまる2ヶ月が経ってしまった。恒例のNY詣でや酷暑による体調不良などが重なり、仕事の多忙さに拍車がかかってしまった。NY詣での顛末はこちらから。応答すべきことが溜まっていく一方なのだが、徐々に対応していきたい。以下は例によってほとんど行けなかった国内ライヴの備忘録を。


2012年7月18日(水)

8:00pm at 渋谷 サラヴァ東京
Laurent Larcher TRIO

林 正樹 - piano; Laurent Larcher - bass; 服部正嗣 - drums.
(¥4,000 cover/1 drink minimum)

橋爪亮督と服部正嗣の初共演が目当てだったが、本番前に橋爪が転倒して左肘を骨折したため、残念ながらピアノ・トリオでの演奏となった。ローラン・ラルシェはフランスから来た黒人ベーシスト。ジャズというより、ポピュラーなファンク/フュージョン系の音楽がメインらしい。橋爪のポジションにおかれたマイクと譜面台を片付けようとした店員を制止した姿が印象的。碌にリハもできなかったわけだから、如何にもセッション風の内容はいかんともしがたかったのだろう。不慣れなオーソドックスなピアノ・トリオでの演奏に適応しようとしていた服部の演奏が面白かった。


2012年7月22日(日)

2:30pm at 新宿 ピットイン
Ryosuke Hashizume Group -1

市野元彦 - electric guitar; 織原良次 - electric fretless bass; 池長一美 - drums.
(¥2,500 cover including 1 drink)

この日は本来ならレコ初ライヴの予定だったのだが、橋爪抜きのトリオの演奏になった。橋爪の楽曲は、意外にギター向きのものが多いと思ったのだが、演奏した市野は普段なら表のメロディを弾かないので難しかったという。市野の楽曲も織り交ぜながら、静謐な時間が流れていた。池長の繊細なプレイにはいつも感心させられる。

この日はダブル・ヘッダーで、夜は6回目となる「益子博之=多田雅範 四谷音盤茶会」。これまでで最も多く方々にご来場いただいた。当日の選曲リストはこちら。皆勤賞の福島恵一氏には厳しめの批評をいただいた。いつもながらありがたいことだ。

福島恵一:耳の枠はずし
ゆらぎの諸作法−「タダマス6」レヴュー  Manners of Fluctuation−Review for “TADA-MASU 6”

ネタとなった購入CDリストを末尾に掲載しておく。


2012年8月7日(火)

8:00pm at 荻窪 ベルベットサン
rabbitoo

藤原大輔 - tenor sax, sherman filter, live dub mix; 佐藤浩一 - nord electro 2, mini moog, piano; 市野元彦 - electric guitar, e-bow, effects, keyboard; 千葉広樹 - bass, electronics; 田中徳崇 - drums.
(¥2,500 cover including 1 drink)

早くも4ヶ月ぶり。市野が小さなキーボードを弾くパートがあったり、全体的にエレクトロニクスの要素が増え、ラウドな感じになっていた。だが、以前のような混沌さは皆無で、非常にタイトな演奏にまとまっている。9月にはレコーディングだそうで、年内を予定しているというリリースが待ち遠しい。


2012年8月11日(土)

3:00pm at 四谷三丁目 綜合藝術茶房 喫茶茶会記
tactile sounds vol. 08

橋爪亮督 - composition & direction; 栗田妙子 - piano; カイドーユタカ - bass.
(¥2,800 cover including 1 drink)

残念ながら未だギプスが外れないため、この日は橋爪抜きのデュオとなった。骨太で輪郭のはっきりした栗田のピアノが収穫。詳しくはいずれこちらでレポートする予定。(2012年8月21日)


★4〜6月に入手したCD26枚

橋爪亮督グループ: Acoustic Fluid (tactilesound records)
橋爪亮督 - tenor sax, loops; 市野元彦 - electric guitar, effects; 織原良次 - electric fretless bass; 橋本 学 - drums, percussion; 佐藤浩一 - piano(2,3,8).

Fly: Year Of The Snake (ECM Records)
Mark Turner tenor sax; Larry Grenadier - bass; Jeff Ballard - drums.
recorded at Avatr Studios, NYC in January 2011.

Dan Cray: Meridies (Origin Records)
Noah Preminger - tenor sax; Dan Cray - piano; Clark Sommers - bass; Mark Ferber - drums.

Devin Gray: Dirigo Rataplan (Skirl Records)
Dave Ballou - trumpet; Ellery Eskelin - tenor sax; Michael Formanek - bass; Devin Gray - drums.

Darius Jones Quartet: Book of Mæ'bul [Another Kind of Sunrise] (AUM Fidelity)
Darius Jones - alto sax; Matt Mitchell - piano; Trevor Dunn - bass; Ches Smith - drums.

Eri Yamamoto Trio: The Next Page (AUM Fidelity AUM 071)
Eri Yamamoto - piano; David Ambrosio - bass; Ikuo Takeuchi - drums.

Joe Morris: Altitude (AUM Fidelity)
Joe Morris - electric guitar; William Parker - bass, guimbri; Gerald Cleaver - drums.

Mary Halvorson Quintet: Bending Bridges (Firehouse 12 Records)
Jonathan Finlayson - trumpet; Jon Irabagon - alto sax; Mary Halvorson - electric guitar; John Hébert - bass; Ches Smith - drums.

Mike Reed: People Places and Things: Clean on the Corner (482 Music)
Greg Ward - alto sax; Tim Haldeman - tenor sax; Jason Roebke - bass; Mike Reed - drums; with Craig Taborn - piano; Josh Berman - cornet.

Tomas Fujiwara: The Air is Different (482 Music)
Jonathan Finlayson - trumpet; Brian Settles - tenor sax; Mary Halvorson - electric guitar; Trevor Dunn - bass; Tomas Fujiwara - drums.

Colin Stetson: New History Warfare Vol. 2 - Judges (Constellation CST 075)
Colin Stetson - alto, tenor & bass saxes, french horns(4); Laurie Anderson - spoken vocals(2, 6, 10, 13); Shara Worden - vocals(8, 13).
℗2011

Jérôme Sabbagh: Plugged In (Bee Jazz Records)
Jérôme Sabbagh - tenor sax; Jozef Dumoulin - rhodes electric piano, keyboards; Patrice Blanchard - electric bass; Rudy Royston - drums.

Linda Oh: Initial Here (Greenleaf Music)
Dayna Stephens - tenor sax; Fabian Almazan - piano, rhodes electric piano; Linda Oh - acoustic & electric bass, bassoon; Rudy Royston - drums; Jen Shyu - vocals (5).

Miles Okazaki: Figurations (Sunnyside Communications)
Miguel Zenón - alto sax; Miles Okazaki - electric guitar; Thomas Morgan - bass; Dan Weiss - drums.

Guillermo Klein & Los Guachos: Carrera (Sunnyside Communications)
Richard Nant – trumpet, percussion; Taylor Haskins - trumpet; Diego Urcola - trumpet, trombone; Sandro Tomasi - trombone; Miguel Zenon - alto sax, flute, vocals; Bill McHenry - tenor sax; Chris Cheek - tenor & baritone saxes; Guillermo Klein - piano, rhodes electric piano, vocals; Ben Monder - electric guitar; Fernando Huergo - bass; Jeff Ballard - drums.

Maria Neckam: Unison (Sunnyside Communications)
Maria Neckam - voice, woodblocks(3), glockenspiel(15); Aaron Parks - piano, rhodes electric piano(6, 13); Nir Felder - electric guitar; Thomas Morgan - bass; Colin Stranahan - drums; Will Vinson - alto sax(2, 5); Lars Dietrich - alto sax(2, 9, 10, 13, 15); Samir Zarif - tenor sax(2, 5, 9, 10, 13, 15); Kenny Warren - trumpet(5); Mariel Roberts - cello(2, 4, 14); Glen Zaleski - piano(6).

John Ellis: It's You I Like (Criss Cross Jazz)
John Ellis - tenor & soprano saxes; Aaron Goldberg - piano; Mike Moreno - electric guitar; Matt Penman - bass; Rodney Green - drums.

Hugo Carvalhais: Particula (Clean Feed Records)
Emile Parisien - soprano sax; Gabriel Pinto - piano, organ, synthesizer; Dominique Pifarély - violin; Hugo Carvalhais - bass, electrinics; Mário Costa - drums.

The Fish: Moon Fish (Clean Feed Records)
Jean-Luc Guionnet - alto sax; Benjamin Duboc - bass; Edward Perraud - drums.

Henry Threadgill Zooid: Tomorrow Sunny / The Revelry, Spp (Pi Recordings)
Henry Threadgill - alto sax, flute, bass flute; Liberty Ellman - guitar; Jose Davila - tuba, trombone; Christopher Hoffman - cello; Stomu Takeishi - acoustic bass guitar; Elliot Humberto Kavee - drums.

Chris Corsano: Cut (Hot Cars Warp Records)
Chris Corsano - drums, cymbals, metal, stringed drum, violin bow, bell, melodica, metal rack, baritone mouthpiece, plastic tubing, snare drum, wood blocks, triangles, hi-hat, sticks, C-melody mouthpiece.

Pat Metheny: Unity Band (Nonesuch Records)
Chris Potter - tenor & soprano saxes, bass clarinet; Pat Metheny - electric & acoustic guitars, guitar synthesizer, Orchestrion; Ben Williams - bass; Antonio Sanchez - drums.

J.D. Allen Trio: The Matador and the Bull (Savant Records)
J.D. Allen - tenor sax; Gregg August - bass; Rudy Royston - drums.

Harris Eisenstadt: Canada Day III (Songlines Recordings)
Nate Wooley - trumpet; Matt Bauder - tenor sax; Chris Dingman - vibraphone; Garth Stevenson - bass; Harris Eisenstadt - drums.

François Houle 5 + 1: Genera (Songlines Recordings)
Taylor Ho Bynum - cornet, flugelhorn; Samuel Blaser - trombone; François Houle - clarinet, bass clarinet; Michael Bates - bass; Harris Eisenstadt - drums; Benoit Delbecq - piano, electronics.

Jakob Bro/Thomas Knak: Bro / Knak (Loveland Records)
Jakob Bro - ekectric guitar, vocals; Thomas Knak - electronics;
David Virelles - piano; Kenny Wheeler - flugelhorn; Tine Rehling - harp; Jakob Kullberg - cello; Jakob Høyer - drums; Oscar Noriega - clarinet; Anders Mathiasen - guitar; Jonas Westergaard - electric bass; Pamelia Kurstin - theremin; Bill Frisell - electric guitar; Thomas Morgan - bass; Jeff Ballard - drums; Paul Bley - piano; The Royal Danish Chapel Choir - vocals.
益子博之のうたかたの日々:台風2連発でいきなり夏模様の6月末
気楽に日常のあれこれを書き留めておくつもりで始めたブログだが、全く思うに任せない。ゴールデンウィーク以降も仕事が落ち着きを見せず、そうこうしているうちに今年もNY行きを決めてしまったので、更に追い打ちを掛けるような事態に陥ってしまった。せめて備忘録程度のライヴ記録だけでも残しておきたい。


2012年4月26日(木)

7:30pm at 渋谷 公園通りクラシックス
Food featuring Nils Petter Molvær

Iain Ballamy - tenor & soprano saxes, electronics; Thomas Strønen - drums, electronics; Nils Petter Molvær - trumpet, electronics; 巻上公一 - voice, theremin, Jew's harp; 林 正樹 - piano.
(¥4,500 cover including 1 drink)

イアン・バラミーがかなり引いた演奏をしているため、ほとんどニルス・ペテル・モルヴァルとトマス・ストレネンのデュオのような様相である。モルヴァルのほうは、深いエコーやループを用いたいつもの調子だし、1時間足らずの1セットで終了してしまったので(ストレネンの椅子が壊れたとか)、欲求不満ばかりが残るツアー最終日になってしまった。


2012年5月6日(日)

7:00pm at 四谷三丁目 綜合藝術茶房 喫茶茶会記
天田 透 × 高岡大祐

天田 透 - flute, bass flute, contrabass flute; 高岡大祐 - tuba, percussion.
(¥2,000 cover including 1 drink)

コントラバス・フルートを生で見る+聴くのは、初めての楽器。事前にCDでは聴いていたものの、出てくる音の表情といい、力強さといい、まったくの別世界を描き出している。天田のドイツ時代のエピソードも面白かった。相変わらず高岡のサウンドの多彩さも流石だ。ただ、天田のオスティナートをベースにした演奏がほとんどで、ジャズ的な世界観からあまり逸脱しなかったのも確か。


2012年5月26日(土)

7:30pm at 蒲田 Bar Time
浅川太平の音 vol. 02

森田修史 - tenor sax; 浅川太平 - piano.
(¥2,000 cover/1 drink minimum)

初めて行った蒲田のヴェヌー。20席ほどの客席がみるみる埋まっていく。tactile soundsもこのくらい入ってくれれば良いのだが。これは、浅川が影響を受けた音楽を10年毎に区切ってテーマとした企画の2回目で、お題は70年代のキース・ジャレット。音量のバランスやタイム感など、やや不満の残る出来だったのだが、客席の反応は上々だった。


2012年6月2日(土)

7:30pm at 国立 NO TRUNKS
Motohiko Ichino TIME FLOWS TRIO

津上研太 - alto sax; 市野元彦 - electric & acoustic guitars, loops; 外山 明 - cocktail drums, cow bell.
(¥1,000 suggested donation/¥1,000 minimum)

いや、もう、このバンドはいつでも楽しませてくれる。やはり津上は巧い。「Treat」で一瞬ボサ・ノヴァのリズムが現れ、このまま進んで行っても面白いと思っていると、すぐに違う展開に行ってしまうところが外山らしい。


2012年6月12日(火)

8:00pm at 高円寺 アケタの店
TOY BOAT

市野元彦 - guitar, laptop; 千葉広樹 - bass, violin, electronics; 外山 明 - drums.
(¥2,500 cover including 1 drink)

こちらは外山の曲を中心としたユニット。良い曲、書くよなぁ。市野が全編アクースティック・ギターで通したのも新鮮。


2012年6月20日(水)

7:30pm at 外苑前 Z.imagine
〜彩〜 Manabu Hashimoto SOLO PERFORMANCE

橋本 学 - drums, Ibo-drum, percussions, human beatbox, cajón, iPhone, programming, electric bass, voice and others.
(¥2,000 cover/1 drink minimum)

ソロ・パフォーマンスは、初めての試みらしい。いきなりプログラミングされたトラックをバックにエレクトリック・ベースを弾き出したのには驚かされた。後は、エフェクトやループを用いたドラミングに、ヒューマン・ビートボックス。これがなかなかどうしての腕前(口前? 喉前?)。仕事疲れが出てきてしんどくなったので、40分程度の1セットのみで帰還。(2012年6月22日)
益子博之のうたかたの日々:一気に振り返る4ヶ月と、CDセールスへの期待と
前回のブログでも書いたが、2月の半ば頃から勤め先の仕事が急激に増えて、まるで身動きが取れなくなってしまった。それ以前に聴いたライヴについては、メモを取るような習慣がないので、ほとんど忘却の彼方である。備忘録として行ったものだけでもリストアップしておく。覚えていることの断片を添えて。


2012年1月13日(金)

8:00pm at 高円寺 座・高円寺
渋谷 毅@座・高円寺

渋谷 毅 - piano; 市野元彦 - electric guitar.
(¥4,000 admission)

仕事の都合で会場に着いたときには、第二部のデュオの演奏が始まっていた。渋谷はほとんどの曲を市野から始めるように指示していた。それだけ篤い信頼を抱いているのだろう。ピアノの低域の量感が不足しているように感じたのだが、PAを一切使用していなかったという。それにしては十分バランスの取れたサウンドになっていたと思う。


2012年1月15日(日)

3:00pm at 四谷三丁目 綜合藝術茶房 喫茶茶会記
Pearl Alexander Presents: にじり口

Pearl Alexander - contrabass; 中村としまる - no-input mixing board.
(¥2,000 cover including 1 drink)

2セットとも30分程度の短い演奏。休憩中に中村が「長ければ良いというものではない」と呟いていた。前半はアレキサンダー主導、後半は中村が積極的に絡んでいく展開となった。


2012年1月22日(日)

8:00pm at 荻窪 ベルベットサン
織原良次の色彩感覚

太田朱美 - flute; 若井優也 - piano; 織原良次 - electric fretless bass, loops; 橋本 学 - drums.
(¥2,500 cover including 1 drink)

このバンドに感じる物足りなさの原因は、弱音部ですら押しの一手で音楽が進められることにあるのではないかと気付いた。橋爪亮督グループでは、緩急の妙を演出できる二人なので、その辺りを意識できるか否かが分かれ道なのではなかろうか。


2012年1月25日(水)

8:00pm at 吉祥寺 the Foxhole
master ship of fool

藤原大輔 - tenor sax, sherman filter; Kelly Churko - electric guitar; 山本達久 - drums, percussion.
(¥2,000 cover/1 drink minimum)

ケリー・チュルコがトッド・ニコルソン、本田珠也と組んだ noisy music trio とは打って変わって、細やかなインタープレイが印象的。山本達久の俊敏な反応には毎度唸らせられる。リー・コニッツ「Kary's Trance」やソニー・ロリンズ「No Moe」といったジャズ曲を採り上げていたのも意外だった。


2012年1月30日(月)

8:00pm at 渋谷 Bar Isshee
INTERFERENCE

津上研太 - alto sax; かみむら泰一 - tenor & soprano saxes, percussion, electronics; 横川理彦 - violin, electronics; 菊地雅晃 - bass, analog synthesizer.
(¥500 bar charge + donation/1 drink minimum)

恒例の即興ユニット。何とか都合を付けたつもりが、仕事で途中退場。


2012年2月7日(火)

8:00pm at 新宿 ピットイン
Yasuhiro Yoshigaki iKNOW

青木タイセイ - trombone; 橋爪亮督 - tenor sax; 田中信正 - piano; 井上陽介 - bass; 芳垣安洋 - drums.
(¥3,000 cover including 1 drink)

モンクの曲しか演らないバンドの2回目だが、前回よりアンサンブルが緻密になった上に、橋爪がフィーチュアされる場面が増えていた。


2012年2月15日(水)

8:00pm at 中野 Sweet Rain
OCHI-COCHI +1

かみむら泰一 - tenor & soprano saxes, bamboo flute, bells; 橋本 学 - drums, percussion; 吉野弘志 - bass.
(¥2,000 cover/1 drink minimum)

流石に吉野は安定感に溢れた演奏。逆に言えば、この先どうなってしまうのか、といった意外性は少ない。当面、ベーシストは固定化しない方針らしい。


2012年2月18日(土)

7:30pm at 国立 NO TRUNKS
Motohiko Ichino TIME FLOWS TRIO

津上研太 - alto sax; 市野元彦 - electric guitar, loops; 外山 明 - drums, cow bell.
(donation/¥1,000 minimum)

今回も融通無碍な演奏。実に楽しそうに、各自が好き勝手に演奏しているようで、行き先を見失うことがない。


2012年2月25日(土)

7:30pm at 国立 NO TRUNKS
OCHI-COCHI +1

かみむら泰一 - tenor & soprano saxes, bamboo flute, bells; 橋本 学 - drums, percussion; 早川岳晴 - bass.
(donation/¥1,000 minimum)

是安則克の形見のベースを使用していることもあって早川とのセッションが実現。だが、相性は必ずしも良いとは言えない。弾き捲る割には音楽の流れを掴んでいるとは到底感じられなかったからだ。


2012年2月26日(日)

7:00pm at 池袋 Apple Jump
Koichi Sato Group

山本昌広 - alto & soprano saxes; 橋爪亮督 - tenor sax; 佐藤浩一 - piano; 萬 恭隆 - bass; 則武 諒 - drums.
(¥2,900 cover/1 drink minimum)

体調が優れず、1セットのみで退散。佐藤の楽曲に変化が見られたことと、山本のサウンドの美しさに瞠目。


2012年3月1日(木)

8:00pm at 新宿 ピットイン
TOKYO ZAWINUL BACH - Manpower Special

五十嵐一生 - trumpet; 菊地成孔 - tenor & soprano saxes, CD-J; 坪口昌恭 - keyboards, piano, effects; 織原良次 - electric fretless bass; 石若 駿 - drums.
(¥3,000 cover including 1 drink)

付き合いの長い3人の言葉の掛け合いは面白かったが、音楽的にはウェザー・リポート・ファン・バンドにしか聞こえなかった。


2012年4月12日(木)

8:00pm at 荻窪 ベルベットサン
rabbitoo

藤原大輔 - tenor sax, sherman filter, live dub mix; 佐藤浩一 - nord electro 2, moog, piano; 市野元彦 - electric guitar, e-bow, laptop; 千葉広樹 - bass, electronics; 田中徳崇 - drums.
(¥2,500 cover including 1 drink)

12月1日以来、ほぼ4ヶ月ぶり。エレクトロニクスの比率が高まっているが、以前のような飽和感はない。順調にレパートリーも増えているようで、そろそろCDのリリースも考えて欲しいところ。


2012年4月15日(日)

3:00pm at 四谷三丁目 綜合藝術茶房 喫茶茶会記
Pearl Alexander Presents: にじり口

Pearl Alexander - contrabass; Carl Stone - laptop.
(¥2,500 cover including 1 drink)

今回も30分程度の2セット。カール・ストーンは、マイクでその場で拾った音を加工しつつ、サンプリング音も散りばめていく演奏。前半はアレキサンダーの演奏に彩りを添える程度だったが、後半はソロを交えて前に出てくるようになった。ただ、ラップトップの演奏は共演者の演奏に即座に反応することができず、常に少しずつ遅延して音を発することになる。そういうものだと言ってしまえばそれまでだが、これまでの生身の演奏者との共演とは異なるシチュエイションを意識的に選択した狙いが何だったのかまでは感じ取れなかった。


2012年4月20日(金)

8:00pm at 新宿 ピットイン
Ryosuke Hashizume Group

橋爪亮督 - tenor sax, loops; 佐藤浩一 - piano; 市野元彦 - electric guitar, e-bow, laptop; 織原良次 - electric fretless bass; 橋本 学 - drums, percussion.
(¥3,000 cover including 1 drink)

12月に録音した『Acoustic Fluid』の発売記念ライヴ。普段より客席の入りも良く、白人男性3人組とか、ロシア語を話す若い女性4人組とか、国際色も豊か。演奏のほうは、4ヶ月前の録音時より遙かにアグレッシヴ。市野はラップトップで盛んに触覚的なサウンドを挿入し、佐藤は普段のリリカルさをかなぐり捨てて調性から逸脱する。織原と橋本は、縦横無尽に音楽の向かう先を切り替える。そして、いつになく熱く吹き捲る橋爪。このメンバーで、もっと頻繁に演奏して欲しいものだ。リハーサル中に届いたというCDの売れ行きも順調だった模様。僕が書いた宣伝文は心許ないものだが、一般のセールスにも期待したい。(2012年4月25日)

益子博之のうたかたの日々:縛られた日常と、「ジャズ」の未来と
2月から勤め先の仕事が多忙を極め、何にも手を着けられない状態が続いていたのだが、流石にゴールデン・ウィークが近づいてきたこともあって、少し落ち着きを取り戻しつつある。日帰り出張が多かったことも卑弱な肉体には堪えた。徐々に活動再開と行きたいところ。

とはいえ、予定されていたイヴェントは否応なくやってくる。5回目を迎えた「益子博之=多田雅範 四谷音盤茶会」、相変わらず集客的には厳しい状態が続いているが、今回も来場者からはご好評をいただいたので一安心。当日の選曲リストはこちら。内容については、例によって相方の多田雅範が早々にアップしてくれている。「ジャズに聴こえないジャズの未来」を、その一端でも紹介できたのなら幸甚である。

多田雅範:Niseko-Rossy Pi-Pikoe Review
タダマス5覚え書き

以下はそのネタとなった購入CDリスト。(2012年4月24日)


★1〜3月に入手したCD42枚

Greg Ward: Phonic Juggernaut (Thirsty Ear Recordings)
Greg Ward - alto sax; Joe Sanders - bass; Damion Reid - drums.

Jeremiah Cymerman: Fire Sign (Tzadik Composer Series)
Nate Wooley - trumpet; Peter Evans - trumpet; Sam Kulik - trombone; Jeremiah Cymerman - clarinet, electronics, synthesizer; Christopher Hoffman - cello; Tom Blancarte - bass, electric bass; Brian Chase - drums.

Zeena Parkins: Double Dupe Down (Tzadik Film Music)
James Staley - trombone; David Watson - bagpipes; Matthew Welch - Bagpipes;
Sara Parkins - violin; Okkyung Lee - cello; Maggie Parkins - cello; Zeena Parkins - acoustic & electronic harps, keyboard, objects, electronics, yamaha CS-80, gleeman pentaphonic clear; James Pugliese - drums; William Winant - percussion; Christian Marclay - turntables; Ikue Mori - electronics; Shelley Hirsch - voice.

Risk Factor: 私を動物園につれてって (HARU Records)
太田朱美 - flute; 土井徳浩 - clarinet; 石田 衛 - piano; 織原 良次 - electric fretless bass; 橋本 学 - drums.

Mike Moreno: Another Way (World Culture Music)
Aaron Parks - piano; Warren Wolf - vibraphone; Mike Moreno - acoustic & electric guitars; Matt Brewer - bass; Ted Poor - drums; Chris Dingman - vibraphone; Jochen Rüeckert - drums.

Robert Glasper Experiment: Black Radio (Blue Note Records)
Casey Benjamin - alto sax, vocoder vocal; Robert Glasper - piano, keyboards; Derrick Hodge - acoustic & electric basses; Chris Dave ― drums; Erykah Badu, Bilal, Lupe Fiasco, Lalah Hathaway, Shafiq Husayn (Sa-Ra), KING, Ledisi, Chrisette Michele, Mos Def, Musiq Soulchild, Meshell Ndegeocello, Stokley Williams (Mint Condition) - vocals.

Fabian Almazan Trio: Personalities (Biophilia Records)
Fabian Almazan - piano, rhodes electric piano, electronics/audio manipulations; Linda Oh - bass; Henry Cole - drums, güiro; Meg Okura violin I (1, 3); Megan Gould - violin II (1, 3); Karen Waltuch - viola I (1, 3); Noah Hoffeld - cello (1, 3).

Ben Wendel: Frame (Sunnyside Communications)
Ben Wendel - tenor & soprano saxes, bassoon, melodica; Gerald Clayton - piano (1,2,3); Tigran Hamasyan - piano (4,6,7); Adam Benjamin - rhodes electric piano (1,4,6,7), piano (8,9); Nir Felder - electric guitar; Ben Street - bass; Nate Wood - drums.

Hans Glawischnig: Jahira (Sunnyside Communications)
Samir Zarif - tenor & soprano saxes; Hans Glawischnig - acoustic bass guitar; Eric Doob - drums.

Joel Harrison 7: Search (Sunnyside Communications)
Donny McCaslin - tenor sax; Gary Versace - piano, Hammond B-3 organ, pump organ; Joel Harrison - electric & acoustic guitars; Christian Howes - violin; Dana Leong - cello; Stephan Crump - bass; Clarence Penn - drums.

Johnathan Blake: Eleventh Hour (Sunnyside Communicatioins)
Jaleel Shaw - alto sax; Mark Turner - tenor sax; Kevin Hays - piano, rhodes electric piano; Ben Street - bass; Johnathan Blake - drums; Tom Harrell - trumpet, flugelhorn(3,5); Gregoire Maret - harmonica(1,10); Robert Glasper - piano, rhodes electric piano(1,5,10); Tim Warfield - tenor sax(8).

Burnt Friedman: Bokoboko (Nonplace)
Burnt Friedman - pans, drums, organ, Korg Ms20, sampler, guitars, rubberbox (7), monochord; Hayden Chisholm - reeds(3/4/6/7/8/10); Daniel Schröter - bass guitar(5/6/7/10); Joseph Suchy - electric guitar(4/5/9); Takeshi Nishimoto - sarod(4/8); David Franzke - field recordings(1/3/6/7/8/9/10).

Jason Stein Quartet: The Story This Time (Delmark Records)
Jason Stein - bass clarinet; Keefe Jackson - tenor sax, contrabass clarinet; Joshua Abrams - bass; Frank Rosaly - drums.

Pete Robbins: Transatlantic Quartet - Live in Basel (Hate Laugh Music)
Pete Robbins - alto sax; Mikkel Ploug - electric guitar; Simon Jermyn - electric bass; Kevin Brow - drums.

Anthony Burr: Anthony Burr (Skirl Records)
Anthony Burr - E♭, B♭ & bass clarinets.

Leah Paul: Bike Lane (Skirl Records)
Leah Paul - flute, alto flute, bass flute; Chris Speed - clarinet; Katie Young - bassoon; Jessica Pavone - viola.

Travis Laplante: Heart Protector (Skirl Records)
Travis Laplante - tenor sax.

Masabumi Kikuchi Trio: Sunrise (ECM Records)
Masabumi Kikuchi - piano; Thomas Morgan - bass; Paul Motian - drums.

Anders Jormin: Ad Lucem (ECM Records)
Mariam Wallentin - voice; Erika Angell - voice; Fredrik Ljungkvist - clarinet, bass clarinet, tenor sax; Anders Jormin - bass; Jon Fält - drums.

Tim Berne: Snakeoil (ECM Records)
Tim Berne - alto sax; Oscar Noriega - B♭ & bass clarinets; Matt Mitchell - piano; Ches Smith - drums, percussion.

Billy Hart: All Our Reasons (ECM Records)
Mark Turner - tenor sax; Ethan Iverson - piano; Ben Street - bass; Billy Hart - drums.

Jeff Parker: Bright Light In Winter (Delmark Records)
Jeff Parker - electric guitar; Chris Lopes - bass; Chad Taylor - drums.

James Falzone KLANG: Other Doors (Allos Documents)
James Falzone - clarinet; Jason Adasiewicz - vibraphone; Jason Roebke - bass; Tim Daisy - drums; Josh Berman - cornet; Jeb Bishop - trombone; Keefe Jackson - tenor sax, bass clarinet; Fred Lonberg-Holm - cello, electronics.

Trio Caveat/Josh Sinton: Introspective Athletics/Pine Barren (Engine Studios)
Trio Caveat: Jonathan Moritz - tenor & soprano saxes; Chris Welcome - electric guitar; James Ilgenfritz - bass.
Josh Sinton - baritone sax, bass clarinet, contrabass clarinet.

Brian Patneaude: All Around Us (WEPA Records)
Brian Patneaude - tenor sax; David Caldwell-Mason - piano, rhodes electric piano; Mike DelPrete - bass; Danny Whelchel - drums, percussion.

Dayna Stephens: Today Is Tomorrow (Criss Cross Jazz)
Dayna Stephens - tenor sax; Aaron Parks - piano; Kiyoshi Kitagawa - bass; Donald Edwards - drums; Michael Rodriguez - trumpet, flügelhorn(2,6); Raffi Garabedian - tenor sax(3); Julian Lage - electric guitar(4,6,7).

Tom Rainey Trio: Camino Cielo Echo (Intakt Records)
Ingrid Laubrock - tenor & soprano saxes; Mary Halvorson - electric guitar; Tom Rainey - drums.

Terrence McManus: Transcendental Numbers (NoBusiness Records)
Terrence McManus - electric guitar; Mark Helias - bass; Gerry Hemingway - drums.

Caetano Veloso & David Byrne: Live at Carnegie Hall (Nonesuch Records)
Caetano Veloso - vocals, guitar; David Byrne - vocals, guitar; Jaques Morelenbaum - cello; Mauro Refosco - percussion.

Jenny Scheinman Presents Mischief & Mayhem (self issued)
Jenny Scheinman - violin; Nels Cline - electric & acoustic guitars, loops; Todd Sickafoose - bass; Jim Black - drums.

Biagio Coppa: Antagonisti Androgeni (Ruby Flower)
Nate Wooley - trumpet; Biagio Coppa - tenor & soprano saxes; Cory Smythe - piano; Trevor Dunn - bass; Tyshawn Sorey - drums.

Parker / Lee / Evans: The Bleeding Edge (PSI Records)
Peter Evans - trumpet, piccolo trumpet; Evan Parker - soprano & tenor saxes; Okkyung Lee - cello.

Toshimaru Nakamura / John Butcher: Dusted Machinery (Monotype Records)
Toshimaru Nakamura - no-input mixing board; John Butcher - soprano, tenor & feedback saxes.

Henry Cole and The Afrobeat Collective: Roots Before Branches (self issued)
John Ellis - tenor sax; Billy Carrion Jr. - baritone sax; Soren Moller - rhodes electric piano(1-5, 7-10); Sean Wayland - rhodes electric piano(6); Egui Santiago - keyboards(1-5, 7-10);Roy Guzman - electric guitar(1-5, 9); Adam Rogers - electric guitar(7); Willy Rodriguez - bass (1, 9); Ricky Rodriguez - bass(2, 3, 6-8, 10, 11); Pedro Perez - bass(4, 5); Henry Cole - drums, keyboards (2-10); Juan Jose “Cheito” Quinones - trumpet (1-9); David “Piro Rodriguez - trumpet (3); Josh Evans - trumpet (10); Alberto “Beto” Torrens - bomba barril(1-5, 7-9); Obanilu Allende - plena panderos(6), voice(6), bomba barril(10); Bryant Huffman - shekere(1-5, 7-9); Reynaldo de Jesus - shekere(10); Hermes Ayala - voice(2-4); David Sánchez - tenor sax(1, 3-5), alto sax(2); Luis Rosa “El Chupa” - baritone sax(4); Jenny Scheinman - first violin(9); Megan Gould - second violin(9); Karen Waltuch - viola(9); Noah Hoffeld - cello(9); Mara Pastor - poetry reading(9); Miguel Zenón: alto sax(2).

Vijay Iyer Trio: Accelerando (ACT Music)
Vijay Iyer - piano; Stephan Crump - bass; Marcus Gilmore - drums.

Jakob Bro: Time (Loveland Records)
Jakob Bro - electric guitar; Bill Frisell - electric guitar; Thomas Morgan - bass; Lee Konitz - alto sax.

Esperanza Spalding: Radio Music Society (Heads Up International)
Esperanza Spalding - vocals, bass, electric bass; Leo Genovese - piano, electric piano, keyboards, guembir; Terri Lyne Carrington - drums; Darren Barrett - trumpet; Jeff Galindo - trombone; Daniel Blake - tenor & soprano saxes, flute; Joe Lovano - tenor sax; American Music Program - horns; Ricardo Vogt - guitar; Billy Hart, Jack DeJohnette - drums; Lalah Hathaway - vocals; Q-Tip - vocals, glockenspiel; Becca Stevens, Leni Stern - background vocals; Gretchen Parlato - background vocals, spoken word; and others.

Greg Ruggiero: My Little One (Fresh Sound New Talent)
Greg Ruggiero - electric & acoustic guitars; Gary Wang - bass; Dan Reiser - drums, percussion; Pete Rende - piano, rhodes electric piano, pump organ, hammond organ; Jon De Lucia - flute; Christian Frederickson - cello; Luisa Sobral - vocals.

Steve Lehman Trio: Dialect Fluorescent (Pi Recordings)
Steve Lehman - alto sax; Matt Brewer - bass; Damion Reid - drums.

Eivind Opsvik: Overseas IV (Loyal Label)
Tony Malaby - tenor sax; Jacob Sacks - harpsichord, farfisa organ, piano; Brandon Seabrook - electric guitar, mandolin; Eivind Opsvik - bass; Kenny Wollesen - drums, cymbals, timpani, vibraphone, marching machine.

Jeff Denson: Secret World (Between The Lines)
Ralph Alessi - trumpet; Florian Weber - piano; Jeff Denson - bass, vocals; Dan Weiss - drums.

Steve Lyman: Revolver (self issued)
Julian Pollack - piano; Kenji Aihara - electric guitar; Christopher Tordini - bass; Steve Lyman - drums.
益子博之のうたかたの日々:「知っていること」「知らないこと」と、「見て/聞いてしまうこと」「見えて/聞こえていないこと」と
福島恵一氏が、前回のブログに対して速攻で鋭い突っ込みを入れてくれた。いつも僕の言葉足らずの発言や書き込みに深い考察を加えてくれるので非常にありがたいし、なにしろ内容が興味深い。

福島恵一:耳の枠はずし
「演る音楽」と「聴く音楽」の間  Between "Music to Play" and "Music to Listen to"

痛いところを突かれたのは以下の部分。

 益子は先のブログ記事の中で、誰が誰を評価しているか、誰が誰と近いか‥といったミュージシャンのネットワークを、その背景に見立てているようだが、果たしてそれに尽きるものだろうか。むしろ、ミュージシャンと言う音楽のフィールドの中をどこかへ向かって移動している人種が、他の音楽(あるいはミュージシャンないしはサウンド)とすれ違ったり、傍らをすごいスピードで追い抜いてあらぬ方向へ舵を切ったり、あるいは反対に相手の進路を横切ったりする時に、「おや」とか「へえ〜」と思うのではないだろうか。「おや、面白いじゃないか」とか、「おや、勢いがあるな」とか、「へえ〜、こんなの見たことないぞ」とかいう風に。それはミュージシャン同士の直接のつながりを必ずしも前提(あるいは結果)としない。ポイントは〈移動〉中に〈遭遇〉することにある。だからこそ〈知識〉や〈情報〉としてではなく、〈体感〉として刻印されるのだ。

僕の場合、なまじ実際のミュージシャン同士のつながりを「知って」いるがために、その背景にある(と思しき)ネットワークを「見て」しまったのだ。既に持っているものの見方の枠組みや知識は、新たに何かを捉える際の捉え方に予め一定の方向性を与えてしまう。だからこそ、同じ事物に対する他者の認識を知ることは、自分の認識に別の角度から光りを当てることになり、そこで自分の捉え方の枠組みや方向性の存在に改めて気付かされることにもなる。

当たり前の一般論に聞こえるかも知れないが、このことは音楽を語る際に実に厄介な問題を突き付けてくる。音楽のような「感覚的な事象」は、言語等によって構造化された世界の把握や認識、知識からは「独立して」「純粋に」知覚される(意味を持つ)と考える向きが根強く存在しているからだ。だが、そんなことは果たして可能なのだろうか。感覚〜知覚〜認知(認識)〜知識というものは、概念としてではなく、実質として分離することが本当にできるのだろうか。

そもそも「音楽」というものが何なのかを知らなければ、それは「音楽としては」聞こえてこないだろう。わかりやすい例を挙げれば、アフリカのある部族のドラム演奏を聴いたとき、我々は音楽だと認識するだろうが、彼らが我々の認識と同じ意味での「音楽というものを知らない」可能性は高いし、その場合、彼らにとって彼らがやっていることや聴いていることは「音楽ではない」ことになるだろう。これは認識のカテゴリーの違いを言っているのではない。我々と彼らが聞いているものの意味、いや、そもそも経験している事象や生きている世界が違うと言っているのだ。構造化された認知の枠組みがなければ、我々は世界を分節化して(意味あるものとして)捉えることができないし、その枠組みが違えば、捉える経験や捉えられた世界そのものが違ったものになるということだ。

卑近な例を挙げよう。この演奏は誰によるものか、という事実を知っている場合と知らない場合とでは、その聞こえ方がかなり違ったものになるという経験はないだろうか。あるいは、もっとベーシックな話のほうが良いだろうか。強烈な感覚刺激だけからでは、それが痛いのか、熱いのか、冷たいのかを瞬時に知ることは困難だ。何が原因でその感覚が生じているのかを「認知」することで、初めて「知覚」を得られる場合があるということ。「悲しい」とはどのような感情のことかを予め知っているからこそ、悲しいという感情を持つことができる。そう言えば、「悲しいから泣くんじゃない、泣くから悲しくなるんだ」と誰かが言っていた。河野哲也だっただろうか。彼は「アフォーダンスは記号作用だ」というようなことも書いていたような気がする。(2012年2月13日)
益子博之のうたかたの日々:地球の裏側と、地球のこちら側と
NY在住のヴォイス・パフォーマー、北村京子氏がmixiでアルゼンチンの音楽サイト『El Intruso』の2011年の各種ベスト選出リストを紹介してくれたのだが、これが面白い。通常の批評家によるリスティングに加え、ミュージシャン同士が投票したリストが掲載されているのだ。

ミュージシャンによる投票はこちら↓
El Intruso 6th Annual Musicians Poll – 2011

批評家による投票はこちら↓
El Intruso 4th Annual Critics Poll – 2011

まず、「ジャズ」といったジャンルではなく、「New Creative Music」と冠されているのが良い。そして、リストの内容自体が納得できるだけでなく(我々のリスティングも捨てたものではないことがわかる)、誰が誰と関係が深くて、誰を評価しているのかが一目瞭然になっている。日本でもどこかでこういうことをやってくれないものだろうか。


「masuko/tada yotsuya tea party 〜 益子博之=多田雅範 四谷音盤茶会 vol. 04」参加者のレポートが増えたので以下にご紹介。

原田正夫:Timbre and Tache
masuko/tada yotsuya tea party vol.04

mizugame:万歩計日和
「四谷音盤茶会」やら「わが母の記」やら。(5,336歩)

北里義之、福島恵一両氏が言及しなかった部分に反応してくれているのがありがたい。(2012年2月7日)
益子博之のうたかたの日々:大寒波襲来と、2011年の「耳」の総括と
酷寒の中、「masuko/tada yotsuya tea party 〜 益子博之=多田雅範 四谷音盤茶会 vol. 04」にお出でいただいた皆様、誠にありがとうございました。参加者数も徐々に増えており、嬉しい限り。今回も例によって喋り過ぎで大幅に時間超過してしまったが、橋本 学氏の的を射たコメントの数々に、依頼して良かったという思いを新たにしている次第。当日の様子はご来場いただいた北里義之、福島恵一両氏のブログで詳細に報告されているので、まずはそちらをご覧いただければ幸いである。当日の選曲リストはこちら。2011年 第4 四半期からの選盤に当たって入手した音源リストを末尾に記しておく。(2012年2月1日)


北里義之:news ombaroque
益子博之=多田雅範「四谷音盤茶会」vol.4

福島恵一:耳の枠はずし
ジャズのヘテロトピックな空間 Jazz As Heterotopic Spaces


★10〜12月に入手したCD47枚

土井徳浩カルテット: Amalthea (D-musica)
土井徳浩 - clarinet; 佐藤浩一 - piano; 本川悠平 - bass; 紺野智之 - drums.

Bungalow: Metropolitan Oasis (D-musica)
山本昌広 - alto & soprano saxes; 佐藤浩一 - piano; 池尻洋史 - bass; 大村 亘 - drums.

西山 瞳トリオ: Music in You (Meantone Records/diskunion)
西山 瞳 - piano; 佐藤 “ハチ” 恭彦 - bass; 池長一美 - drums; 橋爪亮督 - tenor sax(12).

坂本弘道: 緑子 Midori-ko [original sound track] (Hibana Records)
川口義之 - recorder, ukulele, soprano, alto, tenor & baritone saxes; 小森慶子 - clarinet, bass clarinet, soprano, alto & tenor saxes; 関島岳郎 - tuba, trumpet, tomomin, casiotone; 阿部美緒 - violin; 向島ゆり子 - violin, viola; 成井幹子 - viola; 三木黄太 - cello; 坂本弘道 - cello, musicalsaw, electronics; 八木美知依 - 21-string koto, 17-string bass koto; 高良久美子 - vibraphone, marimba, glockenspiel, timpani, cymbal, waterhorn; 一樂誉志幸 - percussion; 栗木健 - percussion.

Marcus Strickland: Triumph of the Heavy, Vol. 1 & 2 (Strick Muzik)
Marcus Strickland - tenor & soprano saxes, clarinet, bass clarinet; David Bryant - piano; Ben Williams - bass; E.J. Strickland - drums.

Rob Garcia 4: The Drop and The Ocean (Brooklyn Jazz Underground Records)
Noah Preminger - tenor sax; Dan Tepfer - piano; John Hébert - bass; Rob Garcia - drums.

Tony Levin/David Torn/Alan White: Levin Torn White (Lazy Bones Recordings)
David Torn - electric & acoustic guitars, textural events; Tony Levin - electric bass, chapman stick; Alan White - drums, percussion.

Gilad Hekselman: Hearts Wide Open (Le Chant Du Monde)
Gilad Hekselman - electric guitar; Joe Martin - bass; Marcus Gilmore - drums; Mark Turner - tenor sax(3,5,6,8).

John Escreet: Exception to the Rule (Criss Cross Jazz)
David Binney - alto sax, electronics; John Escreet - piano, keyboards; Eivind Opsvik - bass; Nasheet Waits - drums.

Mats Eilertsen: Sky Dive (Hubro)
Tore Brunborg - tenor sax; Alexi Tuomarila - piano, rhodes electric piano; Thomas T. Dahl - electric guitar; Mats Eilertsen - bass; Olavi Louhivuori - drums.

Matana Roberts: Coin Coin Chapter One:Gens de Couleur Libres (Constellation)
Ellwood Epps - trumpet; Brian Lipson - bass trumpet; Matana Roberts - alto sax, clarinet, voice; Fred Bazil - tenor sax; Jason Sharp - baritone sax; David Ryshpan - piano, organ; Xarah Dion - prepared guitar; Josh Zubot - violin; Marie Davidson - violin; Nicolas Caloia - violoncello; Lisa Gamble - musical saw; Thierry Amar - bass; Jonah Fortune - bass; David Payant - drums, vibraphone; Hrair Hratchian - doudouk; Gitanjali Jain - voice.

Fennesz: Seven Stars (Touch)
Christian Fennesz - laptop, electric guitar.

The Jeff Gauthier Goatette: Open Source (Cryptogramophone)
John Fumo - trumpet, effects; David Witham - piano, keyboards, effects; Jeff Gauthier - violin, electric violin, effects; Nels Cline - electric guitar, classical guitar, effects; Joel Hamilton - bass; Alex Cline - drums, percussion.

Theo Bleckmann: Hello Earth! - The Music of Kate Bush (Winter & Winter)
Theo Bleckmann - vocals, live electronic voice processing; Henry Hey - piano, prepared harpsichord, rhodes electric piano, toy piano, caxixi; Caleb Burhans - electric five string violin, electric guitar; Skúli Sverrisson - electric bass; John Hollenbeck - drums, percussion, crotales, glockenspiel.

Hank Roberts Quartet: Everything Is Alive (Winter & Winter)
Hank Roberts - violoncello, vocals, jazzaphone fiddle; Bill Frisell - electric & acoustic guitars; Jerome Harris - acoustic bass guitar, acoustic guitar; Kenny Wollesen - drums.

Freedom Jazz Trio: Live At The Bronx Museum, 2011 (AACE)
Craig Taborn - piano; Carlo De Rosa - bass; Francisco Mora Catlett - drums, compositions.

Kip Hanrahan: At Home in Anger (American Clave/Enja Records)
Don Byron - clarinet; Yosvanni Terry - alto sax, percussion; Craig Handy - tenor sax; DD Jackson - piano; John Beasley - piano, keyboards; Mike Cain - piano; Lysandro Arenas - piano; Bryan Carrott - vibraphone; Alfredo Triff - violin; Brandon Ross - voice, guitar; Roberto Poveda - voice, guitar; Steve Swallow - electric bass; Andy Gonzalez - bass; Fernando Saunders - voice, electric bass; Anthony Cox - bass; Dafnis Prieto - drums, voice; Robby Ameen - drums, percussion; Horacio “El Negro” Hernandez - drums, percussion; Milton Cardona - congas, percussion; Pedrito Martinez - congas; Kip Hanrahan - direction, percussion, voice; Xiomara Laugart - voice; Lucy Penebaz - voice; Dick Kondas - sound; John Kilgore - sound.

Trio M: The Guest House (Enja Records)
Myra Melford - piano; Mark Dresser - bass; Matt Wilson - drums.

Pascal Niggenkemper/Simon Nabatov/Gerald Cleaver: Upcoming Hurricane (NoBusiness Records)
Simon Nabatov - piano; Pascal Niggenkemper - bass; Gerald Cleaver - drums.

Küchen/Rodrigues/Rodrigues/Santos: Vinter (Creative Sources)
Martin Küchen - alto sax; Ernesto Rodrigues - viola; Guilherme Rodrigues - cello; Carlos Santos - electronics.

Colin Stranahan/Glenn Zaleski/Rick Rosato: Anticipation (Capri Records)
Glenn Zaleski - paino; Rick Rosato - bass; Colin Stranahan - drums.

Samuel Blaser Quartet: Boundless (hatOLOGY)
Samuel Blaser - trombone; Marc Ducret - electric guitar; Banz Oester - bass; Gerlad Cleaver - drums.

Humcrush with Sidsel Endresen: Ha! (Rune Grammofone)
Ståle Storløkken - keyboards; Thomas Strønen - drums, electronics; Sidsel Endresen - voice.

Jason Adasiewicz's Sun Rooms: Spacer (Delmark Records)
Jason Adasiewicz - vibraphone; Nate McBride - bass; Mike Reed - drums.

Jason Kao Hwang & Edge: Crossroads Unseen (Euonymus Records)
Taylor Ho Bynum - cornet, flugelhorn; Jason Kao Hwang - violin, viola; Ken Filiano - bass; Andrew Drury - percussion.

Daitokai: Probation (self issued)
伊藤 匠 - tenor sax, electronics; 千葉広樹 - bass, electronics; 服部正嗣 - drums.

トリオねじ: ねじの国 (Full Design Records)
加藤崇之 - electric guitar, effects, metal percussion; かわいしのぶ - electric bass, vocals, toy percussion; 藤掛正隆 - drums, electronics.

Patrick Cornelius: Maybe Steps (Posi-Tone Records)
Patrick Cornelius - alto sax; Gerald Clayton - piano; Miles Okazaki - electric guitar; Peter Slavov - bass; Kendrick Scott - drums; Assen Doykin - piano(9).

Armen Donelian: Leapfrog (Sunnyside Communications)
Marc Mommaas - tenor sax; Armen Donelian - piano; Mike Moreno - electric guitar; Dean Johnson - bass; Tyshawn Sorey - drums.

Dan Tepfer: Goldberg Variations/Variations (Sunnyside Communications)
Dan Tepfer - piano.

Michael Bates: Acrobat - Music For, And By, Dmitri Shostakovich (Sunnyside Communications)
Russ Johnson - trumpet; Chris Speed - tenor sax, clarinet; Russ Lossing - piano, rhodes electric piano; Michael Bates - bass; Tom Rainey - drums.

Bill McHenry: Ghosts of the Sun (Sunnyside Communications)
Bill McHenry - tenor sax; Ben Monder - electric guitar; Reid Anderson - bass; Paul Motian - drums.

Motian Sickness - The Music of Paul Motian: For the Love of Sarah (Grizzley Music)
Jamie Masefield - mandolin; Mat Maneri - viola; John Hébert - bass; Jeff Cosgrove - drums.

The Thirteenth Assembly: Station Direct (Important Records)
Taylor Ho Bynum - cornet; Jessica Pavone - viola; Mary Halvorson - electric guitar; Tomas Fujiwara - drums.

Håkon Kornstad: Symphonies in my Head (Jazzland Recordings)
Håkon Kornstad - tenor & bass saxophones, flutes, flutonette, sansula, voice, looper.

Shelton/Adasiewicz/Roebke/Daisy: Arrive (Clean Feed Records)
Aram Shelton - alto sax; Jason Adasiewicz - vibraphone; Jason Roebke - bass; Tim Daisy - drums.
recorded at Shape Shoppe, Chicago, IL in August 2008.

Carlos Bica & Azul: Things About (Clean Feed Records)
Frank Möbus - electric guitar; Carlos Bica - bass; Jim Black - drums.

Marty Ehrlich's Rites Quartet: Frog Leg Logic (Clean Feed Records)
James Zollar - trumpet; Marty Ehrlich - alto sax; Hank Roberts - cello; Michael Sarin - drums.

The HIATUS: A World Of Pandemonium (Iron Gear Records)
細美武士 - vocals, electric & acoustic guitars, electric piano, programming; masasucks - electric & acoustic guitars; ウエノコウジ - electric & acoustic basses; 柏倉隆史 - drums, percussion, electric & acoustic guitars, programming; 堀江博久 - piano, rhodes electric piano, pianorgan, solina, synthesizer, accordion, vibraphone, glockenspiel, mandolin, percussion; Jamie Blake - vocals.

Open Loose: Explicit - Live at the Sunset (Marge)
Tony Malaby - tenor sax; Mark Helias - bass; Tom Rainey - drums.

Jacob Anderskov: Full Circle (Ilk Music)
Kasper Tranberg - trumpet, flügelhorn; Laura Toxvaerd - alto sax; Mads Hyhne - wurlitzer electric piano; Nils Davidsen - bass; Tom Rainey - drums.

Taylor Ho Bynum Sextet: Apparent Distance - Taylor Ho Bynum (Firehouse 12 Records)
Taylor Ho Bynum - cornet; Jim Hobbs - alto sax; Bill Lowe - bass trombone, tuba; Mary Halvorson - electric guitar; Ken Filiano - bass; Tomas Fujiwara - drums.

Jason Ajemian's Daydream Full Lifestyles: Protest Heaven (482 Music [LP])
Rob Mazurek - cornet; Tony Malaby - tenor sax; Jeff Parker - electric guitar; Jason Ajemian - bass; Chad Taylor - drums.

Marc Ayza: Live At Home (Fresh Sound World Jazz)
Roger Mas - piano, nord stage keyboard; Tom Warburton - bass; Marc Ayza - drums; DJ Helios - turntables; Core Rhythm - rap vocals.

Nate Radley: The Big Eyes (Fresh Sound New Talent)
Pete Rende - rhodes electric piano; Nat Radley - electric guitar; Matt Pavolka - bass; Ted Poor - drums; Loren Stillman - alto sax.

Sao Paulo Underground: Três Cabeças Loucuras (Cuneiform Records)
Rob Mazurek - cornet, electronics, voice; Mauricio Takara - cavaquinho, drums, percussion, electronics, voice; Guilherme Granado - keyboards, loops, samplers, percussion, voice; Richard Ribeiro - drums, voice; Kiko Dinucci - guitar, voice; Jason Adasiewicz - vibraphone(5,7); John Herndon - drums(5,7); Matthew Lux - bass guitar(7).

Third World Love: Songs and Portraits (Anzic Records)
Avishai Cohen - trumpet; Yonatan Avishai - piano; Omer Avital - bass; Daniel Freedman - drums.
益子博之のうたかたの日々:起きろ、起きろ、もうこれまでのようにはいかない。この地獄のような世界で、無為無策な僕は悲鳴を上げながらでも、兎に角やり始めるしかないんだ。
 the HIATUS: A World of Pandemonium

既に松も明けてしまいましたが、本年もよろしくお願いいたします。すっかり、1ヶ月のご無沙汰でした(通じないだろうな...)状態になってしまったが、それは偏に年末に拗らせた風邪(かどうかも定かではないのだが)が長引き、未だに咳と痰が止まらないような塩梅だからだ。

さて、12月に入ってひょんなことから耳にした the HIATUS: A World of Pandemonium (Iron Gear Records FLCF-4406) が耳について離れない。毎年選ぶジャズCDベスト10にはその年に最も良く聴いたものがいくつかランク・インするのだが、何故か2011年には「なんだか良く聴いたなぁ」というブツが出て来なかったのだ。ましてやこいつがヘヴィ・ローテイションNo.1の座に着くことになろうなどとは思いも寄らなかった。

実のところ、取り立てて衝撃的な内容だとか、新しい世界を開拓したとか、そういう類のものでは全くない。非常にバランス良くまとめられた、古今東西のロックと、エレクトロニカ等の周辺ジャンルの良いとこ取りというのが正直なところ。だが兎に角、聴いていて気持ちが良いし、ついつい口ずさんでしまう。歌詞のほうは、やや抽象的ではあるものの、震災以降のヘヴィでシリアスな認識や感情を吐露するものになっている(今回のブログ・タイトルは英詞の一部を僕なりに意訳したもの。CDには対訳も付いているのだが、英詞とはちょっとニュアンスが違うように思う)にも関わらず、全体としてはポジティヴで明るく軽快なサウンドになっているのが良い。細美武士のちょっと子供っぽくも感じられる甘い声と、感傷的な節回しにもアゲられるし。それは、00年代の閉塞感、鬱なムードにはもう飽き飽きしていたからかもしれない。

メンバー全員がかなりの手練れなのにも関わらず、演奏能力を誇示するような場面を用意していないところも◎。ギター・ソロとか、キーボード・ソロとか、端からやろうなどと思ってすらいない。インストゥルメンタル・ブリッジはあるが、あくまでそのサウンドを聴かせるためのもの。中では、柏倉隆史のドラム(toe: For Long Tomorrow(Machu Picchu Industrias XQIF-1001)も併せて聴かれたい)が、奇数拍子や変則アクセント、メトリック・モデュレーションを貪欲かつ巧妙に導入していて、とても気に入っている。NYの連中にも聴かせたいくらいだ。

 


2011年12月5日(月)

at 北池袋 Studio Dedé
橋爪亮督グループ レコーディング

橋爪亮督 - tenor & soprano saxes; 市野元彦 - electric guitar; 織原良次 - electric fretless bass; 橋本 学 - drums, percussion.

この日はレコーディングに立ち会うという貴重な機会を与えられた。仕事を早々に切り上げ、スタジオに向かう。レコーディング・スタジオ初体験、まずはモニター・スピーカーのあまりの解像度の高さには驚かされた。元々ホーム・オーディオとは目的が違うので解像度が高いのは当然なのだが、レコーディング中のダイレクト・モニターと、プレイ・バック時の音質の違いをはっきり描き出してしまうほど。今回はアナログ録音だから尚更違いが際立ったのだとは思うが、プロ用のオーディオ機器はここまでの性能を持っているのだと改めて思い知らせることとなった。

この日はクォーテットでの演奏を収録。ライヴで聴き慣れた新曲が続く。翌日はピアノを加えた楽曲を録る予定だという。残念ながらリリースの予定はまだ決まっていない。こうした音楽を聴きたいと思っているようなリスナーの耳に的確に届けるためにはどうすべきか、音楽の打ち出し方からディストリビューションのやり方に至るまで、焦らず探っていく方針のようだ。何か良いアイデアをお持ちの方がいらしたら、ご一報いただきたい。


2011年12月7日(水)

8:00pm at 渋谷 Last Waltz
織原良次の色彩感覚

太田朱美 - flute; 若井優也 - piano; 織原良次 - electric fretless bass, loops; 橋本 学 - drums, percussion.
(¥3,000 cover/1 drink minimum)

橋爪グループのメンバーでもある織原のバンドを聴くのは2回目。メロディ・メイカーとしての彼の能力には光るものがあると思う。だがそれに対して、演奏の展開やサウンドの響かせ方が、やや一本調子に聞こえてしまうのも確か。「色彩感覚」を名乗るからには、もっと多彩なカラーを感じさせて欲しいものだ。例えば、ピアノは音色面での自由度が低いので、エレクトリック・キーボードを採り入れるだけでも豊富なサウンドのパレットを用意することができるはず。実際、勿体ないことに若井の存在感はあまり大きくない。彼の活かし方一つで相当面白くなるように思われる。


2011年12月10日(土)

3:00pm at 四谷三丁目 綜合藝術茶房 喫茶茶会記
Pearl Alexander Presents: 曼荼羅

桜井真樹子 - 声明, gongs, bells; 朴 善英(Park Sun Young) - 玄琴 (geomungo or komungo); Pearl Alexander - contrabass.
(¥2,000 cover including 1 drink)

パール・アレキサンダーが月1回のペースで行うライヴ・シリーズの記念すべき1回目。なかなか不思議な、というか興味深い編成だ。「声」の存在というのは予想以上に大きく、実際は即興なのだそうだが、ある程度定まった形式に則って歌っているように聞こえる声明と、その伴奏、という関係があるように聞こえてしまう。まるで低音域の琵琶のように響く玄琴は、声に違和感なく寄り添っていく。その均衡した空気を打ち崩す立場にあるはずのベースが、控えめな演奏から脱することがなかったために、日韓の合わさった、やや「和」寄りのサウンドで終始まとまってしまったのは残念。次回は1月15日(日)、中村としまるとのデュオでは一体どのような応答を聴かせてくれるのか、期待している。


2011年12月12日(月)

8:00pm at 新宿 ピットイン
Brandon Ross Trio

Brandon Ross - acoustic & electric guitars, loops, vocals; 武石 務 - acoustic bass guitar, voice; 芳垣安洋 - drums.
(¥4,500 advance including 1 drink)

6月のNY以来の武石との再会。マーク・ラパポート氏の計らいで楽屋を覗くことができた。芳垣はブランドン、武石の二人とは既に共演機会があったため、二人から指名されたとのこと。会場は満席状態。ちょっと予想外だったが、前週からの流れで来ているキップ・ハンラハンのファンも少なくないのだろう。そうした人たちにとっては、ちょっと厳しい演奏内容だったかも知れないが。

2枚のアルバムからのレパートリーが中心だったが、CDよりも遙かに繊細な演奏。うまく表現できないのだが、ブランドンはギターを弾いて音を出すこと自体よりも、弾く身振りというか、まるでギターを弾いているような振りをすること、そしてそのアクションから伝わるニュアンスのほうにこそ、表現の核心を置いているように感じられた。帰宅後、『Costume』(intoxicate)のライナーを読み直すと、自分の即興のやり方はコードやリズムに基づいたモダンなものではなく、音程(ピッチではなく、インターヴァルだと思う)やハーモニーに基づいた、民俗音楽に由来する古いタイプで、それは謂わば「身振り(gesture)」のようなものだ(大意)、と彼は語っている。その言葉が妙に腑に落ちた夜だった。


2011年12月13日(火)

8:00pm at 新宿 ピットイン
Ryosuke Hashizume Group

橋爪亮督 - tenor & soprano saxes; 市野元彦 - electric guitar, e-bow; 吉野弘志 - bass; 橋本 学 - drums, percussion.
(¥3,000 cover including 1 drink)

この夜は、レコーディングを経て大きくステップ・アップしたグループの姿を披露してくれた。これまで幾度も感じてきた「帯に短し襷に長し」的な隔靴掻痒感のない、まるで無駄な音や足りない音が存在しないかのようなグループ・サウンド。それは短所の改善の結果として辿り着いた、角の取れた無難な音楽では決してない。寧ろ全体としては凸凹だらけなのだが、それが的確なバランスやまとまりを持っているとでも言ったら良いだろうか。特に、橋本が進境著しい。『十五夜』の即興では、鳴り物の扱い方が一変しただけでなく、マイクを音源に近づけたり遠ざけたり、マイク自体を擦ったり息を吹きかけたり、演奏に対する捉え方自体が大きく変わったようなのだ。10年経ったこのグループだが、まだまだ違った展開を見せてくれそうで、ますます楽しみになってきた。


2011年12月14日(水)

8:00pm at 青山 月見ル君想フ
"LIVING LOVERS" - Brandon Ross Duo +1

Brandon Ross - acoustic & soprano guitars, e-bow, vocals; 武石 務 - acoustic bass guitar, voice; 外山 明 - drums.
(¥4,500 advance/1 drink minimum)

一昨日からドラムが交代するだけだと思っていたのだが、開演後いつまで経っても外山がステージに姿を見せない。ブランドンもエレクトリックを使わず、ソプラノ中心のアクースティック・サウンドに徹している。ファースト・セットは最後の1曲のみ、セカンド・セットの2曲目、そしてアンコールと結局、外山は3曲だけのスペシャル・ゲストとして扱われた。その3曲でのコンビネーションが素晴らしかっただけに非常に勿体ないことに思われた。だが、観客の思惑とは別に舞台裏では別の事情が進行していたようだ。あまり良い気分ではない。


2011年12月17日(土)

8:00pm at 幡ヶ谷 フォレストリミット
DANS LES ARBRES

Xavier Charles - clarinet, volume pedals, harmonica; Christian Wallumrød - electronic keyboard; Ivar Grydeland - electric guitar with preparations, e-bow; Ingar Zach - bass drum, percussion; Jim O'Rourke - electronics.
(¥3,500 advance/1 drink minimum)

東京3回、大阪で1回のツアー、いろいろ考えた末にここを選んだ。できれば、グループのみの演奏を聴きたかったのだが、昨今は国内で有名なゲストを加えることがまるで慣習の如く行われるようになっている。集客のプラスになるように、という主催者の考えもわからなくはないが、あまり良い傾向とは思えない。

開演前にFacebookでやりとりのあったイーヴァル・グリーデランに声を掛ける。クラリネットのマイク・セッティングが一風変わっているので録音するのかと問うと、録音するけどリリース予定はまだないという。実は、上下に設置された2本のマイクとは別にクラリネットの内部にも2本マイクがあり、左右のペダルでコントロールできるようになっているという。話は聞いてみるものである。開演時間が近づいても他のメンバーがなかなか姿を見せない中、楽器のセッティングを気に掛け、店のスタッフと頻りに打ち合わせをしている彼が、このバンドのリーダー的な存在なのだろう。

演奏が始まると不安は的中した。ゲストの筈のジム・オルークが演奏のイニシアティヴを握り、サウンド全体がかなりラウドな方向に引き摺られている。エレクトリック・セットだとはいえ、彼らの本領はやはり弱音系の演奏にあるのではないか。クラリネットの微妙なコントロールはほとんど聴き取れなかったし、クリスティアン・ヴァルムレーも存在感が希薄だった。演奏内容は決して悪くなかっただけに、素の彼らを聴きたいという欲求が募る。そのために大阪まで追いかけた方も何人かおいでのようだったが。


2011年12月21日(水)

8:00pm at 中野 スウィート・レイン
OCHI-COCHI +1

かみむら泰一 - tenor & soprano saxes, bamboo flute, bells; 橋本 学 - drums, percussion; 佐藤えりか - bass.
(¥2,000 cover/1 drink minimum)

是安則克の死去以降、ベーシストを加えたのは初めてではないか。決してピッタリ咬み合った演奏にはなっていなかったと思うが、普段にも増して挑戦的に叩き捲る橋本に対して、佐藤はニコニコしながら応じている。何より印象的だったのは、かみむらが終始とても嬉しそうな表情を浮かべていたことだ。こんなに嬉しそうな顔は見たことがない。帰り際にこのトリオで続けて欲しいと言うと、「またやりますよ」と明るく答えてくれた。


2011年12月24日(土)

13:30pm at 神奈川県立近代美術館 葉山館
即興演奏 ― 音/ベン・シャーン/空間

かみむら泰一 - tenor & soprano saxes, bamboo flute, percussion; 高良久美子 - vibraphone, xylophone, percussion; 芳垣安洋 - bass & snare drums, percussion.
(¥1,100 admission)

葉山は、前日の東京の寒さが嘘のようなポカポカ陽気。併設されたホールでならいざ知らず、美術館の展示室の中での演奏というのはなかなか珍しいのではないか。ユダヤ系の多才な美術家の回顧展。絵画というよりイラストやマンガに近いタッチ。ポジティヴな画題のものでも、何処か暗く物悲しい風情がある。個人的には市井の人々の表情を捉えたモノクロ写真のほうに魅力を感じた。

午後になって行われた演奏は2部構成で、1部が完全即興、2部はベン・シャーンが描いたポスターも展示されているクルト・ワイル『三文オペラ』やかみむらの曲を織り交ぜた即興。無論、観客は音楽を目当てに来ているわけではないのだが(僕はそれが目当てで行ったわけだが)、数多並んだ物珍しい打楽器類に引き寄せられて多くの人が耳を傾け、途中退席も少なかった。展示室のルーム・アクースティックが気懸かりだったが、長い残響時間に対して残響音量があまり大きくないため、弱音部では適度な響きが得られる一方、大きな音を出しても騒がしくならない、意外にも好環境だった。演奏のほうは楽しいの一言。これで、かみむらや芳垣等のファンが増えたとも思えないが、このような越境的な催しがもっと増えても良いと思う。


2011年12月28日(水)

この日が仕事納め。いろいろ溜まった雑事を熟すつもりが、朝から喉が痛み、身体が怠い。全然仕事にはならず終い。


19:30pm at 落合 soup
soupjazz vol. 4 - Daisuke Fujiwara Presents

DJ: Evil Penguin
(¥1,500 cover/1 drink minimum)

Masatsugu Hattori Solo:
服部正嗣 - vibraphone, drums, electronics.

会場に着くと回転数を遅らせたエリントンが流れている。ヴァイブのソロかと思っていたら、ヴァイブでドローンやハーモニーを鳴らしながらのドラム演奏。同時演奏はなかなか難しいようで(服部は、「練習できないし」と零していた)苦しい場面もあったが、反復を中心としながら随所に変速ビートを挿入していく演奏はなかなか楽しめた。服部も以前は良くやっていたので、ソロ演奏の機会を再び増やしたいと語っていた。


Natsuki Tamura/Ryusaku Ikezawa Duo:
田村夏樹 - trumpet, percussion; 池澤龍作 - drums, percussion.

う〜ん、残念ながらこの二人の演奏からは、ただ楽器を鳴らしているという以外の何も感じられなかった。


Erika Sato Quartet:
纐纈雅代 - alto sax; 山田民族 - electric guitar; 佐藤えりか - bass, loops, vocals; 斎藤 良 - drums.

やはり歌モノになるとジャズや即興とは違った参照系が頭の中を交錯せざるを得ない。こうした「不思議ちゃん」的なアングラ風のバンドは80年代頃には山のように存在していたので、何を今更の感あり。だが、ほぼ30歳前後の彼らは当然そんな時代は知らないわけだ。単純な世代問題はさておいたとしても、レゲェやフリー・ジャズといった既存のスタイルを折衷させただけのサウンドに新味はないし、ヴォーカルにエフェクターをわざわざカマしたりして歌詞を重視しているわけでもなさそうだし。ベーシストとしては非常に達者な佐藤には期待しているので、もう一捻り二捻りくらいはして欲しいものだ。


noisy music trio:
Kelly Churko - electric guitar; Todd Nicholson - bass; 本田珠也 - drums.

只管ラウドなパワー・トリオ。メンバー間のインタラクションもあまり感じられず。終演後に耳鳴りがしたライヴはかなり久しぶり。決して大音量のコンサートに行かないわけでもないのだが、体調が響いたか。すべてのセットが終わったのは22時を周った頃で、意外に早くて助かった。


2011年12月29日(木)

8:00pm at 荻窪 ベルベットサン
TOY BOAT

市野元彦 - electric guitar; 千葉広樹 - bass, violin, electronics; 外山 明 - drums.
(¥2,500 cover including 1 drink)

このバンドを聴くのは2回目。外山と市野の楽曲のコントラストが魅力だ。それに加えてバンドとしてのインタラクションが更に密度を高めている。何より外山が実に楽しそうで、前回はどちらかといえば枯れた味わいだったのが、この日はノリノリ。個人的には景気の良い忘年会のような気分を味わわせてもらった2011年最後のライヴであった。(2012年1月11日)
益子博之のうたかたの日々:同期しないことと気配を共有すること、そしてもうひとつの訃報と
2011年11月17日(木)

8:00pm at 荻窪 ベルベットサン
Daisuke Fujiwara/Nobuyoshi Ino/Akira Sotoyama

藤原大輔 - tenor sax, sherman filter; 井野信義 - bass; 外山 明 - drums, electronics.
(¥2,500 cover including 1 drink)

平日のライヴは時間との戦いだ。何とか開演時刻に間に合ったと思ったのだが、観客は僕を含めて二人。30分くらいまで待つかと話し合っている。その間、外山による是安則克の思い出話やバラフォンの奏法解説といった貴重な話を聞くことができた。何が幸いするかわからない。客数がバンド側を上回ったところで演奏開始。

これは世界的なトレンドなのだろうか。完全即興なのだが、全員が「同期」することを敢えて慎重に注意深く避けているような塩梅なのだ。三人が全くバラバラに演奏しているわけではなく、藤原と井野が合わせているような場面は少なくなかった。だが、井野が4ビートを繰り出しても残りの二人は決してそれに乗ることはなかったし、外山は一定のビートをキープすることはほとんどせずに、訛りのあるリズム・フィギュアを次から次へと変化させつつ、サンプラーで訥々と微妙なタイミングのアクセントを挿入していた。

つまり、ミクロ視点では三人はそれぞれ背を向けたまま、決して同期しないのだが、マクロ視点ではズレや訛りを含みながら、互いの気配を共有している、とでもいうような。これは福島恵一が、Farmers by Nature「Out of This World's Distortions」評で書いていた、『異なる時間を呼吸しながらも至近距離で交錯し』合ったり、『隣接した層/空間が、ある「綴じ目」へと引き絞られて歪み、その「綴じ目」に生じた「綻び」によって辛うじて通底して』いたりするような事態と通じているのかもしれない。ある『隔たり』を内包した共生(共存、ではなく)とでも言ったら良いのだろうか。

いずれにしても緊張感と密度の高い時間を味わうことができた。もっと多くの人に聴かれて然るべき音楽だと思う。次回は年明け早々の1月11日(水)、ゾロ目だ。


2011年11月18日(金)

8:00pm at 大崎 l-e
Urban Anatomy of Daitokai: Daitokai

伊藤 匠 - tenor sax, electronics; 千葉広樹 - bass, electronics; 服部正嗣 - drums, percussion.
(¥1,500 cover including 1 drink)

JR大崎駅前のビル街を抜けてすぐの住宅街を進んでいく。店に続くまで気付かなかったのだが、ここは3月で閉店した千駄ヶ谷・Loop Lineの移転先だった。戸越銀座商店街の果ての果て、昭和の香り漂う住宅街の小さな集合住宅の地階にそれはあった。カウンターに居た千葉は前夜の演奏をUstreamで視聴していたと言うので、観客数の話をすると驚き、残念がっていた。

ほぼ1ヶ月前のFLYING TEAPOTでの演奏とは格段の違い。服部に訊くと予め用意されたモチーフらしきもの(リズム・パターンのようなもの)をベースに即興しているという。伊藤と千葉が織り重ねていく電子音のレイヤーに、休符を多用し、つんのめるようなリズムをシャープかつタイトなグルーヴで決めていく服部。伊藤は時折ラップトップからテナーに持ち替え、抜けの悪い太くハスキーなトーンでフレーズになりそうでならないアブストラクトで捉え所のないプレイを挿入する。ジャズ的なアドリブではなく、あくまでサウンド・テクスチュアの一つとしてサックスを使っているというイメージ。

40分ほど経過したところで一旦、演奏が止まったのだが、伊藤がラップトップに再び手を伸ばし、ファースト・セットは結局、1時間オーヴァーとなった。携帯を弄るために外に出ると、汗だくの服部が追いかけて来る。彼は一旦止まったあのときに止めておくべきだったと反省の弁を口にした。あれ以降は冗長になってしまったと。確かに、音楽自体に何か天井に閊えて飽和しているような行き詰まり感があり、それまでの変化に富んだ重層的な時間の流れが減殺されてしまっていた。40分間=LPタイムって、それなりに根拠があるんだよね、という話に後から出てきた千葉共々肯いていた。

セカンド・セットは一転してスタンダード曲をアクースティックに演奏。こういう局面になると、伊藤のテナーの捉え所の無さは却ってマイナスに働いてしまう。ジャズとしての推進力が不足しているのだ。会場ではライヴ演奏を集めたCDを販売していたのだが、これは丁度ファースト・セットとセカンド・セットのミクスチュアのような内容で、その中途半端さが彼ら固有の音楽としての強度を殺いでいるような印象を受けた。

不用意に電子音のレイヤーを重ねていくことで、サウンド全体が飽和していき、聴き手の聴覚が麻痺していく。前述の行き詰まり感の正体は、恐らくこれだ。当然のことながら演奏者の聴覚も少なからず麻痺しているはずで、それは判断力や反射神経をも麻痺させてしまう。それが変化の乏しさ、冗長さにつがってくる。そして、スタンダードや有名ジャズ曲を下敷きにしたテナー・ソロは、詰まったようなトーンと推進力のないアドリブが相俟って同じところをグルグル回っているような停滞感を生じさせている。一度、意識的に音をスリムに削ぎ落としていくプロセスが必要なのではないかと思われた(例えば、rabbitooのように)。


2011年11月19日(土)

8:00pm at 入谷 なってるハウス
Takayuki Kato Trio - improvisation

加藤崇之 - electric guitar, effects, percussion; 高良久美子 - vibraphone, timbales, kalimba, percussion; 芳垣安洋 - drums, percussion.
(¥2,000 cover/1 drink minimum)

今年で9回目になるという恒例の加藤崇之 個展ライヴ 5デイズの4日目。この日は時ならぬ大雨と強風に見舞われながらも、客席はかなり埋まっていた。バンドスタンドのほうも、楽器と様々な音具とそれ以外の道具(金盥とか灰皿とかシェイカーとか)が所狭しと並んでいる。

演奏のほうは、高良がミニマルな反復フレーズやサウンド・テクスチュアで土台や背景を構成する上で、加藤と芳垣が変化に富んだ即興を繰り広げていく。時に一体となり、時にぶつかり合う様は横綱相撲の趣だ。特別、新しいものは何もないかもしれないが、それは演奏の密度の高さや聴き手の感性を揺さぶる度合いとは関係のないことだ。とてもスリリングな時間を楽しませてもらった。また、この組み合わせがあれば、是非聴いてみたい。


2011年11月23日(水・祝)

何故か夜中の3時頃に目が覚めてしまい、何の気無しにFacebookを覗くと「R.I.P. Paul Motian」の文字が連なっている。到頭、この日がやってきてしまったのか。数日前に多田雅範氏から危ないらしいという話は耳にしていたのだ。すっかり眠れなくなってしまったので、携帯電話で可能な限り情報を検索してみる。

現地時間、11月22日(火)午前4時52分、入院先の病院で永眠。死因は、持病の骨髄異形成症候群(前白血病状態とも謂われる)に併発した肺炎。10年近く前から、やはり持病に併発した心臓疾患のために長距離移動ができなくなっていたため、彼の生の姿を見るにはマンハッタンに行くしか手立てが無くなっていた。2002年以来、計10回のNY詣でで7回のライヴに接することができたのは幸運だったと言って良いだろう。

結局、朝になっても眠れないままだが、睡眠不足で朦朧としている。何もする気が起きないので、ぼんやりした頭のまま日がな一日、ポール・モティアンの音楽を聴いて過ごす。未だに「ポール・モーシャンという読み方が正しい」という記述が絶えないが、1931年3月25日、アルメニア系トルコ移民の子としてフィラデルフィアに生まれ、2歳でロード・アイランド州プロヴィデンスに移った彼の正しいファミリー・ネームは「モウティアン」である。だが、ほとんどのアメリカ人に「モーシャン」と呼ばれても、彼自身が敢えて否定しなかったことから定着してしまったに過ぎない。彼自身がそのことに言及したインタヴューがあったのだが、見つからなくなってしまった。

9月には元気に2回もヴィレッジ・ヴァンガードに出演したはずだと思っていた。しかし、8月29日〜9月4日のジェロム・サバーグ、ベン・モンダーとのトリオは無事果たしたものの、13〜18日のグレグ・オズビー、菊地雅章とのトリオでは覇気が感じられず、結局は最後まで勤め上げることができなかったそうだ。6月にマーク・ターナーのグループで見たときには衰弱は感じられなかっただけに、まだまだやってくれるものと思い込んでいた。何か大きな穴が開いてしまったような気分を拭い去ることができない。

The New York Times: Paul Motian, Jazz Drummer, Is Dead at 80 by BEN RATLIFF

JazzTimes: Paul Motian Dies at 80 by Jeff Tamarkin

Today Is The Question: Ted Panken on Music, Politics and the Arts - R.I.P. Paul Motian, 1931-2011



2011年11月25日(金)

7:30pm at 四谷三丁目 綜合藝術茶房 喫茶茶会記
南無観 - New Moon Improvisation Solo Performance

Miya - flute; 宝玉義彦 - poetry reading.
(¥3,500 cover including 1 drink)

なかなか都合が付かず、かなり久しぶりになってしまった。彼女自身はやりたいことが山のようにあり、それを実現すべく趣向を凝らしているのだとは思うが、何処か方向性を見失っているように感じられる。あまり多くは語るまい。


2011年12月1日(木)

8:00pm at 荻窪 ベルベットサン
rabbitoo

藤原大輔 - tenor sax, sherman filter, live dub mix; 佐藤浩一 - nord electro 2, moog, piano; 市野元彦 - electric guitar, e-bow, effects; 千葉広樹 - bass, electronics; 田中徳崇 - drums.
(¥2,500 cover including 1 drink)

8回目。女性客が目に付く。開演前に、100分一本勝負とのアナウンス。冒頭から新曲。シンプル、というより簡素と言ったほうが似合うような音数の少ないギター・リフ。これまでの延長線上でサウンドがタイトに絞り込まれているだけでなく、リズム陣の重心が下がり、太く押し出しの強いグルーヴを生んでいる。電子音の比率は前回より増しているが、違和感はない。各人のソロらしきものも、ジャズ的なアドリブというよりもサウンド・テクスチュアの入れ替わりや同時進行として機能している。明らかに音楽のステージが一段階上がった印象。従来のレパートリーも同様に磨き上げられている。再び披露された新曲がバンドのサウンド・イメージを更新していく。1時間を過ぎた辺りで突入したルバートのインタープレイも新鮮。だが、それ以降は音楽に飽和感が出てきて単調さに随してしまったように見受けられた。

終演後に話を聞くと、新曲から始めることで、全体の方向付けとしたかったという。それは見事に成功していたように思う。だが、1時間を過ぎた頃から市野も藤原も疲れが出てきたらしい。その後は、音量が上がり、勢い任せに陥ってしまったという。100分一本勝負を乗り切る体力が不足しているのだ。体力づくりと力を抜く場面づくりが必要だと笑う。若手だけのトリオ・タイムを設けたら、どうだろう? 次回は1月10日(火)、どのように進化してくるのか、これもまた楽しみだ。(2011年12月2日)
益子博之のうたかたの日々:終わっていく何かと、始まっていく何かと
またまた、だいぶ間が開いてしまった。物理的に然程忙しい訳ではないのだが、溜まった疲れがどうにも解消されない状態が続いた結果、先週末は酷い頭痛ですっかりダウンする羽目に。


2011年10月28日(金)

7:45pm at 横濱 エアジン
OCHI-COCHI

かみむら泰一 - tenor & soprano saxes, bamboo flute, percussion; 小太刀のばら - piano; 橋本 学 - drums, percussion.
(¥2,500 cover/1 drink minimum)

これも本来なら是安則克が居たはずのライヴ。互いにツアーから帰ったばかりのかみむらと橋本はどこか表情もスッキリしているように見受けられたが、まるで吹っ切れたようにベース不在のスペースを積極的に活かして、普段よりも奔放で思い切りの良い演奏を繰り広げた。特に饒舌な橋本の演奏は、橋爪亮督グループにおいては時に叩き過ぎではないかという印象を与えることもあるのだが、かみむらとの組み合わせでは必要十分な主張のように聞こえる。

ゲスト扱いの小太刀は、音数が少ないながらも柔らかなタッチで二人の間を浮遊するような控えめな存在感を示す。是安とのトリオとは異なる、この相性の良さは何だろう。小太刀自身、是安とは古い付き合いだったという。演奏後、かみむらと橋本が口を揃えて「ベースの音が聞こえていた」と語っていたのだが、小太刀の存在が我々には聞こえない是安の演奏を呼び込んだのかもしれない。今後しばらくはこのトリオで活動を続けるらしい。


2011年11月4日(金)

8:00pm at 二子玉川 LIALEH
Masaaki Kikuchi 2 Bass Quartet

松村拓海 - bass flute; 菊地雅晃 - bass; 千葉広樹 - bass; イトケン - drums.
(¥1,000 cover/1 drink minimum/donation)

日本ではなかなか見かけない意欲的な編成に惹かれて出かけてみる。普段ならてんこ盛りの電子機器で武装する菊地と千葉も含め、完全なアクースティック。菊地によるとオーネット・コールマンやトニー・ウィリアムズらの2ベース編成に触発されたのがきっかけでチャレンジすることにしたという。ジャズにおける2ベース編成(ジョン・コルトレンやアンドルー・ヒル等のケースも含む)では通常の場合、一方がリフレインを担当して他方がランニング、あるいは一方がアルコで、他方がピチカートといったように役割を分担するものなのだが、菊地は多くのパートを譜面に書き、半音や全音のインターヴァルで音をぶつけるという手法を採っている。

現代音楽リテラシーのない僕にとっては、かなり厳しいシチュエーションで、その響きから心地好さを感じ取ることは残念ながら最後まで叶わなかった。ただ、フレージングといい、音色といい、ゴツゴツと無骨な千葉に対し、艶と色気を漂わせる菊地というコントラストは魅力的。機会があれば再び聴きたいユニットだ。


2011年11月5日(土)

7:30pm at 国立 ノートランクス
Motohiko Ichino TIME FLOWS DUO +1

市野元彦 - electric guitar, loops; 外山 明 - cocktail drums, cow bell; 津上研太 - alto sax.
(donation/¥1,000 minimum)

店に着く直前に小雨がぱらつき出した。今回は是安の不在を受け入れたかのように、タイム・フロウズ「デュオ」を名乗っている。冒頭の2曲はベースの居ない空間を持て余している印象だったが、それ以降はこの三人ならではヴァイブレーションが不思議な共鳴を起こし始めた。「なんか楽しい」と呟いた津上が激しいエモーションをストレートに放出し続ける一方、市野は寄る辺の無さをそのまま素直に吐露するかのように、輪郭のはっきりしない上に先のまったく読めない不安定さを剥き出しにした演奏に終始した。その二人の間に広がる大きく深い谷間を自在に駆け抜けていく外山。非常にスリリングな夜だった。それぞれが自分なりの決着を付けつつあるのかもしれない。店を出ると既に雨は上がっていた。


2011年11月8日(火)

8:00pm at 大塚 グレコ
AYURI + BAR

太宰百合 - piano; 橋本 歩 - cello; 馬場孝喜 - guitar; 行川さをり - vocals.
(¥3,500 cover/1 drink minimum per set)

僕には不似合いなプログラムだが、来年の「tactile sounds」に向けたスカウトの一環というか、馬場と橋本の組み合わせを聴いておこうというのが直接的な動機。予備知識が全くないまま臨んだのだが、ブラジル音楽を中心に演奏するユニットらしい。ピアノとギターが二人とも饒舌なタイプなので、もっと空間を活かして演奏したほうが良いのではないかとジャズ・リスナー的には思ってしまうのだが、彼らにしてみれば的外れな評価なのかもしれない。目の前、1メートル程の距離で聴くチェロの豊かな響きはとても魅力的。ソロイストとしては、やや不安定な部分が感じられないでもなかったが。後半、客席にいたヴォーカルの行川が3曲に参加、エルメート・パスコアルの難曲を難なく熟していたのは流石だった。


2011年11月12日(土)

3:00pm at 四谷三丁目 綜合藝術茶房 喫茶茶会記
tactile sounds vol. 05: Ryosuke Hashizume Trio

橋爪亮督 - tenor & soprano saxes; 浜田 均 - vibraphone; 織原良次 - electric fretless bass.
(¥2,800 cover including 1 drink)

今年、初めて取り組んだ企画も初年度の最終回を迎えることができた。それぞれの回にお出でいただいた皆様、改めて厚く御礼申し上げます。しかし、今回は集客的には最も苦戦。来年度の最優先課題を突き付けられた形だ。

元々、浜田氏には5月のvol. 02に出てもらう予定だったのだが諸事情で断念、今回がリヴェンジとなる。怪我の功名というべきか、当初のドラムスとの組み合わせよりも、フレットレス・ベースとの相性があまりに良くて吃驚。特に織原氏の楽曲とヴァイブのマッチングが絶妙。取り急ぎ、当日の写真はこちらでご覧いただけます。個人的には、来年は更にチャレンジングなプログラムにしていきたいと考えているのだが、果たして橋爪氏のほうはどうだろうか? 今年は隔月開催だったが、ペースを少し落として、2月、5月、8月、11月の四半期毎を予定している。乞うご期待。(2011年11月17日)
<< | 3/6PAGES | >>